目元や口元のちりめんじわ。気になる改善方法と有効な治療とは?

年齢や乾燥と共に現れはじめ、多くの人を悩ませる小じわの代表格ともいえる「ちりめんじわ」。 みなさんは記念写真や鏡の前で笑 … 続きを読む 目元や口元のちりめんじわ。気になる改善方法と有効な治療とは?

この記事は約9分で読み終わります。

年齢や乾燥と共に現れはじめ、多くの人を悩ませる小じわの代表格ともいえる「ちりめんじわ」。

みなさんは記念写真や鏡の前で笑顔を作った際に「何だか目元や口元周辺のお肌がごわごわしている・・・」と感じたり、手鏡などでご自身の一部のお肌の印象を切り取った際に「この周辺だけしぼんで元気がなさそう・・・」などと残念に感じた経験はありませんか?

これらはしっかりとケアせずに放っておくとさらに深いシワの原因となることがあります。

今回はそんなシワの初期症状ともいえる“ちりめんじわ”の基礎知識と改善方法、有効とされている代表的な治療方法についていくつかご紹介していきたいと思います。

これから本格的なケアをご検討中の方はもちろんのこと、「エイジングケアはまだまだこれから」という方もぜひ、今後のシワ対策について一緒に考えていきましょう!

“ちりめんじわ”とは?

まずは今回ご紹介する“ちりめんじわ”とは一体どのようなものか、ご存じない方にも向けて簡単にご紹介していきたいと思います。

“ちりめんじわ”とはその名の通り、着物などで多く使われる織物のちりめん生地の凹凸の印象に似た小じわです。
漢字で書くと「縮緬皺」とやや複雑な表記ですね。

大きく一直線に伸びた通常のシワとは違い、これらの多くはとくに目元や口元周辺の一帯に浅く細かいシワが何本もでき、このような印象を作り上げます。

人によっては20~30代でもみられ、慢性化することによって小じわの連なりがさらに深いシワへと変化してゆくので注意が必要です。

ちりめんじわの原因

それではなぜ“ちりめんじわ”が出来てしまうのでしょうか?
考えられる主な原因を4つご紹介したいと思います。

・乾燥による水分不足
まず最大の原因として考えられるのが「お肌の水分不足」です。
“ちりめんじわ”は特にお肌の一番の表層部分である「表皮」のハリが失われ、キメが荒くなった状態が続くことでシワとなり定着してゆきます。

乾燥が続いた状態では、新しい肌を生み出して古いお肌を排出していくターンオーバー(新陳代謝)のサイクルも乱れ、いつまでも古い角質がとどまった状態が続くため、あの「ごわごわ」としたお肌となってしまうわけです。

・老化によるお肌の衰え
上記に加え、やはり歳を重ねることでターンオーバー 機能が衰え、十分な水分を維持できずにお肌も枯れやすくなってゆきます。
また、普段からの表情の癖などが少しずつこうした小じわになり蓄積されてゆくことも避けられない原因のひとつでしょう。

・紫外線による肌へのダメージ
わたしたちのお肌は紫外線を浴びることによってダメージをうけ、とくに長時間強い紫外線を受け続けると、表皮のバリア機能が失われ、慢性的な乾燥肌へと繋がります。
すると先程の水分不足や栄養不足などといったシワの原因へと繋がってゆくため注意が必要です。

・メイクや誤った生活習慣による肌ストレス
とくに若いうちの“ちりめんじわ”の原因として考えられるのが、メイク時にパフで強く周辺をこすったり、メイク後に正しいクレンジングやケアを怠ることで肌のターンオーバーが乱れ、ダメージが蓄積することがあります。
また、夜更かしや過度のストレスもやはりキレイなお肌を生み出すための妨げとなります。

普段の誤った習慣に心当たりのある方はぜひここで一度見直しを行ってみましょう。

ちりめんじわの対策方法・セルフケア

それでは先程の原因などもふまえて、特にご自宅などでも実践出来る対策方法やセルフケアについて一緒に考えてゆきましょう。

基礎化粧品を整える

みなさんは定期的に基礎化粧品の見直しをしていますか?

日本は特に四季の移り変わりと共にお肌の状態も変化してゆきます。
それに合わせて化粧水や乳液などもシーズンごとの見直しや入れ替えが大切になります。

また先程もご紹介したとおり、さらに年齢を重ねてゆくことで、お肌のターンオーバーなどに必要な栄養を補ってゆくためのエイジングケアが必要となってきます。

もし、年間を通して同じ基礎化粧品をお使いの方や、何年も同じものを使い続けているという方は、これを機に一度基礎化粧品全体を見直してみると良いかもしれませんね。

こちらもおススメ!キレナビ掲載のコスメはコチラです♪

塗るボトックス!リフトコレクションセラム(保湿美容液)3gx3

塗るボトックス!リフトコレクションセラム(保湿美容液)

セルピュア エッセンス(美容液)パウチサンプル5包セット

セルピュア エッセンス(美容液)

美容液や保湿クリーム(アイクリーム)を利用する

以上の基礎化粧品などと併用して、とくにピンポイントでケアしたい“ちりめんじわ”周辺には、お肌のハリを整える助けとなる成分やターンオーバーの際に栄養素となる成分をたっぷりと含んだ美容液や保湿クリームを利用すると良いでしょう。

広尾プライム皮膚科 モイストリフトプリュスセラム(ハリアップ美容液) 30ml

モイストリフトプリュスセラム(ハリアップ美容液)

広尾プライム皮膚科 プレミアムクリーム(保湿クリーム) 30g

プレミアムクリーム(保湿クリーム)

アストニッシュ ナノセラム(美容液) 30mL

アストニッシュ ナノセラム(美容液)

主に目元周辺用に「アイクリーム」と銘打って販売されている商品も数多く存在しますが、フルフェイス用のオールインワンゲルや保湿クリームでの代用もできますので、まずはお一つ気に入ったものを「ちりめんじわ対策用」として利用してみるのも良いのではないでしょうか。

日頃から紫外線対策を心がける

シワの悪化や他の肌トラブルを防ぐために、先程ご紹介しました日常的な紫外線への対策も美肌のためには必要不可欠です。

近年は日焼け止めクリームだけでなく、化粧下地や化粧品の中にも紫外線からお肌を守る「SPF・PA」の表記を持つ製品が増えましたね。

セレクトフェイス パーフェクトUVジェルクリーム SPF30・PA++(日焼け止め) 30g

セレクトフェイス パーフェクトUVジェルクリーム SPF30・PA++(日焼け止め) 30g

フラセラ CCモイスチャーミルク (日焼け止め・化粧下地)30mL 

フラセラ CCモイスチャーミルク (日焼け止め・化粧下地)

セルピュア プロヴェール ナチュラル(日焼け止め下地/健康的な肌色用)30g

セルピュア プロヴェール ナチュラル(日焼け止め下地/健康的な肌色用)30g

紫外線による影響は“ちりめんじわ”のような小じわと同様に日々蓄積されてゆきます。
今日これを機にぜひ今後の日焼け対策グッズの見直しを行ってみてはいかがでしょうか?

ちりめんじわに有効な治療法・施術

とはいえ、“ちりめんじわ”の症状も人によってはお悩みが深く「セルフケアだけではどうにも・・・」といった方や「もっと早く確実に効果を実感したい!」といった方も多いかもしれませんね。

そんな方のために、いくつか“ちりめんじわ”に有効と言われている施術とその内容についてそれぞれご紹介したいと思います。

施術内容によってはエステ感覚で気軽にはじめられるプランもあるため、「今はまだまだセルフケアだけで十分!」という方もぜひご一読いただけましたら幸いです。

ボトックス注射

ボトックス注射とはボツリヌス菌から生まれた「A型ボツリヌス毒素」という、主に人体には本来食中毒の原因とされる成分を治療用に薄め、顔面などに注射することにより周辺筋肉の動きを緩めます。現代では主に美容分野において表情筋の癖によるシワの軽減、小顔や多汗症の改善などに効果があるとされている施術です。

同時に次項のヒアルロン酸注入などを利用することにより、よりお肌にハリをもたせてシワを予防してくれることで人気です。メスを入れることもなく注射跡も目立ちにくいため、すぐにお化粧をしたい方にもうれしい施術となっています。

しかし、筋肉の動きを抑制する施術ですので、施術箇所や注射量などによっては副作用としてしばらく不自然な表情の引きつりや無表情などが続く事などがあります。

まずはご自分の“ちりめんじわ”が、ボトックス注射により効果の得られる状態かどうかなどお近くのクリニックにご相談してみると良いかもしれませんね。

ヒアルロン酸注入

美容界で現代特に人気成分のヒアルロン酸。主にヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く含まれ、水分を保持したり、わたしたちの関節やお肌のクッション材や潤滑剤のような役割を持ちます。

ですがこのヒアルロン酸は年齢と共に減少し、その力は失われてゆきます。

このヒアルロン酸注入では、不足したヒアルロン酸を注射によって補い、お肌に潤いを与えてハリをもたらし、周辺のシワを改善します。

こちらも大きなダウンタイムやアレルギーの心配は少なく、施術後も普段と変わらずお化粧を楽しめることで口コミでも人気です。

誰にもバレずにシワの改善を目指せるだけでなく、お肌本来の基盤を整える助けとなるので、自分へのご褒美としてエステ感覚で利用してみてはいかがでしょうか。

イオン導入

イオン導入とは、ビタミンCやプラセンタなどの本来肌から直接吸収されにくい成分を電流を流してイオン化し、肌内部へと浸透させる施術です。

「電流を流す」といっても、人体に影響を及ぼしにくい微弱電流を使用するためその多くは「ビリビリ」と痺れるような強い不快感もなく、健康的なお肌を保つため有効とされる成分を直接周辺に届けることが出来ます。直接お肌に成分を届けるため、ビタミン剤やサプリメントを摂るより効率的に肌を潤す助けになります。

クリニックごとの施術方法によりますが、多くは有効成分をたっぷりと含んだゲルやパックを利用し、そこに専用のイオン導入器をあてるというシンプルな施術方法です。こちらもレーザー治療と異なりダウンタイムの心配も少ないため、オフィスの休憩時間や帰宅前などにもエステ感覚で気軽に施術を受けることができます。

セルフケアと並行しながら、よりお肌全体の栄養不足を補いたい方、ターンオーバーを高めてハリのある美肌をめざしたい方などはぜひ、お近くでこのイオン導入機を用いたプランを提供しているクリニックを検索してみてくださいね。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーとは、レーザーによって肌に無数の小さな穴を空け、傷が治る過程の肌再生や肌内部のコラーゲン生成を利用したレーザー治療です。

本来の肌の基盤を整えながらお肌の入れ替えをし、全体のキメやハリを整えることができるため、ちりめんじわ以外にも毛穴の開きやニキビ跡でお悩みの方におススメです。

施術自体はこれまでご紹介したものよりやや肌負担があり、約1~2週間ほどのダウンタイムが予想されます。

クリニックや導入されているレーザーなどによっては「施術後もメイクOK」という場所もあるようですが、しばらくはざらざらとしたドット状のかさぶたができることも多いそうです。

全体的に肌ケアをしたい方や多少のダウンタイムがあっても気にならないという方は、このフラクショナルレーザーを視野に入れてみるのも良いかもしれません。

まとめ

様々なシワを解消する方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

シワの初期症状ともいえる“ちりめんじわ”。
お悩みのちりめんじわがより深いシワへと変わる前に、この記事がそれぞれご自分にあったケアの見直しと新しいケアの模索の手立てとなりましたら幸いです。

早期の対策でみなさんが1日でも早くハリのある明るい笑顔を取り戻せるよう祈っています。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ