ポツポツは、もしかして化粧品かぶれ?かぶれない化粧品を選ぶコツとは。

化粧品でかぶれると、顔にかゆみ、赤み、湿疹、腫れなどの症状がでることがあります。日常的に顔に使用する化粧品でこんな症状が … 続きを読む ポツポツは、もしかして化粧品かぶれ?かぶれない化粧品を選ぶコツとは。

この記事は約8分で読み終わります。

化粧品でかぶれると、顔にかゆみ、赤み、湿疹、腫れなどの症状がでることがあります。日常的に顔に使用する化粧品でこんな症状が顔に出たら女性にとってはちょっとした事件です。そもそも化粧品かぶれは、なぜ起こるのでしょうか?化粧品かぶれの原因、防ぐ方法、かぶれにくい化粧品の選び方などについてご案内いたします。

化粧品でなぜかぶれることがあるのか?

「化粧品かぶれ」による肌のかゆみ・赤み・湿疹などの異常は、化粧品皮膚炎という病気の症状です。化粧品かぶれは、主に化粧品の成分が肌に接触した刺激より起こるケースと、化粧品の成分に対するアレルギー反応として起こるケースがあります。

化粧品かぶれはどのように起こるか

化粧品かぶれは、このような状況のときに発生します。

化粧品に含まれる成分や外部の刺激に反応

化粧品の成分が肌に接触し、その刺激で肌が炎症反応を起こしてかゆみなどの化粧品かぶれの症状が出ます。肌あれ・傷・肌の乾燥などにより肌のバリア機能が低下している時に起こることが多いです。化粧品を変えてすぐに症状が出る場合もありますが、使用後しばらくたってから突然症状が出ることもあります。スギ花粉症の時期や季節の変わり目などで肌が敏感になっている時期に発生しやすくなります。

化粧品に含まれる特定の物質に対するアレルギー反応

化粧品に含まれる成分が、使用する人にとってアレルギー原因物質であると、体はその成分を異物と判断して排除しようとし、その時にかゆみなどを伴うアレルギー反応がおきます。アレルギー反応の場合、時期にかかわらず原因物質に接触すると発生します。

その他化粧品かぶれになりやすい時期

生理前や、ストレスにさらされている時など、ホルモンの影響で肌が敏感に反応しやすい状態の時期にも化粧かぶれが起きることがあります。化粧品を変えてすぐに症状が出る場合もありますが、使用後しばらくたってから突然症状が出ることもあります。

かぶれやすい肌質

化粧品かぶれは、肌のバリア機能が正常に機能していない時に起こりやすい症状です。バリア機能が正常に機能している時は、肌組織の表面にある角質層が、肌を外部の熱、乾燥、紫外線などの刺激から守り、外部からの異物の侵入を防いでくれます。

角質層が正常なバリア機能を維持するには、角質層内の水分量が十分にあることが必要です。何らかの理由で角質層内の水分が減少してしまうと、バリア機能が正常に機能しなくなってしまいます。

つまり、角質層の水分が少ない肌(=乾燥肌)の人は、化粧品かぶれを起こしやすい肌質の人といえます。

肌の乾燥は、外部の刺激(熱、乾燥、傷など)により角質層が破壊されて起こるほか、加齢により角質層の水分保持能力が下がるなどの理由でも起こります。加齢による水分保持能力の低下は20代半ばころから始まることを考えますと、生涯化粧品かぶれの心配が不要な人は、いないかもしれません。

かぶれやすい成分

化粧品かぶれの原因となりやすい成分には、「香料」「色素」「界面活性剤」「乳化剤」「金属」などがあります。肌に使用してすぐにかぶれの症状がでる場合もありますが、しばらく使い続けた後に発症することもあります。

これらの化粧品かぶれを起こしやすい成分については、化粧品を選ぶ際に原材料に含まれているか確認するのもよいでしょう。もしも、化粧品かぶれの原因になりやすい成分が含まれていたら、お肌の状態にもよりますが避けた方が賢明です。

アレルギー反応が原因である場合の注意

このように、化粧品かぶれは、化粧品を使う方であれば誰にでも起こりえます。化粧品かぶれを起こしたときは、その原因が何なのかを確認することが非常に大切です。

アレルギーが原因の場合には、体調等に関係なくその後も同じ物質に接触するとアレルギー反応が起きます。その化粧品の使用はすぐに中止し、それ以外のスキンケア製品も含め化粧品は使用しないようにしましょう。その後、病院等に化粧品成分が分かるものを持参してアレルギー原因物質を特定してもらい、以降の化粧品の使用については必ず医師の指示に従いましょう。

化粧品が古いなど保存の問題

化粧品かぶれは、使用する人の肌や体調だけが原因とは限りません。使用した化粧品が古くて傷んでいたために、肌が化粧品かぶれを起こすこともあります。

化粧品には、食品のように安心して使用できる賞味期限や、この日まで使用しなければならない消費期限の表示義務がありません。それでも一般的には1年~3年程度は安心して使える品質の化粧品が多いでしょう。また、無添加化粧品など防腐剤等が不使用の化粧品は成分の性質上傷みやすいので、メーカーが表示する使用期限や使用案内を守ることが大切です。

水分が多い化粧水・美容液などは、一度開封すると傷みやすく、長期の保存はおすすめできません。毎回しっかりとフタをしめて保管し、夏場は冷蔵庫に入れるなどの対策をとることをおすすめします。保管方法に注意していた場合でも、色や臭いなどに異常が感じられたら、すぐに使用を中止しましょう。

かぶれにくい化粧品の選び方

化粧品かぶれが心配なときは、かぶれの原因になる可能性がある成分(「香料」「色素」「界面活性剤」「乳化剤」「金属」など)を含まない化粧品を選びましょう。もっと簡単な選び方として、「敏感肌用」「アレルギーテスト済み」などと記載された製品から探してもよいでしょう。

自分の肌に合わない成分が分かっているときは、原材料の表示を確認し、該当する物質が入っていないものを選びましょう。また、化粧品の原材料には、キャリーオーバー成分という、エキスの抽出などに使用したものなど、原材料として表示義務がないものもあります。キャリーオーバーも含めたすべての原材料を知りたいときには、メーカーに直接問い合わせしてもよいでしょう。

化粧品かぶれを経験したことがある人は、かぶれの原因物質が分かっていると化粧品を選ぶ際に原因物質をあらかじめ避けることができるので、病院を受診して原因物質の特定をしてもらうことをおすすめします。

「敏感肌用」「アレルギーテスト済み」などの化粧品であって、100%すべての人に安全だと保証するわけではありません。後でもご案内しますが、いきなり通常通りに使用せず、パッチテストなどで安全性を試してから使用することをおすすめします。

化粧品で腫れ・かぶれが起きてしまった場合は?

もしも、化粧品で腫れ・かぶれなどの症状が起きた場合には、すぐにその化粧品の使用を中止しましょう。無理に使用を続けて肌の状態が悪化すると、治りにくくなるだけでなく、色素沈着を起こしたり、シミになることもあります。
化粧品かぶれが起きたら、肌に刺激の少ない石鹸などで化粧を落とし、早めに皮膚科のある病院等に行って治療を受けましょう。

化粧品でかぶれないようにするコツ

初めての化粧品はパッチテストから

化粧品を変える時には、かぶれを起こす化粧品かどうかを確認するためにパッチテストをしましょう。パッチテストのやり方は、一般的に二の腕の内側の柔らかい皮膚に試したい化粧品をつけ、その上から医療用テープなどを貼って2日ほどそのまま放置します。

2日後にテープをはがし、皮膚に赤みなどの異常が出ていないかチェックします。何も異常がなければまず問題ないですが、念のため再度顎の下に化粧品をつけて30分ほど様子をみるとさらに安心です。

もしもパッチテストで何らかの異常が確認できた場合には、化粧品の原材料のどれかに反応していることになります。その場合には、今後のために病院等で詳しく検査をしていただき、原因物質を特定してもらうことをおすすめします。

化粧品はかぶれやすい時期に変えない

化粧品かぶれは、ストレスが多い時期、睡眠不足の時、偏った食事が続く時、生理前の時期、花粉症の症状が出ている時期などにも起こりやすい症状です。このような時期に化粧品を変えると、さらにかぶれが起こりやすくなりますので避けた方が賢明です。

保湿スキンケアが大事

化粧品のかぶれは、皮膚の角質層の水分が減少することで発症しやすくなるので、肌の水分量が少ない乾燥肌タイプの人は、化粧品かぶれを起こしやすい肌質の人ともいえます。化粧品かぶれを防ぐには、普段から、保湿効果に優れた化粧水や美容液、シートパックを使用するなど、保湿を意識したスキンケアを行うようするとよいでしょう。

フェイスケアは肌にやさしく行う

肌の表層の角質層を傷つけると、肌のバリア機能が低下して角質層内の水分量が減少し化粧品かぶれしやすくなってしまいます。洗顔をする時は洗顔料をよく泡立てて肌をこすらずにやさしく洗うようにし、フェイスマッサージをする時も、肌をつよくこすらないようにマッサージ料をたっぷりつかって丁寧に行うようにしましょう。また、洗顔後にタオルで顔を拭くときも肌をこすらず、タオルを顔に押し付けるようにするとよいでしょう。

化粧品かぶれは誰もがなりえる

ご案内してきました通り、化粧品かぶれは、お肌の水分量の減少、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの崩れなど多岐にわたる原因で起こる症状です。これまで、化粧品による肌トラブルの経験がない人でも、この先もずっと問題ないとは言い切れません。

安心してお化粧を楽しめる健康で美しいお肌を維持していただくために、ここでご案内いたしました日常の保湿スキンケア、化粧品を変えるタイミングなどの化粧品かぶれを防ぐコツを是非参考にしてみてください。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ