マスク生活で肌トラブル増加中!コロナ禍でのスキンケアとは

想像以上に長引くマスク生活。 当たり前のようになってきたマスク生活。 そのマスク生活をする中で、肌トラブルが急増していま … 続きを読む マスク生活で肌トラブル増加中!コロナ禍でのスキンケアとは

この記事は約7分で読み終わります。

肌トラブルを招くマスク生活

想像以上に長引くマスク生活。

当たり前のようになってきたマスク生活。

そのマスク生活をする中で、肌トラブルが急増しています。

その肌トラブルの原因はマスク

二人に一人はマスクによる肌トラブルを経験しているともいわれるほど。

何とかしていかなければならないマスク生活でのスキンケアについて紹介します。

マスクによる肌トラブルの原因とは

ところで、なぜマスク生活をしていると肌トラブルが増えてくるのでしょうか。

その原因を見ていきましょう。

保湿不足

意外に思われるかもしれませんが、マスク生活をしていると実は保湿不足を招いています

マスクをしていると、なんだかいつも加湿をしているような気になりますが、そうではありません。

一般的なマスクは、じつはあまり通気性が良くないので、自分の呼吸により常に加温、加湿の状態となり、肌温度が約1℃ほど高くなります。

これはこれでよさそうですが、じつは、肌温度の上昇は肌バリア機能に重要な皮膚内部の水分を蒸発させて乾燥を引き起こしてしまうのです。

また、マスクを外すと一気に内側の水分が蒸発し、肌の水分まで同時に奪って逆に乾燥を引き起こすのです。

雑菌の繁殖

マスクの中はある意味、高温多湿の状態です。

これは、細菌にとって居心地のいい環境で、口の中の雑菌がマスクの中で繁殖します

すると肌をダメージから守るバリア機能が弱まり、肌荒れやニキビの原因菌の繁殖を許してしまいます。

雑菌が顔じゅうに繁殖するわけですから肌トラブルを招いてしまうのです。

バリア機能の低下

マスクが肌に直接触れる部位は、摩擦による刺激から肌荒れやかぶれ(アレルギー性や刺激性接触性皮膚炎)を起こしやすくなります。

私たちの皮膚の表面は角質というものに覆われていて、外部の刺激から守ってくれています。

しかし、毎日マスクの線維とこすれあうことで、その角質が少しずつ削られてしまいます

そうすると、外部刺激から肌を守る「バリア機能」が低下してますます刺激を受けてしまうという状態になり肌トラブルを引き起こしてしまいます。

マスクの素材が合わない

マスクの素材や体質よっては、毎日付けているうちにアレルギーを獲得してしまい、アレルギー症状による肌荒れ、赤み、湿疹、痒みなどが起こることもあります。

コットンやウレタン素材などの洗えるマスクの場合、残った洗剤による肌荒れも考えられます。

いずれにせよ、マスクが合わなくて肌トラブルを招いてしまうことは頭に入れておきましょう。

これは間違い!やってはいけないスキンケア

マスク生活においてやってはいけないスキンケア

肌トラブルを解消しようと、自己流でいろいろと対策をしている人も多いでしょう。

でも、その対策、実は肌トラブルを大きくすることもあります。

NGなスキンケアについて解説します。

オイル分の多いクリームを使用

オイル分の多いクリームを使うことは注意しましょう。

適切な量であれば、非常に有用ですが、オイル分が多いと逆に大きな肌トラブルを招きます。

オイル分が多いと以下のようなデメリットがあります。

  • お肌がべたべたする
  • 毛穴詰まりの原因になる
  • ニキビの原因になる

マスクの着脱を繰り返す

このマスク生活で1日の中でマスクを着脱する回数は、約8回もあると言われています。

マスク内の高温多湿の環境から、いきなり肌が外気にさらされてしまい、肌はお風呂上りのような状態になっています。

マスクを外すたびに肌のバリア機能がボロボロになってしまいます

息苦しいとか、顔が何となく気持ち悪いから、マスクをつけたり外したりするのはわかりますが、その着脱を何回も繰り返すのはやめておきましょう。

マスクによる肌トラブルを改善する方法

マスク生活における正しいスキンケア

マスクによる肌トラブル改善には、マスクをつけない、ということが一番です。ただこのご時世それが許される状況ではありません。

それではどのようにすればいいのでしょうか。

それを解説していきます。

美容液を有効活用する

マスク着用によりダメージを受けた肌は乾燥しているので、とにかく保湿をしっかりとすることが大切です。

保湿をして肌バリア機能を回復させましょう。

市販のスキンケア製品を選ぶ際は、肌負担の少ない低刺激性の製品で、抗炎症作用を有するトラネキサム酸を選ぶようにしましょう。

また、保湿成分(セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど)が配合された基礎化粧品を積極的に取り入れましょう。

おすすめの保湿美容液はこちらから>>>

マスクのつけ方を見直す

市販の不織布マスクが合わないと感じたのであれば、布マスク(綿100%、ガーゼ、横織の手ぬぐい、シルクなど)を着用してみましょう。

ウイルス対策としては、疑問符を持たれてはいますが、肌に合わないマスクを着用し続けるよりはましでしょう。

布マスクは、通気性が良く、表面が毛羽立っていないため肌への摩擦が軽減できます

どうしても不織布のマスクを使用する場合は、ガーゼをマスクのインナーに入れて、直接不織布が肌に当たらないようにします。これによりだいぶ摩擦を減らすことができます。

また、マスクを外す際は、アゴに引っ掛けるようにずり下げるのではなく、両手で紐を持ち、肌に摩擦がかからないように外しましょう。

こういったちょっとしたことでも、肌トラブルは改善されていきます。

顔を清潔に保つ

マスク内は、水分、汗、皮脂、皮膚常在菌、口腔内細菌が混在する環境です。

雑菌が繁殖する状態なので、適度に洗顔する必要があります

ただし、洗顔が必要といっても、洗顔の仕方には注意です。

過剰な洗顔やゴシゴシ洗いは余計に肌トラブルを招いてしまいます。

こういった肌トラブルを防ぐために、洗顔の際には、低刺激石鹸や洗顔フォームを使って、よく泡立てて洗顔しましょう。

直接肌をごしごしと洗わず泡をクッションとして優しく触るような感じで洗顔することがポイントです。

もちろん、洗顔後のタオルでのゴシゴシ拭きも禁物です。

そして、洗顔後は忘れずに保湿をしてください。

皮膚科医おすすめのスキンケア

ところで実際、お肌の専門家皮膚科医はどのような方法でマスク生活を乗り切っているのでしょうか

それを少しみていきましょう。

  • 基礎化粧品をたっぷり使用する
  • マスクをするときはなるべくファンデーションなどのベースメイクはせず、ポイントメイクだけにする。オーガニックやミネラルコスメを使う
  • 肌サイクルを正常にすることを心掛けて、充分な睡眠と規則正しい生活、洗顔、ビタミンの摂取など
  • 汗を頻繁にふき取る
  • 加湿美顔器を寝る前に行う

専門家が実際行っていることも参考に、肌トラブルを予防していきましょう。

※参考サイト:【それ…マスク荒れかも?】皮膚科医1,058人に調査!withコロナ時代における正しい肌ケアが明らかに!

まとめ

マスク生活はまだまだ続きそうです。何もしなければそのまま肌トラブルも増えていくでしょう。

適切なスキンケアをして、マスク生活の中でも肌トラブルとは無縁な生活を送っていきましょう

キレナビ編集部美容ライター
  • この記事の監修者
  • キレナビ編集部 美容ライター
  • 日々、美容について研鑽し、女性の皆様が自分らしい美しさを手に入れられるように記事を書いています。この記事で少しでも新たな美容の世界が開かれればと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

0
TagKeywordこの記事のタグ