毛穴ケアでつるんと美肌に!正しい洗顔料の使い方とは?

年齢に関係なく、どの世代でも悩みとして出てくるのが「毛穴」問題。ぽっかり空いた毛穴、皮脂がつまり黒ずんだ毛穴、流れるよう … 続きを読む 毛穴ケアでつるんと美肌に!正しい洗顔料の使い方とは?

この記事は約6分で読み終わります。

年齢に関係なく、どの世代でも悩みとして出てくるのが「毛穴」問題。ぽっかり空いた毛穴、皮脂がつまり黒ずんだ毛穴、流れるような毛穴。顔に毛穴がある限り気になってしまう!そんな「お悩み毛穴」を、自分に合った洗顔料や洗顔方法を知ることで解決できるとすれば?

毎日のスキンケアの最初の工程である「洗顔」は、清潔な肌を保つだけでなく、その後に使用するスキンケアの浸透力や効果をどれだけ高めることができるかの重要なポイントでもあります。高機能洗顔料が大豊作になってきている今、スキンケアの基礎となる「洗顔」から見直すべくオススメの洗顔料をご紹介します。

毛穴の開きは間違った洗顔から

さて、一言に「お悩み毛穴」と言っても種類があり、毛穴が開いてしまう原因は人によって千差万別です。

・乾燥による水分不足などによって肌がしぼんでしまっている、乾燥毛穴。
・肌の代謝が落ちてターンオーバーのサイクルがスムーズにいかず、古い角質が溜まっている詰まり毛穴。
・鼻やTゾーンなど、特に皮脂の分泌が多い部分にできやすく、皮脂が酸化して黒く見える黒ずみ毛穴。
・加齢により肌がたるんで、涙形の流れるような毛穴になっているたるみ毛穴。

主にこのような毛穴の悩みを持つ方は多いのではないでしょうか?皮脂が気になるからと言って過剰に洗顔した結果、乾燥した肌が油分を補おうと皮脂の分泌をさらに加速させてしまったり、黒ずみを無理に押し出そうと指で毛穴を刺激して余計に肌を傷つけてしまうとゴワゴワ肌や跡の残った肌になってしまいます。

また、洗浄力の高い洗顔料を選びすぎていて肌のうるおい成分まで落としてしまい、乾燥毛穴に繋がっている事もあります。このような間違った洗顔や間違った対処法をしないためにも、自分に合った正しい洗顔料や洗顔法を知ることが重要となります。

キレイな毛穴を保つ洗顔料の選び方

洗顔料を選ぶ時、特にチェックしたいのが配合されている保湿剤や油分です。泡立ちが良く、もこもこの泡で洗う洗顔料の方が肌に優しいと思いがちですが、泡立ちの良い洗顔料ほど肌の脂を落としてしまう力が強くなっている場合があります。

脂肌タイプの人には良いですが、肌が乾燥している人は特に泡立ちの良さで決めるのではなく保湿力の高い洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔料の種類

洗顔料の種類は大きく分けて下記の5種類あります。
①泡(エアゾール、ポンプフォーマー)
②粒状
③クリームやペースト状(洗顔フォーム)
④固形
⑤液状やジェル状
洗浄力は各商品ごとに異なりますが、大きく分けて泡やジェル状のものは洗浄力が弱く、固形石けんや粒状のものは洗浄力が高めのものが多いとされています。また、石けんは界面活性剤の一種であり、洗顔後に肌の上に石けんカスが残り、つっぱり感が出やすい傾向があります。

クリームやペースト状の洗顔フォームにはさまざまな界面活性剤を使用できるので、弱酸性などの肌に優しい界面活性剤もあれば、石けん系の洗浄力の強いものが使われている場合もあります。石けんと洗顔フォーム、使用する肌のタイプや季節によってどちらが良いかは一概には言えません。

正しい洗顔の方法、頻度

洗顔は朝晩に行いますが、それぞれ正しい方法や目的があります。朝はほこりや汗など、水性の汚れを中心にオフするために洗顔します。その場合ぬるま湯の水洗顔でも汗やほこりは取れますが、皮脂の多い人は朝も洗顔料を使いましょう。

夜は、余分な皮脂やほこりなどの汚れ、古い角質。そして洗顔料の前に使用するクレンジング料を肌に残したままにしないために落とす目的で使用します。

よく、お風呂の中で洗顔も一緒に行い熱いシャワーで落とす人もいますが、肌に必要なうるおい成分まで落としてしまうので「32度〜34度」のぬるま湯で洗いましょう。

オススメの洗顔料

洗顔料にも様々な種類があるということが分かったところで、気になる毛穴のタイプ別に
おすすめしたい洗顔料をいくつかご紹介します。

①詰まり毛穴、黒ずみ毛穴が気になる方

◆マナラ ツルリナウォッシュ

頑固な角栓が気になる方にオススメのパウダー状の洗顔料。水を加えた後、粒を溶かし切らずに顆粒を残したまま洗う洗顔料で、角栓の元になるたんぱく質と皮脂をてほぐして分解させるのが特徴。

特に気になる鼻の周りなどは、水を加える量を減らして先にクルクルと優しく洗うと毛穴の汚れがすっきりします。
さらに粒からオイルが溶け出す設計になっているので、すっきり落とせるのに肌がつっぱらず、毛穴の炎症や開きも抑えたり、添加物となる着色料や香料が入っていないところも魅力。

②乾燥毛穴や、敏感肌の方

◆キュレル 泡洗顔料 【医薬部外品】

泡で出てくるタイプの洗顔料なので、強く擦って洗う心配なし。肌に必要な大切なうるおい成分「セラミド」を守りながら、ほこりや汚れを落としてくれます。

消炎剤(有効成分)配合なので、花粉の季節や、季節の変わり目で肌がデリケートになり赤くなってしまう時期に使用するのもオススメ。弱酸性で無香料、無着色です。

③古い角質が溜まった詰まり毛穴や乾燥が原因で、肌のくすみが気になる方

◆オルビスユー ジュレパック

いつもの洗顔料に置き換えて週3〜4日使用するスペシャルケア。スクラブ入り洗顔料は、ザラザラとした粒で肌への負担が心配になったり、毛穴の汚れを洗いあげるさっぱりした洗顔料が主流でしたが、これは違います!

蓄積したくすみを、スクラブ・ボタニカルウォッシャーの入ったジュレがとろりと絡めとり、古い角層など顔曇りを一掃してくれる他、保湿成分であるPEG-75、プロパンジオールが肌の奥まで浸透し、乾燥ぐすみまでケアしてくれるので、洗い上がり肌のトーンがアップします。

洗顔後にキレイな毛穴を保つコツ

洗顔の種類や方法をマスターできたところで、最後に洗顔後のケアも重要なポイントとなります。洗顔後はそのまま放置せず、化粧水や収れん化粧水で肌を引き締めます。

乾燥毛穴やたるみ毛穴が気になる方は、潤いが残る洗顔料を使用するだけでなく、しっとりタイプの化粧水ハリの出る美容液を使いましょう。内側から肌をふっくらとさせる事で毛穴を目立たなくさせることができます。

また、毛穴の開きが気になる方は肌を引き締める収れん化粧水をコットンに取り、下から上へと風を立てるようにタッピングすると、巻き込んだ空気が少しひんやりと感じ、肌表面の温度を下げることができるので毛穴きゅっと引き締まります。

また、拭き取りタイプの美容液で、毛穴の詰まった汚れや角栓を取り除きながら黒ずみも分解してくれる、ニキビ予防としても有効な美容液を使用するのもオススメです。

まとめ

今や、肌にとって刺激となるものは、メイク汚れや皮脂、花粉だけではありません。大気汚染の原因となり社会問題にもなっているポリューション(化学燃料を燃やすことで生じる粉じん、自動車などから排出される二酸化硫黄が科学変化を起こしたもの。たばこの煙等の環境汚染物質。PM2.5など)は、肌に付着したままだと肌老化の原因になってしまう恐れがあるとまで言われています。

そんな中、毛穴レベルで汚れをキレイに落としてしてくれたり、保湿成分はしっかり残しながら洗い上げてくれる、この時代の環境に合わせた高機能洗顔料が次々に発売されているので自分の肌に合った洗顔料や洗顔法を見つけるチャンスです!

最近肌の調子が優れない方、ファンデーションのノリが悪く夕方には顔が黒くくすんでくるという方。一度、基礎となる洗顔から見直してみてはいかがでしょうか?

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ