美白効果を高める食べ物は何?美白への道は毎日の食事から!

美白になりたい!多様性の社会ではありますが、こういう風に思う方たちは多いと思います。 美白になるためにすることといえば、 … 続きを読む 美白効果を高める食べ物は何?美白への道は毎日の食事から!

この記事は約8分で読み終わります。

美白ニアrために必要な食べ物とは

美白になりたい!多様性の社会ではありますが、こういう風に思う方たちは多いと思います。

美白になるためにすることといえば、まずは、美白化粧品を使って外からのケアをすることでしょう。

でも、私たちの体、お肌は、食べたものでできています。つまり、中からしっかりとケアをすることで美白になるのです。

真の美白になるのであれば、食べ物を見直していくことが大切です。

どんな食べ物を摂っていけばいいのか、詳しく見ていきましょう。

美白とは何か

まずは、美白とは何か、ということから考えていきましょう。

美白とは「肌のくすみ、日焼けを防ぐ」という意味もありますが、肌の一部に現れる「シミ」のケアについても、含まれるでしょう。

シミのケアが成功していれば、肌全体を正しくケアできていることになります。

具体的には、美白ケアというのは、以下のことに集約されるでしょう。

  • メラニン色素が肌のなかで生成されるのを抑えること
  • 生成されたメラニン色素が肌に残らないよう、新陳代謝を促すこと

これらを可能にするために、食事というのは大切になってきます。

美白になるために摂りたい成分

美白になるために必要な成分

美白になりたいときには化粧品やスキンケアだけではなく、体の内側からも集中的に美白効果を発揮する成分を取り入れて美白を目指しましょう

「美白によい食べ物」とは、メラニン色素の分泌を抑えたり、ターンオーバーを促したりする栄養素が含まれた食べ物のことです。

だからといって、それだけを食べればいいというわけではなく、「さまざまなものをバランスよく食べる」ことが大前提となります。

その上でさらに美白ケアをしたいと考える方は、次のような栄養素を意識して食べていきましょう。

ビタミンC

水溶性ビタミン。メラニンの生成を抑制、生成されたメラニン色素の排泄を促す(還元作用)、抗酸化作用がある。柑橘系や緑黄色野菜に多い

ビタミンE

脂溶性ビタミン。抗酸化作用とともに、血流を改善、肌状態を改善する作用がある。アーモンド、サケ、アボカドなどに多い

L-システイン

代謝を促し、メラニン色素の排泄を促す。大豆、小麦胚芽などに多い

リコピン

抗酸化作用により活性酸素を除去する効果が高い。トマト、スイカなどに多い

アスタキサンチン

優れた抗酸化作用により活性酸素を除去する。サケ、いくら、エビなどに多い

エラグ酸

黄色系の色素。メラニンの生成を抑制、抗酸化作用がある。ザクロやベリー系に多い

その他必須栄養素

肌を作っていくために欠かせないのがタンパク質です。

タンパク質は主に肉・魚・卵・乳製品・豆類などに含まれています。

動物性のタンパク質としては鶏肉、牛肉、サケやサバなどの良質の油を含む魚介類がおすすめです。

また、植物性タンパク質も大豆の加工食品(豆腐・納豆など)からバランスよく摂取しましょう。

さらに、肌ツヤの良い状態を維持するには脂質をカットしすぎないことも大事。

ただし、良質な脂質を含む、オリーブオイル、亜麻仁油、アーモンド、青魚などは積極的に選ぶようにしましょう。

美白のためのおすすめドリンク

美白になるためのおすすめのドリンク

白くて美しい肌を目指すには日頃の小さな積み重ねが大切です。

毎日、何となく飲んでいる飲み物も、せっかくなら美白や美肌に役立つ成分を含むものに変えてみませんか?

どういった飲み物がいいのか、それについて紹介します。

ビタミンC飲料

ビタミンCはメラニン色素の合成を抑制するだけではなく、すでに出来てしまったメラニンの排出を促す効果もあります。

さらには強力な抗酸化作用を持ち、日光やストレスなどによる酸化を防ぐ作用もあります。

ビタミンCを豊富に含む飲み物は次のような種類があります。

ローズヒップティー・アセロラ・レモンやグレープフルーツなどの柑橘系がおすすめです。

ただし、市販のジュースは加熱によりビタミンCが壊れていたり、大量に砂糖を使用していたりするものもあります。

できるだけ果汁飲料を摂取するときには非加熱の絞りたてのものを飲みましょう。

ハトムギ茶

ハトムギは漢方において「ヨクイニン」と呼ばれ、イボ取りに用いられるほど薬効の高い植物です。

ハトムギは食べることもできますが、気軽に成分を取り入れるならばお茶がおすすめです。

肌のターンオーバーを促して、肌を滑らかに美しく保つ効果が期待できます。

トマトジュース

トマトにはリコピンという優れた抗酸化成分が含まれています

ビタミンEの100倍以上の抗酸化力をもち、紫外線のダメージから肌を守ってくれる作用があります。

食べる日焼け止めともいわれるトマトは加熱した方がよりリコピンの力が発揮されます。

トマトジュースやトマトスープにして飲むのがおすすめです。

豆乳

豆乳には女性ホルモンの構造に似た「イソフラボン」が含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整える作用により、皮脂分泌を抑えて肌状態を整える作用があります

また、豆乳に含まれる「サポニン」には血行を促して、肌のターンオーバーを促す効果もあります。

ただし、豆乳の飲みすぎはイソフラボンの過剰摂取となりうる可能性があるため、1日あたり一日当り200mlを1~3本程度が目安です。

美白のための効果的な摂取の仕方

美白になるための効果的な栄養素の摂取の仕方

美白効果、美肌効果を期待するならば、栄養素の摂取のタイミングのポイントを押さえることが大事です。

より効果を実感するために、次の要点を確認しておきましょう。

毎日摂取することが大事

美白効果や美肌作用があるとはいえ、すでに出来てしまったシミを消すほどの強い効果はありません。

美白対策として、毎日コツコツと予防的に取り入れることに意味があります

自分が飲みやすいと感じる食べ物・飲み物を見つけたらしばらく続けることが大切です。

特に紫外線が多く降り注ぐ3月から夏場にかけては欠かさないようにしましょう。

柑橘系は夜に摂取しよう

柑橘系のジュースを飲むタイミングは少し注意が必要です。

柑橘系に含まれるソラレンという物質には光毒性があり、日光を吸収することで老化を早めてしまう可能性があります。

柑橘類を摂取するならば朝よりも夜間が良いでしょう

食前食後はいつがいいの?

摂取するタイミングは基本的にはいつでも構いません

ただし、摂取する栄養素によっては食後の方が良いこともあれば、空腹時の方が良い場合もあります。

例えば、ビタミンEのような栄養素は脂溶性なので食後や食事中の方が吸収されやすくなります。

ビタミンCのように水溶性ならば食前食後は特に変わりないですが、尿に出ていきやすいためこまめに摂取することが大事です。

飲み合わせ

飲み合わせについては特にお互いの栄養吸収に問題がなければ同時に飲んでも構いません

ただし、吸収の邪魔をする場合には飲むタイミングをずらす工夫が必要です。

例えば、お茶などに含まれるカフェインはビタミンCの排出を促す作用があり吸収の妨げになります。

お茶は食事中に、ビタミンC飲料は空腹時に飲むなどの工夫をしましょう。

温めた方がいい?

美白に限らず美肌を目指すならば基本的に「冷え」はお肌の大敵となります。

血行の良い、代謝もスムーズな状態を目指すためにも、なるべく温めた飲み物を飲んで胃腸から冷えを防ぐことが大事です。

ただし、飲み物の種類によってはどうしても温められないこともあるでしょう。

その場合は氷を除いて常温で飲むか、シナモンや生姜などの温め食材を取り入れると冷えを防ぐことができます。

美白成分の摂りすぎも注意が必要

美白成分がいくら肌に良いとは言っても、飲み過ぎ、摂り過ぎには注意が必要です。

よくテレビの情報番組で紹介されたから、その時だけ一気に摂取する、ということをやりがちだと思います。

それは意味はありません。

また、ビタミンE、ビタミンAなどの脂溶性ビタミンの場合には過剰症を引き起こすこともあります。

どんな飲み物も食べ物も、度が過ぎると毒になることもあると考えて、適量を心がけましょう。

バランスが大切ということです

美白のための生活習慣

どんなに肌にいい栄養素を摂取したとしても、肌にとってマイナスとなるような生活を送っていれば、全く意味のないものとなってしまいます

食事だけではなく、以下のようなことにも気を付けて、日常生活を送りましょう。

  • 栄養バランスを考えた食事を摂る、同じものばかり食べないように気を付ける
  • サプリメントなどで栄養不足を補うようにする
  • 睡眠不足にならないようにする、質のよい睡眠を取る(夜間にまとめて眠る)
  • 適度な運動や休息を取り、ストレスの解消を心がける

まとめ

美白は、何かをしたからといってすぐに効果が表れるものではありません

地道で継続的なケアをすることが大切です。

美白化粧品などの外側からのアプローチも重要ですが、食べ物や飲み物の内側からのアプローチもしっかりとやっていきましょう。

また、どんなにスキンケアを丁寧に行っても、寝不足が続けば十分な美白ケアとは言えません。

日常生活にも気を付けて、生活全般を変えることが美白への近道です。

キレナビ編集部美容ライター
  • この記事の監修者
  • キレナビ編集部 美容ライター
  • 日々、美容について研鑽し、女性の皆様が自分らしい美しさを手に入れられるように記事を書いています。この記事で少しでも新たな美容の世界が開かれればと思います。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

0
TagKeywordこの記事のタグ