目元や首そして口元の気になるシワ!なくすために有用な方法とは?

女性にとってシワは美容の大敵。いつまでも美肌でいたいのが女心ですね。そこで重要になるのが、毎日のスキンケアやビタミンC、 … 続きを読む 目元や首そして口元の気になるシワ!なくすために有用な方法とは?

この記事は約7分で読み終わります。

女性にとってシワは美容の大敵。いつまでも美肌でいたいのが女心ですね。そこで重要になるのが、毎日のスキンケアやビタミンC、Bなどの効率的な摂取です。
シワができるには原因があり、有効となる対策をおこなうことで、その効果を期待することができます。
顔のパーツごとに、シワとなる原因と対策方法を説明し、あわせておすすめの美容アイテムも紹介します。

目の下のシワをなくす方法


目元のシワは自分でも気になるうえに、人から見ても目立ちやすい場所です。メイクでカバーしようとしても、厚塗りになることでかえって目立つことにもなりかねません。

また、目元は乾燥しやすい場所でもあるため、ファンデーションがよれてしまい、シワを強調してしまう場合もあります。乾燥トラブルを起こさないためにも、日頃からのケアを十分におこないましょう。

ここでは、目の下のシワをなくす方法を知るために、まずは原因となる要素から見ていきましょう。

目元のシワの原因

目元の皮膚はとても薄く、頬の10分の1程といわれています。皮脂分泌も少なく乾燥しがちで、顔の中でも若いときからシワができやすい箇所のひとつです。

目元のシワの原因としてよくあがるのが、不十分なメイク落としや眼精疲労、目元をこすることによって生じる摩擦です。

アイメイクは目元に与える負担が多く、皮膚の乾燥をまねきやすくなります。乾燥が原因で後にシワになることも考えられるでしょう。

PCやスマートフォンの使用でおこる眼精疲労も、シワの原因といわれています。目が疲れると、瞬きが多くなったり目をこすったりしがちです。そうすると、目元の皮膚に負担がかかり、シワの原因にもなりやすいのです。

目元のシワをなくす方法

目元は顔の中でもデリケートな部分です。日頃のケアを十分におこなって、シワができないように気をつけることが大切です。

メイクを落とすとき、目元はなるべくアイメイク専用のリムーバーを使用し、しっかりとオフするように心がけましょう。

その時も、こすって刺激をあたえないようにするのがポイント。リムーバーをコットンに含ませてから目元にのせ、メイクを浮かして落とすようにしましょう

また、乾燥をさけるために、できれば毎日コットンパックをするのがおすすめです。方法は、化粧水をたっぷり含ませたコットンを目元全体にのせて、手のひらで覆いながら5分程パックをします。それでも気になるときは、さらに化粧水を使って、手で丁寧にパッティングをしましょう。

乾燥しがちな目元には、保湿効果が高い専用のクリームを使うのもいいでしょう。保湿成分として有用であるといわれているのが「セラミド」や「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」などです。クリームを買うときは、テスターで使用感をチェックするのとあわせて、成分表にも目を向けるとよいでしょう。

目元のシワはさまざまな要素で発生するため、根本的な原因をなくし、シワができないように気をつけましょう。

首のシワの原因・なくす方法


「首に出ているシワは年齢を隠せない」といわれるほど重要なパーツです。日常にひそむ原因を取り除きケアをしっかりおこなって、若々しい印象をキープできるように心がけましょう。

首のシワの原因

首の皮膚は体の他の部分に比べて薄く、シワができやすい部分となります。

原因といわれるのが、日常的に下を向くことや、十分でないケア、加齢や高い枕の使用です。

パソコンやスマートフォンを見るときは目線を落として下を向きがちです。目線が下がると首も折れ曲がり、そこにシワがよります。その状態が続けばつづくほど、シワが深くなるのです。

そして、枕の高さも重要なポイントです。寝る時に枕が高く、前のめりの姿勢であれば、首にシワがよってしまいます。その状態で睡眠を続けると、深いシワができてしまうのです。

また、避けて通れないのが加齢です。年齢を重ねると首回りの筋肉が凝り固まり、シワの原因になることも考えられます。

首のシワをなくす方法

首のシワができる原因を減らすためには、まずは紫外線対策をしましょう。
外出時は日焼け止めクリームを塗ったりストールやマフラーをしたりし、首を紫外線から守るように注意することが大事です。

パソコンやスマートフォンを見るときは目線を落として下を向かないように、目の高さと同じになるようにしましょう。姿勢も正されるので、見た目もよくなることが期待されます。

枕は高さがあるものを避け、首にシワがよらないものを選びましょう。

そして、シワをなくすのに大切なのが、毎日行うケアです。使用するアイテムは顔と同じでよいので、顔の後は顎下から首までも忘れずに、化粧水や美容液をしっかりと塗って、最後はクリームで保湿をします。

同時に行うと効果的なのが、マッサージ。クリームで滑らせながら、首下から上にむかって優しくマッサージをします。シワと同時に顎のたるみ対策にもなり一石二鳥です。

また、積極的に取り入れたいのがストレッチです。首をまわして凝りを取るのもよいですが、上を向いて舌を出し、口の形を「イ」にすると、首の皮膚が伸びてシワの解消が期待できます。

顔のシワ(ほうれい線)の原因・なくす方法

顔のシワは基本的に乾燥や加齢によってできます。その場合、スキンケアを念入りにおこなうことで効果が期待できます。

年齢が若くても出やすい目元のシワは、保湿を十分に行うことで薄くなるといわれています。ただし、ほうれい線は顔の中でも他の部位とは発生するメカニズムが異なります。原因と対策を知って、いつまでも若々しくいられるようにしましょう。

顔のシワ(ほうれい線)の原因

小鼻あたりから、顎にかけてできるシワがほうれい線。原因となる要素に乾燥や加齢があります。

人は年齢を重ねるごとに顔の筋肉が弱くなり、同時に脂肪の位置も変わっていきます。顔にできるシワは、笑ったときや表情を変えたときに現われますが、ほうれい線は常に決まったところにあります。

その理由は、ほうれい線の原因のほとんどが「皮膚のたるみによる溝」だからです。加齢により、元は頬にあった脂肪が垂れ下がり、口元付近まで近づきます。そうすると垂れ下がった部分に溝ができ、ほうれい線になるのです。

顔のシワ(ほうれい線)をなくす方法

ほうれい線対策として重要なのは、日頃の保湿ケアや表情筋の活性化、そしてバランスのとれたビタミンの摂取といえます。

表情が乏しいと顔の筋肉が衰え、たるみにつながりやすくなります。そこで口角を上げて若々しい表情を心がければ、顔の筋肉の刺激になり、たるみづらくなるでしょう。

また、シワ改善のために日常に取り入れたいのが、顔のエクササイズやマッサージ。顔のシワをなくすマッサージは、続けることで効果が期待できます。

また、エクササイズの一つに、口に含んだ空気を両頬で往復させ、口まわりの筋肉を鍛えるものがあります。

マッサージは、口角から耳の下へ向かい、円をえがくように指の腹で優しくなでます。フェイスラインをスッキリさせることができ、たるみにも効果が期待できるでしょう。

気をつけなくてはならないのは、いずれもお肌が乾燥している状態で行わないこと。お肌が乾いていると、エクササイズやマッサージで弱った肌を傷つけ、逆効果になることもあるのです。しっかりと保湿ケアをして、シワのないお肌を手に入れましょう。

まとめ

年齢を重ねていても女性にとって美しい肌でいることは、気になるものです。いつまでも若々しくいるためにも、日頃から丁寧なスキンケアを行って、美肌を保ちましょう。

顔にできるシワは、少し気をつければ防げる場合もあり、ケアの仕方によっては改善も期待できます。「もう年だから・・・」と諦めないで、今できることを実践することが大切です。

この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ