肌トラブルの多い20代・・・正しいスキンケアの方法と対策を教えます!

20代のスキンケアのポイントをご存知ですか?まだ若いし大丈夫!と思っているあなたも油断は禁物かもしれません。実は、お肌の … 続きを読む 肌トラブルの多い20代・・・正しいスキンケアの方法と対策を教えます!

この記事は約10分で読み終わります。

20代のスキンケアのポイントをご存知ですか?まだ若いし大丈夫!と思っているあなたも油断は禁物かもしれません。実は、お肌の水分の減少は20代半ばから始まります。また、20代はホルモンバランスの乱れから皮脂の過剰分泌が起こりやすい年代でもあります。

20代のお肌には、水分と皮脂のバランスの崩れから乾燥肌やニキビなどの肌トラブルが起こりやすい。そこで20代の肌のための効果的なスキンケアについてご案内いたします。

20代が悩みやすい肌トラブルとその原因とは

20代女子に起きやすい肌トラブル

20代は、10代のお肌から大人肌へと変わりゆく過渡期、いわゆる「お肌の曲がり角」にさしかかる年代です。この時期ゆえの肌トラブル、特に「乾燥肌」「ニキビ」や「毛穴」のトラブルに悩む20代女子の声をよく耳にします。20代の肌トラブルは、主にこんな現象としてあらわれます。

・肌の乾燥
・ニキビ、吹き出物
・毛穴トラブル(毛穴のつまり、開き、黒ずみ)
・肌のテカリ

20代女子の肌トラブルの原因

見た目美しいお肌であっても、実は20代半ば頃から細胞レベルで水分保持能力の低下が始まるため、その頃から肌の乾燥を感じる人が多くなります。また、紫外線によるダメージ・エアコンによる空気の乾燥などの外的要因も、肌の乾燥にさらに拍車をかけます。

これまでは、ストレス・食事・生活習慣などによりホルモンバランスがくずれて皮脂の過剰分泌がおこり、それが原因で「ニキビ」や「毛穴」のトラブルが起きる。そのため、脂性肌のスキンケアには炎症の抑制や殺菌などの対策が最も有効とされてきました。

しかし最近の研究により、「ニキビ」や「毛穴」のトラブルは、皮脂分泌の過剰だけでなく、お肌の角質層の水分量不足も原因である可能性が高いことが分かっています。つまり、保湿ケアが肌の「乾燥」だけでなく、脂性肌に多い「ニキビ」や「毛穴」のトラブル対策としても有効だということになります。

20代女子の肌トラブル対策

角質層を保湿するスキンケア

角質層は、肌を熱や乾燥などの外部の刺激から守るほか、水分を蓄え肌の水分量を適正に調整する機能を担っています。その角質層の機能を「肌のバリア機能」といいます。乾燥肌・脂性肌の肌トラブルは、角質層の水分保持能力が弱まって角質層内の水分量が減少することが原因で起こると考えられ、保湿スキンケアが有効とされています。

ターンオーバーに伴うトラブル対策のスキンケア

肌の表皮は、下層から「真皮」「基底層」「角質層」の3層から成り、約6週間かけて下から徐々に上に押し上げられ、やがて剥がれ落ちます。このターンーバーによる新陳代謝が正常に働かなくなると、肌がガサガサになったり、「ニキビ」や「毛穴」などの肌トラブルの原因にもなります。角質のターンオーバーが原因となるトラブルには、表皮に残る、古い角質を取り去るなどのスキンケアが有効です。

脂性肌のスキンケア

皮脂の過剰分泌により、肌の常駐菌であるアクネ菌が繁殖してニキビや肌あれができたり、皮脂が毛穴に詰って毛穴の開き・つまり・黒ずみにつながることもあります。「ニキビ」や「毛穴」のトラブル対策には、肌を清潔に保ち、毛穴につまった皮脂汚れを落とすスキンケアが有効となります。

悩み別スキンケア製品の選び方

スキンケア製品を選ぶ際には、自分の肌トラベルに対応できる有効成分が入ったものを選ぶことが大切です。代表的な成分を例にあげて、それぞれに期待できるスキンケアの効果をご案内いたしますので参考にしてみてください。

お悩み別の有効成分

肌の乾燥

セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸

保湿効果が高い、セラミド、ヒアルロン酸は肌の乾燥対策に大変有効です。また、アミノ酸角質層内の水分保持に重要な役割もつ物質NMFの主原料としてその働きを助けます。

肌のターンオーバー対策

サリチル酸、AHA、グルコノラクトン、セラミド、ヒアルロン酸

サリチル酸、AHA、グルコノラクトンは、肌に残った古い角質を取り去る効果を持ち、ターンオーバーを促進し、厚くかたくなった皮膚を滑らかにを整える効果が期待できます。セラミド、ヒアルロン酸の保湿成分も角質内の水分正常化に働きかけます。

ニキビ、吹き出もの

サリチル酸、グリチルリチン、フラーレン、ビタミンC誘導体、セラミド、ヒアルロン酸

サリチル酸、グリチルリチンには、ニキビや吹き出物などの炎症を抑える抗炎症作用と殺菌効果があります。フラーレン、ビタミンC誘導体には、強い抗酸化力があり、炎症を抑えるほか、ニキビ跡が残りにくくなる効果もあります。肌の正常なターンオーバーに働きかけるセラミド、ヒアルロン酸も有効です。

毛穴トラブル

グリシルグリシン

グリシルグリシンは、皮脂の毛穴づまりによって起こった炎症を抑え、毛穴を小さくし、お肌のキメも整える効果を期待できます。

自分に合うスキンケア製品が分からない場合

どのスキンケア製品が自分の肌トラブル対策にベストなのか分からない、だれかに相談したい、という人も多いでしょう。そんな人には、多くのブランドがそろう百貨店のコスメコーナーで、肌トラブルに合うおすすめめスキンケア製品の情報をもらうのもおすすめです。

ネットや雑誌では得られないスキンケア製品の情報や、効果的な使い方を教えてもらえたり、商品のサンプルをいただけることもあります。

正しいスキンケアのコツ

一般的なスキンケアの手順やコツ、おすすめのスペシャルフェイスケアについてご案内いたします。

スキンケアの手順

クレンジング

洗顔料だけでは落とせない油性のメイクや皮脂を浮きあがらせてを落とします。指先や指の腹を使い丁寧に優しくマッサージするように落としましょう。メイクをしたまま眠ると肌あれやニキビの原因にもなるので、メイクは必ず眠る前には落とすようにしましょう。

洗顔

洗顔は、肌の表面の汚れを落とだけでなく、次の化粧水以降のスキンケアの効果を高めるための重要なステップです。固形、液体、クリームなど様々なタイプの洗顔料があります。石鹸タイプのものは、しっかり泡立てて肌を包むように洗うと汚れが泡に吸着して落ちやすくなるほか、肌への刺激も抑えられておすすめです。洗顔時は肌を強くこすらず丁寧に優しく洗い、最後に38度位のぬるま湯でよく流しましょう。

化粧水

洗顔後は、化粧水を手やコットンなどで保湿し、お肌を整えましょう。お風呂上がりはお肌が温かく柔らかいので、化粧水の潤い成分や美容成分が肌に吸収されやすくなります。時間に余裕があるときは、コットンやシートに含ませてフェイスパック的に使用してもよいでしょう。

美容液

美容液は、一般的に化粧水よりも美容成分を豊富に配合された濃厚なテクスチャーの保湿スキンケアアイテムです。適用を手にひらにとり、化粧水で保湿後の肌に手のひらでしっかり押し付けるように使用すると美容液の肌への浸透がよくなり効果的です。

乳液

乳液に含まれる油分でやさしくお肌にフタをして、化粧類と美容液の水分と美容成分をお肌にとじこめることができます。脂性肌の人や、夏場など皮脂の分泌が多い時には、乳液でスキンケアを終えてもよいでしょう。

クリーム

一般的に、乳液よりも油分が多く美容成分の量もリッチで濃厚なスキンケアです。乾燥肌の人、冬場やエアコンの乾燥が気になる人は、化粧水や美容液で補給したお肌の潤いをしっかり閉じ込めキープするためスキンケアの最後に積極的に使うとよいでしょう。

おすすめのスペシャルスキンケア

マッサージ

マッサージクリームやマッサージオイルを使用して、週に2,3回のセルフマッサージも、肌のターンオーバーを促し、ニキビや毛穴の黒ずみ対策に効果があります。クリームやオイルはたっぷり使用し肌を指でこすらないように気を付けましょう。

シートパック

週に2、3回化粧水を使用した後にシートパックをすることで、美容成分をたっぷり肌にしみこませることができます。使用後はいつもよりもお肌がしっとり潤うのが実感できるので乾燥肌の人に特におすすめです。

セルフピーリング

肌のごわつき、毛穴のつまりなど、ターンオーバーの不調による肌トラブルに悩む人は、自宅で手軽に行えるセルフピーリングをするのもおすすめです。市販のピーリング剤を肌につけて放置し、その後ぬるま湯でよく流します。古い角質を取り去りリターンオーバーを助ける効果があります。使用時は少しピリピリとした刺激を感じることもあります。必ずメーカー推奨する使用時間、使用方法を守って使用しましょう。

普段の生活習慣からセルフケアする方法

主にコスメの利用を中心した20代女子におすすめのスキンケアについてご案内してきました。ここでは、普段の生活に取り入れることができる効果的なセルフケア方法についてもご紹介いたします。

蒸しタオルパック

水につけたタオルを電子レンジで500wで30秒ほど温め、荒熱をとっておきます。それを洗顔後のお肌に乗せしばらく置きます。血流が良くなり、お肌や毛穴の汚れや皮脂が浮き上がりやすくなります。その後はいつもの手順でしっかりスキンケアをしてください。美容成分がいつもより浸透しやすくなります。

美肌効果のあるビタミンCを摂取しよう

美肌・美白に優れた効果をもつビタミンCを普段から摂取するようにこころがけましょう。ビタミンCを豊富に含むハーブティー「ローズヒップティー」を飲むのもおすすめです。もっと手軽にビタミンCを摂取したい人はサプリで摂取するのもよいでしょう。

夜10時には眠る習慣を

夜10時から朝2時までのゴールデンタイムといわれる時間は、できるだけ眠る習慣をつくりましょう。この時間帯に眠るとお肌に良い成長ホルモンがよく分泌されるので、美肌対策に効果的です。睡眠不足はホルモンバランスの乱れを招き皮脂トラブルの原因にもなります。

20代におすすめのスキンケア5選

セルピュア オールフォーム(洗顔料)150ml

セルピュア オールフォーム

ワンプッシュでなめならかでたっぷりの泡で出てくる鉱物油、着色料、香料不使用のドクターズコスメの洗顔料です。毛穴の奥までしっかり優しく洗えます。毛穴のつまりや黒ずみが気になる方におすすめです。

キュレル 化粧水3(リッチ)(150mL)

乾燥肌、敏感肌の方向けの、潤湿保湿セラミド配合の角質層への保湿浸透力が高いメディカルコスメの化粧水です。消炎剤配合で肌あれも防ぎます。乾燥肌、ニキビ、吹き出物に悩む方におすすめします。

肌ラボ 極潤ヒアルロン液

3種のヒアルロン酸入りでしっかり肌が潤う美容液です。プチプラなのでおしみなくたっぷり使えます。無香料、無着色、オイルフリー、アルコールフリー。乾燥肌、ニキビ、吹き出物に悩む方におすすめします。

セルピュア ピーリングフォーム 150ml

セルピュア ピーリングフォーム

自宅で安全にピーリングができる、鉱物油・合成着色料・合成香料不使用のドクターズコスメのピーリング洗顔フォームです。ニキビや吹き出物、毛穴の開きや黒ずみ、肌のごわつき・がさつきに悩む方におすすめです。

プリュ EGF ディープモイストマスク(20枚入)

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、EGFなどの保湿成分が含まれる美容液がたっぷり浸み込ませてある大容量でコスパの良いシートパックです。乾燥肌、ニキビ、吹き出物に悩む方におすすめします。

20代のスキンケアは未来への投資?

20代は、女性ホルモンの分泌がとても活発で、女性としての魅力がもっとも高まる時期でもあります。お肌の曲がり角ゆえの肌トラブルに悩む人は多いですが、加齢による肌の衰えはまだずっと先と思っている人も多いかもしれません。

しかし、加齢はゆっくりと着実に進みます。毎日のスキンケアをしっかりと行っている人と、若さに甘えてスキンケアを怠ってしまった人には、10年後、20年後のお肌に大きな差が出てしまうかもしれません。

「まだ早いが遅くなる」ということわざもあります。20代のうちからスキンケアをしっかり習慣づけて、美しいお肌を維持しましょう。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ