おでこのシワはマッサージで消そう!マッサージの方法を紹介

おでこのシワが気になって「前髪を伸ばさないと居られない」「おでこを出すのが恥ずかしい…」という人もいるのではないでしょう … 続きを読む おでこのシワはマッサージで消そう!マッサージの方法を紹介

この記事は約6分で読み終わります。

おでこのシワが気になって「前髪を伸ばさないと居られない」「おでこを出すのが恥ずかしい…」という人もいるのではないでしょうか。おでこのシワは、目立ちやすいため悩みの種になることが多く、20代や30代の人でもシワができている人はいます。

そこで今回は、おでこのシワを消すマッサージの方法や、原因などを解説していきます。おでこのシワを消すために、マッサージやおでこのシワの原因を知っていきましょう。

おでこのシワを消すマッサージの仕方


おでこのシワが気になっているときは、マッサージやストレッチをして固まった筋肉をほぐしていきましょう。おでこのシワの改善が期待できるマッサージを紹介します。

おでこから頭皮に指を動かす

まずはマッサージで筋肉をほぐしていきましょう。クリームを指先につけて、指の腹でおでこから頭頂部へスライドするように流していきます。優しく力をいれすぎないように気を付けながら、おでこから頭皮に指を動かす動作は、丁寧に行ってください。

マッサージは5秒×10回を繰り返していきましょう。様子をみながらマッサージをしていってくださいね。

最後は人差し指と親指で、おでこを小刻みに縦につまみ、シワを伸ばしていくイメージでおでこから生え際まで移動していきましょう。慣れないうちは鏡をみて、自分の動作を確認しながら行っていくと安心です。

おでこに指を当てて、眉毛の上げ下げ

おでこの筋肉をほぐしたら、次は筋肉を鍛えていきます。

人差し指と中指でおでこをおさえ、眉毛を動かしたときにシワができないように固定します。
二本の指でしっかりと抑えた状態で、眉毛を上下に動かす動作を行っていきましょう。

眉毛を上げたら、10秒キープします。
眉毛を上げる→10秒キープ→眉毛を下げるという動作を10回繰り返してエクササイズをします。

エクササイズを行う際に、シワができないようにしっかり気を付けてくださいね。おでこの筋肉を動かして、血液の流れを活発にしていきましょう。

20代、30代からおでこにシワができる原因

おでこのシワは笑ったり、驚いたり、ふとした表情をした瞬間にあらわれ、目立ってしまいがちです。まだ20代、30代の若い世代の人でもおでこのシワで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

おでこにシワができる主な原因は、紫外線や乾燥・表情の筋肉の衰えなどが考えられます。

紫外線や乾燥の影響


紫外線や乾燥は、シワの原因になるといわれています。おでこは紫外線を浴びやすく、外気にも触れやすいです。ダメージを受けたことによって老化現象がすすみ、シワやたるみなどの原因になる可能性があるため注意が必要です。

また、おでこは皮脂の分泌が活発なため、「乾燥とは無縁」と思ってしまう人が多いです。そのため、油分を落とすためにあぶらとり紙を多用したり、洗顔も念入りに行ってしまったりしまいがちです。

しかし、過度にやりすぎると、かえって乾燥をすすめたり、刺激をあたえたりすることで、肌に負担をかけてしまいます。紫外線や洗顔などで肌に負担をかけ、ダメージを受け続けていると老化が早くなり、20代や30代でもおでこのシワや、顔のたるみやシミなどに悩まされてしまうことに……。

肌に負担がかからないように、紫外線対策をしっかり行って、過度な洗顔をしないようにしましょう。また保湿をしっかりすることを心がけて、肌のバリア機能を守っていきたいですね。

表情筋の衰え

驚いたり、眉間をしかめたりするときなど表情を動かすと、おでこにしわができます。通常は表情を戻せば、シワも消えます。

しかし、人には自分では気付かないような表情のクセがあり、同じような表情をくり返すことでシワのクセができてしまうのです。そして、加齢とともに表情筋が衰え、おでこのシワが形状記憶されてしまうといわれています。

考えごとや、怒るときに眉間に眉を寄せるクセがあると縦ジワができやすくなります。また眉を上下させるクセがあると、横ジワができやすくなるといわれています。

コンタクトレンズを入れたり、アイメイクをするときに目を開こうとしたりするなど、日常の些細なクセもシワができやすい原因となります。
自分の表情のクセを知り、表情筋が衰えないように前述したマッサージやエクササイズで鍛えていきましょう。

おでこの深いシワを消すにはケアが大事


おでこの深いシワはどうやったら消えるのでしょうか?大切なのは紫外線から肌を守ることと、化粧水で肌を保湿することです。おでこの深いシワを消すためのケアを紹介します。

紫外線から肌を守る

紫外線は肌の老化の原因となり、シワやたるみ、シミなどの原因となってしまいます。紫外線がふりそそぐのは夏だけではありません。肌寒くなると、日焼け止めを塗ることをやめてしまう人も多いかと思います。

しかし、季節に関係なく紫外線は一年中ふりそそいでいるため、日焼け止めを塗って紫外線対策をしておきましょう。石鹸で落とせる日焼け止め以外は、クレンジングも忘れないでおきましょう。

クレンジングが残っていると、シワやたるみ、シミの原因になってしまうようです。日焼け止めをしっかり落とすことも心がけたいですね。

化粧水でしっかり保湿

おでこのシワには毎日の保湿ケアが大切です。おでこはベタつきやすいため、“保湿はしないほうが良いだろう”と思ってしまいますよね。しかし、実は肌が乾燥しており、肌を守るために皮脂が過剰に分泌され、ベタついている場合もあるといわれています。

皮脂がたくさんでているからと、保湿をしないでいると肌が乾燥してしまい、シワができやすくなってしまう可能性があります。化粧水や美容液、乳液などで、たっぷりと保湿をしていきましょう。

化粧水をたくさん含ませたコットンマスクを5分ほどあてると、保湿効果が期待できるといわれています。保湿ケアをきちんと行い、シワやたるみがない肌を目標にしましょう。

まとめ

定期的におでこのマッサージをしてコリをほぐし、血行を促進させることで、シワの改善につながります。シワの原因として、紫外線や乾燥が良くないといわれています。おでこのシワ予防のためにも、日頃から日焼け止めを塗って紫外線を肌から守り、きちんと保湿ケアをしていきましょう。

乾燥は、たるみやシミの原因にもなりやすいといわれているため、化粧水だけではなく、食事やサプリの摂取など、からだの中からもケアしていきましょう。

この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ