シワを予防するポイント4つ!シワのタイプを知って徹底対策しよう

ふと、ショーウインドウや電車の窓に映った自分の顔を見て「もしかして老けたかな」と気になってしまう要因のひとつがシワです。 … 続きを読む シワを予防するポイント4つ!シワのタイプを知って徹底対策しよう

この記事は約5分で読み終わります。

ふと、ショーウインドウや電車の窓に映った自分の顔を見て「もしかして老けたかな」と気になってしまう要因のひとつがシワです。シワには、皮膚のいちばん外側にある『表皮』にできるシワと、内側(奥)にある『真皮』できるシワがあります。

シワの種類と原因は表皮のシワと真皮のシワで異なります。今回は、シワの種類と原因、予防方法をお伝えします。シワを予防し、潤いのある若々しい肌を保ちましょう。

シワの種類と原因


シワには、肌の「表皮」にできるシワと、表皮よりも深い「真皮」にできるシワがあります。表皮のシワと真皮のシワの種類と原因について、それぞれ説明していきます。

表皮のシワ

小じわ、ちりめんじわ、おでこや眉間にできやすい表情じわは、表皮のシワです。表皮のシワは、目元や口周りなど皮膚が薄く、皮下脂肪が少ないため乾燥しやすいといわれています。笑ったり怒ったり、顔の表情をつくるときに、動かす機会が多くなるため、目元や口周りはシワができやすいといわれています。

老化や血行不足で表皮が痩せ、紫外線や乾燥などで肌がダメージを受けると、新陳代謝が落ち、弾力がない肌になってしまいます。表情をつくる際のシワのクセが戻らなくなり、折り紙のように、折り目がしっかりとついてしまうのです。はじめは小さなシワ同士が集まり、小さなシワが存在感のある大きなシワに。さらに、表皮のシワは放っておくと、真皮のシワへと進行してしまうといわれています。

真皮のシワ

真皮のシワは、肌の機能が低下することが原因でできるといわれています。真皮はコラーゲンやエスラチンなどで弾力や潤いを保っています。しかし、年を重ねる毎にこれらの肌の土台となる成分は減少してしまうのです。

さらに紫外線による悪影響により、ますますコラーゲンやエラスチンなどが減ってしまい、真皮のシワができてしまうのです。これらの成分は、一度減ってしまうと増やすことは難しいといわれています。

また表情筋が衰えることも真皮のシワの原因のひとつとされています。表情筋が衰えると、筋肉の上にある皮膚や脂肪を支えきられなくなり、垂れ下がってたるみに。

たるみの溝となった部分が、真皮のシワになってしまうのです。表皮のしわが乾燥や紫外線などのダメージを受け続けると真皮のシワになることもあるようです。
表皮のシワを予防する方法
小じわやちりめんじわ、おでこや眉間などにできる表情じわといった表皮のシワは、放っておくとより深刻な真皮のシワになるともいわれています。表皮のシワの予防やケアをして、若々しい肌を手に入れましょう。

表情筋を意識する

表情筋が衰えてしまうと、皮膚や脂肪を保つハリが失われてたるみが起こり、シワができやすくなってしまいますので、表情筋が衰えないようトレーニングをしていきましょう。

また、表情に癖があると筋肉を無理に動かしてしまい、シワができやすくなるといわれています。笑顔をつくったり、喋ったりする際に、変に力を入れていないか気を付けましょう。自然な表情を意識することも大切です。

顔に力を入れると筋肉が必要以上に働き、シワが寄ってしまいます。また笑顔だけでなく、しかめっ面などでも、顔の筋肉は無理に働き、肌にストレスがかかっていることが少なくありません。
だからといって表情をなるべく作らないように、ということではなく、無理な表情をしていないかに意識を向けた自然な表情を心がけましょう。

皮膚の水分量を保つ

小じわやちりめんじわの一番の原因は、乾燥といわれています。乾燥は、シミやたるみの原因につながることもあるため、気を付けたいですよね。アンチエイジングの基本は保湿です。

エアコンや暖房が効いた室内に長時間いる際は、湿度を調整しつつ、肌が乾燥しないように気をつけましょう。また、乾燥している時期に、長い時間屋外にいた場合、帰宅したら保湿ケアをたっぷり行うようにして、乾燥しないようにしましょう。

保湿効果がある基礎化粧品を毎日使用して、丁寧な保湿を心がけることも重要です。たっぷりと水分を与え、肌の水分量を保つようにしましょう。

真皮のシワを予防する方法


真皮にできるシワは、一度できると消すことは難しいといわれています。ほうれい線やゴルゴ線(目の下から頬に向かって斜めにでているシワ)ができたら、これ以上進行しないようにケアすることに力を入れましょう。

紫外線対策を徹底する

紫外線を浴びると、肌で生成されるエラスチンやコラーゲンが減少するといわれています。
シワやたるみ、シミなどのエイジングサインを引き起こすため、表情にできるシワと同様、帽子や日傘、日焼け止めクリームなどで紫外線対策を徹底していきましょう。紫外線は季節を問わず浴びてしまうため、外出の際は、冬でも日焼け止めを忘れずに。

エクササイズとマッサージ

真皮のシワは、表情筋の筋力の低下、加齢による皮下脂肪の増加によって深くなってしまうとされています。たるみ防止のためにマッサージを行うと血行が促進されます。肌に強い刺激を与えないように、クリームや乳液などをつけて優しくマッサージを行うのも良いでしょう。

また、筋力アップのために顔のエクササイズをするのもオススメ。まずは少しずつ顔を動かしていきウオーミングアップからはじめてみましょう。

食生活の改善

食生活を改善し、体の内側からのケアでうるおいのある肌を作っていくことも重要です。たくさんの栄養素を摂取することで、若々しい肌を保つことができます。真皮のシワにはビタミン、蛋白質、鉄分、コラーゲンを取り入れると効果的だといわれています。下記の食べ物を積極的に食事に取り入れていきましょう。

・ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA・・・ほうれん草・ブロッコリー・柑橘類の果物など
・蛋白質・・・肉・魚・乳製品・卵・大豆など
・鉄分・・・ひじき、レバーなど
・コラーゲン・・・手羽先・ふかひれ・鶏肉の皮など

まとめ

シワを増やさないために、紫外線や乾燥、食事の内容などに気をつけていきましょう。「老けて」みられやすくなるシワやたるみ、シミなどの対策していくために、表情筋を鍛えたり、顔にマッサージしたりすることで改善も見込まれます。ドクターサプリを積極的に取り入れるのも良いですね。内側からもアプローチして、イキイキとした肌を目指しましょう。

この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ