正しい日焼け止めの選び方・使い方をご紹介!室内にいても日焼け止めは必要なの?

日差しが暖かく気持ちの良い季節になってきましたが、そうなってくると気になるのが「紫外線」。 夏になってから対策を始めると … 続きを読む 正しい日焼け止めの選び方・使い方をご紹介!室内にいても日焼け止めは必要なの?

この記事は約7分で読み終わります。

日差しが暖かく気持ちの良い季節になってきましたが、そうなってくると気になるのが「紫外線」。
夏になってから対策を始めるという人も多いのですが、実は紫外線は一年中降り注いでいるんです。
さらに、春になるとその量は一気に増加。今から対策をしておかないと、取り返しのつかないことになるかも…!
そんな紫外線対策として最もメジャーなのが「日焼け止め」。
今回は、正しい選び方や使い方、おすすめの商品など、「日焼け止め」の役立つ情報をご紹介していきます。

焼けない日焼け止めって?

紫外線対策には、日焼け止めに関する正しい知識が不可欠です。日焼け止めに関しての知識を蓄えておくことで、今年こそ日焼けを徹底的に予防しましょう!
そのためにまず注目したいのが“成分”。どんな成分が紫外線を予防してくれるのでしょうか?

日焼け止めの成分

まず、紫外線を予防する成分は大きく「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2つに分かれます。どちらも違う役割を担っているのですが、両方が入っていなければいけないというわけではありません。
それ以外に、テクスチャーを良くしてくれる水や油、美白成分や保湿成分が加わることで、日焼け止めが完成しているんです。

・紫外線散乱剤
紫外線散乱剤は、紫外線を跳ね返してくれる成分。肌の上に膜を張ってくれるようなイメージです。紫外線を跳ね返すときに自身を消費することがないため、肌から落ちてしまわない限り、紫外線を跳ね返し続けます。白っぽい粉末で、日焼け止めを塗った時に白くなるのはこの散乱剤が影響しています。比較的肌への刺激が少ないのが特徴です。

・紫外線吸収剤
一方、紫外線吸収剤とは、紫外線を一度吸収し、熱やエネルギーに変えてくれるもの。透明度が高く、伸びの良いテクスチャーがメリットといえます。少量で効果があることからも、日焼け止めの成分として注目されているのですが、紫外線散乱剤に比べてアレルギー反応を起こしやすいのがデメリット。肌が弱い人は、この吸収剤を避けた“ノンケミカル”の日焼け止めがおすすめです。

PAとSPF

また、日焼け止めを選ぶ際に多くの人が気にするのが「PA」と「SPF」。なんとなく高い数値を選んでおけば安心かな…なんて考えている方もいるかもしれませんが、実際これってなんの数値なんでしょうか。

・紫外線の種類
紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cという3種類の波長があります。UV-Cは地表まで届かない波長なので、私たちが気にしなくてはならないのはUV-AとUV-B。この2つが、先ほど挙げた「PA」と「SPF」に関係してくるんです。

・PA
PAとは、「プロテクショングレイドオブUVA」の略で、その名の通りUV-Aを撃退してくれる力のこと。数字ではなく+の多さで表現され、++++が最大です。
UV-Aは肌の奥まで浸透し、シワやたるみといった問題を引き起こします。そのため、PAはそういった肌トラブルの元となる紫外線からどれだけ守ってくれるかという目安になるんです。

・SPF
SPFとは、「サンプロテクションファクター」の略。UV-Bから肌を守ってくれる力のことを指します。数値で表現され、最高値は50+です。
UV-Bは、UV-Aのように肌の奥まで届くことはありませんが、肌を赤く炎症させたり、黒く色素沈着を引き起こしたりと、肌表面のトラブルを引き起こすため、しっかりと対策をしておくことが重要です。

理解していくと、PAもSPFも高い方が良いのでは…?と思ってしまいますが、数値が高いとその分肌への負担は大きくなってしまいます。日常生活では数値の低いもの、日差しが強い場所に長時間いるときは高いものと、シーンによって使い分けることが重要です。

日焼け止めを選ぶコツ

成分や数値についてわかっていても、同じような効果の日焼け止めはたくさん発売されていますよね。
そこで、ここからは成分やPA、SPF以外で、日焼け止めを選ぶ際にポイントとなる項目を見ていきましょう。

テクスチャー

日焼け止めは、クリームやジェル、スプレーといった様々なテクスチャーのものが発売されています。それぞれの特徴を知ることで、自分に合った使用感のものを選びましょう。

・クリームタイプ
少し重めのテクスチャーで、保湿力が高いものが多いのが特徴。しっかりと肌に密着し、ウォータープルーフ処方のものが多く見られます。

・ミルクタイプ
クリームタイプに比べると、少し軽め。肌の上ですっと伸びてくれるので、少量で使うことができますが、クリームと比較すると落ちやすいのが難点です。保湿力は高めといえます。

・ジェルタイプ
ミルクタイプよりもさらに軽いテクスチャー。水っぽく滑らかですが、落ちやすいのでこまめな塗り直しが必要です。

・パウダータイプ
使用感が軽く、敏感肌でも使いやすいものが多く発売されています。メイク直し効果がついているものもあるので、お直しのパウダーとしても効果的です。

・スプレータイプ
軽い使い心地で、手軽なのが特徴。分散してしまうため、肌への密着度は低いといえます。こまめに付け直しが必要です。

おすすめの日焼け止め

では一体、どの日焼け止めを買えばいいのでしょうか。
市販の日焼け止めの中から、おすすめの商品をピックアップしてご紹介します。

・NOV UVミルクEX

敏感肌の方でも使いやすい、ノンケミカルの低刺激処方。スーッと優しい着け心地で、お湯でオフできるのも魅力的です。

・アネッサ エッセンスUV マイルドミルク


アネッサの中でもSPF値は低いのですが、日常使いなら問題はありません。吸収剤を配合しているものの、優しい着け心地で肌への負担が少ないのが特徴です。

・KOSE コーセー サンカット 日焼け止め 透明 スプレー


スプレータイプでお直しも楽々。水をしっかり弾いてくれるウォータープルーフ仕様なので、運動やレジャー時にも使えます。

日焼け止めの正しい使い方

自分に合った日焼け止めがわかったところで、次に学んでおくべきは“使い方”。せっかくいい日焼け止めを見極めることができても、使い方を間違ってしまうと効果が薄れてしまいます。
ではさっそく、日焼け止めの正しい使い方をチェックしていきましょう。

顔用とからだ用

日焼け止めには、「顔用」「からだ用」といった記載がされているものがほとんど。顔用とからだ用には、どんな違いがあるんでしょうか。

顔の皮膚は、からだに比べてとても敏感。そのため、顔用の日焼け止めは、からだ用の日焼け止めよりも低刺激に作られていることが多いんです。刺激が強いからだ用を顔に着けてしまうと、肌トラブルを起こしかねないので気を付けましょう。
また、顔用をからだに塗ることもあまりおすすめできません。顔用の日焼け止めはからだ用よりも比較的高く、コスパが悪いだけでなく、伸びが悪いものはからだに無駄な摩擦を加えてしまうこともあるんです。
日焼け止めを購入する際は、「顔用」なのか「からだ用」なのかをしっかり見るようにしましょう。

室内でも使う

屋外に出ない日でも、油断は禁物!実は、室内にいても紫外線は降り注いでいるんです。
特にUV-Aにはご注意を。UV-Aは窓やカーテンを通り抜け、室内へ入ってきてしまいます。直射日光を浴びていなくても、反射して肌に届いてしまうことがあるので、なかなか紫外線からは逃れられないんです…。
とはいえ、PAやSPFの高い日焼け止めを塗る必要はありません。肌への負担も考え、外出時よりも肌に優しい日焼け止めを塗るよう心掛けてみてください。

塗り直しの頻度

日焼け止めは、1度塗ればOKというわけではありません。日常でかく汗でも落ちてしまうので、2~3時間を目途に塗り直すのが良いでしょう。
毎回同じ日焼け止めを使う必要はないので、家ではミルクタイプ、持ち歩きは簡単に塗り直せるスプレータイプなどと、使い分けるのも良いですね。
顔は塗り直しが難しいパーツではありますが、メイクの上から使えるものもあるので、なるべく持ち歩くように心がけましょう。唇も日焼けしやすいポイントの1つなので、こまめに紫外線予防効果のあるリップなどを塗るようにしてくださいね。

塗るタイミング

日焼け止めは、肌に馴染むまで30分ほど時間がかかるとされています。そのため、外出の30分前を目安に塗ると効果的です。お出かけ直前に、「忘れてた!」と慌てることがないよう、毎日のルーティーンとして組み込んでおきましょう。

また、顔用の日焼け止めは、化粧水・乳液のあとに塗るのが効果的。化粧下地を付ける前に日焼け止めを塗って、しっかりと肌を保護してからメイクを始めましょう。

まとめ

女性にとって、日焼けは大敵。今の肌の状態を悪くするだけでなく、将来的にも悪影響を及ぼす可能性が大いにあります。
あとから後悔することのないよう、自分に合った日焼け止めを選び、毎日の使い方を見直してみませんか?
今からでも十分間に合います。今年は例年よりもきれいな白肌を目指して頑張りましょう!

この記事に関するお問合わせ

TegKeywordこの記事のタグ