シミにはビタミンCが良い?老け肌防止するビタミンCの効果的な摂り方

シミができると、それだけで老けて見られやすくなってしまいます。なので、できたシミは早めにどうにかしたいもの。シミにはビタ … 続きを読む シミにはビタミンCが良い?老け肌防止するビタミンCの効果的な摂り方

この記事は約7分で読み終わります。

シミができると、それだけで老けて見られやすくなってしまいます。なので、できたシミは早めにどうにかしたいもの。シミにはビタミンCが良いと言われますが、実際にシミへの効果が期待できるのでしょうか?

シミとビタミンCの関係性や作用

 

「シミにはビタミンCが良い」と言われますが、その根拠についてはよく知らないという人も少なくないのではないでしょうか。

ビタミンCがシミに良いと言える根拠はあるのでしょうか?ビタミンCがシミに良いと言われる理由をみていきましょう。

シミには何故、ビタミンCが良いと言われているのか

シミにはビタミンCが良いと言われている理由は、ビタミンCには抗酸化作用があるからです。

「活性酸素」という言葉を聞いたことがありますか?

活性酸素は、わたし達の体内で発生する物質のことですが、この活性酸素がシミの発生に大きく関わっていることが分かっています。

活性酸素自体は害というワケではなく、体内に侵入した細菌を殺菌するなど、有用な働きもあります。しかし、大量に発生すると、正常な細胞にダメージを与えて肌老化を引き起こすなど、害になってしまうのです。

活性酸素が大量に発生してしまう原因には複数ありますが、身近なところで紫外線があります。紫外線を浴びるとシミができるとよく言いますが、これには活性酸素の発生が関係しています。

紫外線を浴びると皮膚の中で活性酸素が発生し、それがスイッチとなってメラノサイトからメラニン色素が生成されるようになります。メラニン色素が大量に作られてしまうと、肌のターンオーバーの際にうまく排出されず、皮膚の表面にとどまってしまいます。

結果として色素沈着を起こし、シミになってしまうのです。

ビタミンCには抗酸化作用があるので、ビタミンCを摂ると、メラニン色素を生成するスイッチになる活性酸素を除去することができると言われています。活性酸素を除去することができれば、メラニンが生成されなくなるので、シミができにくくなるというわけです。

また、ビタミンCにはメラニン色素を淡色化する働きや新陳代謝を促進する働きもあるとされています。なので、すでにシミができてしまっているとしても、シミを薄くしていく効果を期待することができます。

このような理由から、ビタミンCがシミに良いと言われているのです。

ビタミンCの効果的な摂り方・多く含む食材

 

シミを予防するのにも良いとされているビタミンC。ぜひ、効果的な摂り方を知って、食事などで摂っていきましょう。

ビタミンCの効果的な摂り方

ビタミンCは、体内でつくりだすことのできないビタミンです。そのため、食事やサプリメントから摂取しないといけません。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」では、15歳以上の男女は1日に100mg摂取することが推奨されています。(妊娠中の女性は1日110mg、授乳中の女性は145mgが推奨量)
参照:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要 p28 ビタミンCの食事摂取基準(mg/日)

ビタミンCは一度にまとめて摂るよりは、1日に数回に分けて摂るほうが効果的です。というのは、ビタミンCは水溶性ビタミンのため、多く摂取しても尿となって流れやすいからです。

また、ビタミンCを摂るときにはビタミンEも一緒に摂取するのがおすすめです。ビタミンEにも抗酸化作用がありますが、活性酸素と結びついて細胞の酸化を防ぐと、みずからも酸化して効力を失ってしまいます。

このときにビタミンCを同時に摂取しておくと、そのビタミンEを再び活性化させることができます。なので、ビタミンCとビタミンEを一緒に摂取しておくと、相乗効果で高い抗酸化作用を期待することができます。

ビタミンCは水に溶けやすく熱による加熱に弱いので、ビタミンCを多く含む食材を使う際には調理方法にも気を配りましょう。

ビタミンCを多く含む食材

・ブロッコリー 
100gあたり120mgと豊富!ブロッコリー3~4房使うと、100gほどになります。ただし、ゆでると半分の59mgまでビタミンCの含有量が減少してしまうのも事実。

なので、ビタミンCの減少を最小限に抑えるために、蒸して調理するのがおすすめです。

・ピーマン
100gあたり約76mg。大きめのピーマン2個使うとだいたい100gになります。
一般的な緑色のピーマンよりも、赤ピーマン(100gあたり170mg)や黄ピーマン(100gあたり150mg)のほうがビタミンCの含有量が豊富です。

おすすめレシピは、赤ピーマンの酢の物など。ゆでたり加熱したりしない調理をすることでビタミンCの含有量を多く残しておくことができます。

・いちご
100gあたり約80mg。いちご約6粒で100gほど。
野菜のようにゆでたり、加熱したりする必要はないので、効率良くビタミンCを摂ることができます。いちごにはビタミンC以外にも、キシリトールや食物繊維なども豊富に含まれていますよ。

シミと肝斑の違い

 

シミの一種でもある肝斑。ただし、肝斑をシミと同じような方法で対処してしまうと、症状がさらに悪化してしまうことも。

まずはシミと肝斑の違いをはっきりと知って、それから適切な対処をするようにしましょう。

シミにも見える肝斑の正体

肝斑は目の周りやほほ骨周辺に左右対称にあらわれるぼやっとした薄褐色のシミのこと。特定の場所に左右対称であらわれるので、肝斑かシミかの判断は比較的しやすくなっています。

シミの主な原因が紫外線なのに対し、肝斑の主な原因は女性ホルモンの影響と言われています。というのも、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用がきっかけとなって肝斑が発生するケースが多いからです。とはいえ、肝斑の正確な発生のメカニズムについては、まだまだ分からない部分も多くあります。

肝斑の治療法として現在よく使われているのがトラネキサム酸を服用する方法。クリニックによっては肝斑専用レーザーを併せて行なうところもあります。

一般的にシミと呼ばれている日光黒子(老人性色素斑)やソバカス、炎症後色素沈着と肝斑とでは症状が大きく異なるので、他の種類のシミとは見分けがつかないということはほぼありません。

ただ、対称性真皮メラノサイトーシス(AMD)というシミは、肝斑と同じようにほほ骨周辺に左右対称にあらわれるので、肝斑との見分けがつきにくいものです。

どちらか判断が難しいと感じたら、皮膚科専門医の診断を受けて適切な治療を受けるようにおすすめします。

肝斑はビタミンCでの治療はむずかしい

シミに良いとされているビタミンCですが、肝斑をビタミンCだけで治療するのはむずかしいと考えられています。

肝斑の治療のファーストチョイスになるのがトラネキサム酸の内服。トラネキサム酸には、メラノサイト活性化因子をブロックしてメラニンの発生を抑制する働きがあるため、肝斑を薄くすることができるとされています。

内服薬での治療をしてからレーザー治療を行なうことで肝斑が薄くなるケースもあります。以前は、肝斑の症状を悪化させるリスクがあったためにレーザー治療は使われていませんでした。しかし、最近になって肝斑に有効なレーザー機器が開発され、新たな治療法として導入され始めてきています。

肝斑は、女性ホルモンのバランスが崩れることで悪化することがあります。なので、ストレスを溜めない、十分な睡眠をとる、栄養バランスのとれた食事をとるなど規則正しい生活を心がけることも大切です。

まとめ

  
シミにビタミンCが良いと言われる根拠についてお話しました。ビタミンCは体内で作り出すことができないビタミンなので、食事やサプリメントで補うことが大切です。また、熱に弱い、水に流れやすいといった点も思いに留めて、効果的に摂取するようにしてくださいね。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ