肌断食って何?乾燥肌にいいというのはホント?!

肌にいいと話題の肌断食。「肌質が変わる」「乾燥肌も潤いのある肌になる」とウワサですが、気になるのは本当に効果があるのかと … 続きを読む 肌断食って何?乾燥肌にいいというのはホント?!

この記事は約6分で読み終わります。

肌にいいと話題の肌断食。「肌質が変わる」「乾燥肌も潤いのある肌になる」とウワサですが、気になるのは本当に効果があるのかということです。とくに肌断食をやることで、「肌の乾燥が悪化するのでは?」という心配を抱えている人も少なくありません。また、「肌断食に失敗した」という口コミもあり、「失敗したらどうしよう」という不安もありますよね。そんな方のために、実際の効果はどうなのか、また肌断食に失敗しないコツについても解説します。

美容家や芸能人の間でも話題!肌断食とは?

美容家や芸能人の間でも「やっている」という声がしばしば聞かれる肌断食。一体どんな美容法なのか気になりますよね。肌断食とはどんなものなのか、まずはみていきましょう。

肌断食とはスキンケアやメイクをやめて肌を休ませること


肌断食とは、スキンケアやメイクをやめて肌を休ませることをいいます。メイクだけではなく、肌の保湿のために行なっているスキンケアもやめることで、肌自体が持つ美しくなろうとする力を回復させるのが肌断食の目的です。

肌断食のやり方には大きく3つのパターンがあります。

・完全な肌断食
スキンケアとメイクを完全にやめます。顔を洗う際には水のみで洗い、洗顔後には何もつけません。もしも肌がオイリーだったり、汚れが気になったりするようであれば、時々石けんを使って洗います。

・夜だけ肌断食
夜だけ洗顔後の肌に何もつけないという方法です。昼間は仕事などの関係でメイクをしないといけないという人や、メイクはやめたくないという人におすすめのやり方です。

・週末肌断食
仕事や学校がオフの週末だけを使って肌断食をするという方法です。週末の土日だけメイクもスキンケアもお休みして、月曜日からは普通にメイクとスキンケアをやるので、仕事などがある人でも続けやすいでしょう。

仕事などをしている人は完全な肌断食は難しいので、夜だけか週末を利用した肌断食を取り入れるのがおすすめです。

肌断食を行なう際の注意点としては、一気に化粧品をやめるよりは少しずつ減らしていくようにするということ。今までやっていたスキンケアを一気にやめてしまうと、肌トラブルが起きやすくなります。

とくに乾燥肌の人だと肌がカサカサになってしまうので、まずはクリームをやめて、それから乳液や美容液をやめるなど、少しずつ使うアイテムを減らしていきましょう。

肌断食をしている期間は、シミやシワ、たるみの原因となる紫外線対策はしっかりやろう

肌断食をしている期間は、普段以上に紫外線対策をしっかりとやりましょう。基本的に洗顔後の肌に何もつけないので、そのままの状態で外に出ると、紫外線の影響を受けやすくなります。そのため、シミやシワ、たるみができやすくなりますので、肌断食期間中は、紫外線をできるだけ浴びないように、日中は極力外に出ないのがおすすめです。

どうしても外に出ないといけない場合は、ウォータープルーフではない日焼け止めを使いましょう。ウォータープルーフのものだと、クレンジングで落とす必要が出てきますので、石けんで落とせるタイプのものを選ぶようにしてください。

肌断食は乾燥肌にもいい?

肌断食は乾燥肌にもいいといわれています。どうしてそういえるのか、理由をみていきましょう。

肌断食が乾燥肌にいいといわれている理由

人の肌の表面には、複数の常在菌が存在しています。常在菌は、肌のためにいい「美肌菌」と肌荒れや肌の乾燥の原因になる「悪玉菌」との2つに分けられます。

美肌菌には、肌の水分をキープする表皮ブドウ球菌や、肌を弱酸性に保つアクネ桿菌などがあります。これらの菌は、合成界面活性剤などが入った洗顔料などを使って洗顔すると、一緒に洗い流されてしまいます。そのため、肌の乾燥が進んでしまうと言われているのです。

一方、肌断食によってケアのしすぎをやめると、表皮ブドウ球菌やアクネ桿菌などの美肌菌の働きが保たれるので、肌のバリア機能が向上します。そのため、肌が本来の力を発揮できるようになり、健康な美肌になることが期待されるのです。肌断食が乾燥肌にいいといわれているのは、このためです。

肌断食はこんな悩みにもいい

肌断食は乾燥肌だけでなく、次のような悩みにもいいといわれています。

・ニキビ

・シワ、たるみ

・毛穴の目立ち

肌断食をすると、肌の水分と油分のバランスが整うため、皮脂の過剰な分泌が減り、ニキビなどができにくくなります。肌のターンオーバーも正常になるために肌にハリが出てくるので、毛穴が目立たなくなってくるのはもちろんのこと、シワやたるみにもいいといわれています。

肌断食で肌が乾燥!失敗したと感じる場合

肌断食を始めた人の中には、「失敗した」という声もしばしば聞かれます。そんな場合は、どのように対処することができるのでしょうか?

肌断食をやり始めたものの、失敗したと感じる人もいる


肌断食をやり始めたものの失敗したと感じる人がいるのは、スキンケアをやめることで肌が乾燥して荒れてしまうからです。今まで入念に行なっていた保湿ケアをやめると、肌がカサカサしたり、皮がパラパラとむけてしまったり、ということは起こりがちです。

肌のためにと始めたはずの肌断食で、乾燥肌になったり、肌荒れが起きたりするとガッカリしてしまいますよね。そのため、「自分には肌断食は合わないのでは?」と思ってしまうかもしれません。

肌断食には肌の乾燥はつきものと考えよう

覚えておきたいのが、肌断食には肌の乾燥がつきものということです。わたし達の肌は本来、自分で潤す力を持っているのですが、長年のスキンケアによってその力が失われてしまっています。

そのため、肌断食によってスキンケアをやめると、自ら潤す力がないために、一時的に肌が乾燥してしまうのです。肌トラブルに思いがちですが、これは一種の好転反応ともいえるものですから、肌がカサカサしたり、肌荒れが起きたりしたからといって、肌断食に失敗したというわけではありません。

この過程は、肌断食をやっている人なら誰もが経験することと覚えておきましょう。

乾燥がいつまで続くかは、人それぞれ

肌断食にともなう肌の乾燥がいつまで続くかは人それぞれですので、期間が一概に決まっているわけではありません。なぜなら、その人の生活習慣や食生活、今の肌の基礎的な力、それまでのスキンケアなどによって肌の乾燥期間は異なるからです。

肌の乾燥がひどい場合は、ワセリンなどの保湿クリームで対応しましょう。カサカサなどが気になる部分に、保湿クリームを薄く塗ることで、肌の乾燥を軽減することができます。

ただし、肌断食を始めたことで肌の乾燥がいつまでも続く場合は、肌断食が合わないのかもしれません。その場合は、肌断食を中止するようにおすすめします。

まとめ

話題の肌断食について、お伝えしました。乾燥肌にもいいといわれている肌断食ですが、肌断食をやることで一時的に乾燥肌が悪化することも、しばしばあるのです。その場合は、保湿クリームなどで保湿して、肌のコンディションを見ながら続けるようにしましょう。いつまでも肌の乾燥が治らない場合は、肌断食が合っていない可能性がありますので、中止することをおすすめします。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ