まず保湿!40代の乾燥肌に必要なスキンケア

加齢とともに訪れる乾燥肌。特にエイジングが本格的に始まる40代は、昔は気にならなかった、肌の乾燥が顕著になってくる年齢で … 続きを読む まず保湿!40代の乾燥肌に必要なスキンケア

この記事は約6分で読み終わります。

加齢とともに訪れる乾燥肌。特にエイジングが本格的に始まる40代は、昔は気にならなかった、肌の乾燥が顕著になってくる年齢です。この記事では40代の乾燥肌の特徴と、必要なスキンケアについてご紹介します。ぜひ試してみてくださいね。

40代の乾燥肌の特徴

昔は脂性肌で、しっかりと脂を落とすオイルクレンジングや、さっぱり系の化粧品が手放せなかった方も40代になると、一気に乾燥肌が進むことがあります。40代の乾燥肌が進む原因は主に加齢。加齢による肌の変化にもいくつか種類があります。

肌のターンオーバーの乱れ

肌は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層から成り立っています。一番外側の表皮のさらに最も外側が「角質層」といい、しばらく肌にとどまったのちに、一定周期で剥がれ落ち、新しい肌が再生します。これを「ターンオーバー」と言いますが20代の若い時期は、約28日周期ですが、40代になると約45日周期となります。

ターンオーバーが遅くなると、小じわが増えたり、肌がくすんだり、擦り傷などのケガも治りにくくなります。また、新しく肌が再生されるときは「脂肪間脂質」という角質層の中に水分をキープしてくれる成分が生成されますが、ターンオーバーが遅くなると、それだけ脂肪間脂質も少なくなり、肌に潤いをキープするのが難しくなり乾燥につながるのです。

ホルモンバランスの乱れ

40代になると、早い人で更年期に突入します。更年期は閉経の前後約10年のことを言い、多くの方が40代後半~50代にかけて閉経を迎えるため40代は更年期の女性がほとんどともいえます。

更年期になると、ホルモンバランスが大きく変化するため、生理前の時のように、肌が荒れやすかったり、逆に肌が乾燥したりと、お肌の安定しない状態が続くことがあります。

また、40代といえば、子育てや仕事が最も忙しい時期でもあり、ついつい生活習慣が乱れたり、自分の体をいたわる時間を後回しにしがちです。忙しいライフスタイルで睡眠時間も削られてしまうと、さらにホルモンバランスは崩れがちになる、乾燥肌が進行してしまいます。

発汗・皮脂量の減少

40代になると新陳代謝が衰えることから発汗・皮脂の量も減ってきます。汗と皮脂は、自分で生成できる天然の保湿クリームですので、過度に分泌されるとニキビの原因となりますが、適度な分泌であれば、皮膚を保湿してくれる貴重な成分です。

肌を保湿するだけではなく、外部の刺激から肌を守ったり、肌の内側にある水分が蒸発するのを防いでくれたりする役目もあり、肌に潤いを守るためには欠かせない成分。40代になりこの汗や皮脂の分泌が若いころに比べて減っているため、肌はつねに乾燥しやすい状態になるといえます。

40代の乾燥肌に必要なスキンケア

それでは40代の乾燥肌にはどんなスキンケアが必要なのでしょうか?

これまでのお手入れを見直す!

認めたくない方もいると思いますが30代後半から、肌の乾燥はグッと進みます。そのため、「私は脂質肌だから」と思い込んだスキンケアを続けていると、40代になってから乾燥肌をより一層進行させてしまう原因になってしまいます。

先ほどもご紹介した、肌の水分をキープする「細胞間脂質」は、30代後半から一気に分泌量が減り、肌のターンオーバーも、若い時の28日から、40代の45日へとぐんぐん伸びていきます。これを見逃して、これまでと同じスキンケア方法を取っていると、どんどんと肌を乾燥肌に傾けさせてしまうのです。

少し勇気は必要ですが、今のご自身の年齢をしっかりと受け止めて、前向きにスキンケア方法を変えていくことが脱・乾燥肌への第一歩です。

皮脂を落としすぎない

若いころのクセで、朝の洗顔も夜の洗顔も、洗浄力の高い洗顔でしっかりと洗っている方はいませんか?もしかしたら、その洗顔で肌に残すべき皮脂まで落としてしまっているかもしれません。

確かに、睡眠中は肌の新陳代謝が行われ、朝起きると皮脂は分泌されています。皮脂をそのままにしておくと酸化したり、空気中の汚れがつきやすくなりますので、朝にしっかりと洗顔をすることは大切です。ただし、それは脂性肌で皮脂の分泌が多い場合のみ。

30代以降になると、徐々に朝起きたときの皮脂の量は減ってきます。そのため、皮脂がほとんど出ていない、皮脂の量がかなり少なくなった場合、洗顔料を使わずぬるま湯で軽く洗う洗顔に切り替えるか、化粧水で夜に塗ったクリームを落とすくらいにするのが正解です。

メイク落としで皮脂を落としすぎない

40代の乾燥肌には、メイク落としも、潤いを残してくれるミルクタイプやふきとりタイプに切り替えるのがおすすめ。強いメイク落としは、メイクと一緒に皮脂も落としてしまいます。そのため、普段使うファンデーションも、低刺激性で、ミルクタイプやふきとりタイプのメイク落としできちんと落ちるものに切り替えが必要。

ファンデーションを厚塗りして、オイルタイプの皮脂をごっそり落としてしまうメイク落としで落とすというスキンケアを毎日続けていると、確実に肌の皮脂の量は減り、乾燥肌が進行してしまいます。

エイジングケアよりもまず保湿を!

肌が乾燥してきたりハリがなくなったりすると、エイジングケアをしなくちゃ!と焦る人も多いでしょう。しかし40代に入ってすぐの世代であれば、エイジングケアよりも優先すべきは保湿です。なぜなら、40代の肌はとても乾燥しやすいので、保湿をしっかりすれば、ハリも復活してくるためです。

先ほどもご紹介したように、40代は肌のターンオーバーが約45日と長くなってくる時期。水分をキープする細胞間脂質の量も減ってきますので、乾燥しやすくなるのは当たり前といえば当たり前。水分をしっかりと肌に浸透させてあげるように保湿重視のスキンケアにきちんとシフトしていけば、焦ることはありません。

肌に皮脂膜を作り蒸発を防ぐ

肌の一番外側の角質層は一番上が皮脂膜という、薄い膜で覆われています。この皮脂膜があることで、角質層の中の水分が蒸発するのを防いでくれます。よくお手入れの最後はクリームを塗って「フタをする」という表現がされるのは、クリームを水分が蒸発しないような「フタ」に例えているからなのです。

夜寝る前のスキンケアは、しっかりとクリームを塗ればよいのですが、日中も乾燥する方は、ワセリンを目元や口元など乾燥するところに少し塗布してあげるのもおすすめです。皮脂膜のようにワセリンが作用して、角質層内の水分が蒸発するのを防いでくれます。

まとめ

40代の乾燥肌がおこる仕組みと、乾燥肌に有効なスキンケア方法をご紹介しました。昔は脂性肌だったのに…という思い込みは捨てて、今のご自身の年齢と肌状態をしっかりと受け止めて、正しいスキンケア方法で乾燥肌を予防・改善し、もっちりプルプルの肌を手に入れてくださいね。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ