美肌やダイエットにも。毎日でも飲みたいお茶の美容効果とは♪

美容のためにお茶を飲んでいる人は多いかもしれません。今回はダイエットや美肌に良い、オススメの「美容茶」をご紹介いたします … 続きを読む 美肌やダイエットにも。毎日でも飲みたいお茶の美容効果とは♪

この記事は約8分で読み終わります。

美容のためにお茶を飲んでいる人は多いかもしれません。今回はダイエットや美肌に良い、オススメの「美容茶」をご紹介いたします。

美容茶に期待できる効果はダイエット、美肌、体を温める効果など・・・様々です。普段何気なく飲んでいる飲み物を美容茶に置き換えるだけで、お肌がきれいになり、ダイエットできたら素晴らしいことです。

のちほど、ハーブティー、中国茶、日本茶などの様々なお茶の中から美容効果に優れた美容茶に注目して、お茶の選び方、効果的な飲み方などもご案内いたします。

お茶が持つ美容効果とは?

日本には昔から日常的にお茶に親しむ文化があるので、普段からお茶を飲む習慣をもっている人は多いでしょう。日本人が好んで飲む緑茶やほうじ茶などの日本茶は、「チャノキ(茶の木)」という名の植物の葉を加工したお茶です。

実は、紅茶やウーロン茶も同じチャノキの葉から作られています。同じ植物が原料なのに、「発酵」「乾燥」「焙煎」などの加工法の違いで、味・成分・香り・色に異なる特色がでるのです。

チャノキのお茶以外にも、穀物のお茶、ハーブティー、野草のお茶など、いろいろな美容茶があり、それぞれが特色ある美容効果をもっています。

お茶がもつ美容効果を知ろう

美容茶には、一般的に下記のような効果あると言われています。

リラクゼーション効果

お茶を飲んで、気持ちがほっと和んだ経験はありませんか?それはお茶のもつリラックス効果によるものです。特に、緑茶に含まれるテアニンには、脳内に人がリラックスした時に現れるα波を増やす効果があることが分かっています。

美肌効果

お茶に含まれるビタミンCやカテキン・サポニンなどの抗酸化成分には、メラニンの生成を抑えて透明感のあるお肌に導く美肌効果があると言われています。また、ビタミンcはコラーゲン組織の生成を促進するので、お肌の弾力とハリも期待できます。

ダイエット効果

カテキンやサポニンのように、お茶に含まれる成分の中には、脂肪の蓄積を抑制したり、脂肪の吸収を阻害するものがあります。そのようなお茶を飲むことでダイエット効果が期待できます。

美容茶に含まれる成分と種類

ここでは、美容茶に多く含まれる美容成分をご紹介いたします。

ビタミンC

主な美容効果
・肌のコラーゲン組織を生成を促進する
・メラニンの生成を抑える
・活性酸素を減らす(抗酸化作用)

ビタミンCは水に溶けやすい水溶性ビタミンなので、一度にたくさん摂取しても体内で保管しておけない成分です。ビタミンCを多く含むお茶などでこまめに補給すると効果的です。お茶のビタミンCは熱に強いのも魅力です。

多く含むお茶:緑茶、柿の葉茶、ローズヒップティー、ハイビスカスティー

ビタミンE

主な効果
・血流を促進する
・活性酸素を減らす(抗酸化作用)

ビタミンEは体内でビタミンCと連携して抗酸化作用を発揮します。また、血行を促進するので顔の血色がよくなります。

多く含むお茶:黒豆茶、コーン茶、ベニバナ茶(紅花茶)、菊花茶

カテキン(タンニン)

主な美容効果
・脂肪の吸収を抑える
・活性酸素を減らす(抗酸化作用)

カテキンはポリフェノールの1種で主にお茶に由来する抗酸化物質です。市販のダイエット茶に使われている通り、脂肪の吸収を抑える効果があります。成人病の予防にも効果があると言われます。

多く含むお茶:緑茶、番茶、抹茶、プーアル茶、柿の葉茶

サポニン

主な美容効果
・脂肪の蓄積を抑制
・血流を促進する
・活性酸素を減らす(抗酸化作用)

カテキンと同じく植物由来のポリフェノールの1種で、大豆、ごぼうなどに多く含まれます。ブドウ糖が体脂肪になるのを妨ぐため肥満予防の効果が期待できます。

多く含むお茶:黒豆茶、ごぼう茶、サンザシ茶

カフェイン

主な美容効果
・デトックス効果

カフェインの利尿作用によりデトックスとむくみ改善の効果が期待できます。カフェインには覚醒作用がありますが、緑茶は、リラックス効果があるテアニンを含むため、覚醒作用は穏やかです。

多く含むお茶:玉露、抹茶、紅茶、緑茶、ウーロン茶

カフェインを含まないお茶:ハーブティー、豆・穀物のお茶、野草のお茶など

美容茶の効果的な飲み方

美容茶に含まれる美容成分と期待できる効果などについてご案内してきましたが、ここではお茶の美容成分を効果的に活用するための飲み方などについてご案内いたします。

温かいお茶がおすすめ

お茶によって美容成分を効果的に抽出できる最適なお湯の温度や抽出時間、あるいは煮出し時間があります。夏などは、熱いお湯で抽出したお茶を冷やして飲むのも美味しいですが、美容目的でしたら体を冷やさない温かいお茶を飲んで体の代謝を上げることをおすすめします。また代謝を上げることで摂取したビタミンや成分を体全体へ行きわたらせることができます。

一度に大量に飲まない

いくら美容に良い美容茶だからといって、一度に大量のお茶を飲むのはやめましょう。お茶に限らずですが大量の水分を摂ると腎臓に負担がかかってしまいます。美容茶は、時間を置いて、こまめに飲むようにしましょう。

継続して飲むことで効果に期待が

美容茶はお薬ではありませんので、即効性は期待できません。数日だけ飲んで効果が出ないからと飲むのをやめてしまうのは勿体ないです。少なくとも3か月位は美容茶を毎日の習慣として飲み続けながら、体に現れる変化を楽しみましょう。

カフェインを含む美容茶は寝る前は避ける

カフェインには覚醒作用があり神経を興奮させるので、眠りを阻害する恐れがあります。夜眠る4時間前にはカフェインを含むお茶は飲まない方がよいでしょう。ただし、緑茶にはリラックス効果があるアミノ酸の1種テアニンが含まれます。そのため緑茶は覚醒作用がそれほど強くないと言われます。

ダイエットにおススメのお茶3選

ダイエットに効果的なおススメのお茶をご紹介します。お茶には、脂肪の蓄積を阻害してくれるものや、脂肪を分解して燃焼させてくれるものがあります。ダイエット中の人の強力な味方になってくれるでしょう。

プアール茶(普洱茶)

ダイエット効果があるお茶として人気が高い中国茶です。プアール茶に含まれるリパーゼ酵素が脂肪を分解・燃焼させ、タンニンが脂肪の吸収を抑制すると言われています。

脂肪吸収の抑制効果を活かすため、食事中や食後に飲むことをおすすめします。比較的クセがなく飲みやすいお茶ですが、お腹がゆるくなることがあるため、飲みすぎないように気を付けましょう。

黒豆茶

昔黒豆ダイエットが流行したことがありますが、黒豆に含まれるサポニンが食事で摂った脂肪の吸収を抑制して体外へ排出すると言われています。

市販の黒豆茶もありますが、自分で炒った黒豆でもお茶にできます。また、ポリフェノールの1種であるアントシアニンとサポニンの抗酸化作用により美肌効果も期待できます。

ごぼう茶

ごぼうに含まれる成分サポニンが食事でとった脂肪が体脂肪になるのを防ぎます。また、水溶性の食物繊維、オリゴ糖を含み腸内環境の改善によって便秘の解消も期待できます。抗酸化物質サポニンの働きによる美容効果も期待できます。

市販のごぼう茶もありますが、自分で作ることもできます。ごぼうをササガキに薄く切り、フライパンで弱火で炒って乾燥させたものをお茶にします。

お肌の美容におススメのお茶5選

美容効果、飲みやすさ、取り入れやすさなどを考慮したお肌の美容にオススメのお茶をご紹介いたします。

緑茶

日本で古くから親しまれているお茶です。ポリフェノールの1種であるカテキン(タンニン)の抗酸化作用と、豊富に含まれるビタミンCの相互作用で、美肌効果が期待できます。また、サポニンは脂肪蓄積を抑えると言われており、体脂肪が気になる方にもオススメです。

ルイボスティー

南アフリカに自生する植物ルイボスを原料とするルイボスティーは、高い抗酸化力をもつ美肌効果が高い美容茶として大変人気があります。味もクセがなく飲みやすいので、日常のお茶として無理なく飲み続けられます。
ノンカフェインですので時間帯を気にせず飲むことができます。

ローズヒップティー

ローズヒップティーは、南米やヨーロッパの自生する野ばらの実を乾燥させたノンカフェインのお茶です。ローズヒップはビタミンCを大量に含むので、別名「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれています。抗酸化作用、美肌効果に優れる美容茶です。

柿の葉茶

ビタミンC量がレモンの20倍以上と大変豊富なノンカフェインのお茶です。カテキンとビタミンCの抗酸化作用により美肌効果が期待できます。また糖質が気になる人は、食事中や食後に飲むことがおススメです。

ハトムギ茶

漢方薬にも使われるハトムギの実を原料とするノンカフェインのお茶です。体の水分代謝を促しむくみを改善すると言われています。また、皮膚のイボがある方にもおススメの美肌効果が高いお茶です。

とにかく美容茶を続けてみよう

ダイエット、お肌の美容に良いオススメの美容茶についてご案内してきました。お茶にもいろいろな種類があって、美容効果もたくさんあることがご理解いただけたでしょうか。

美容茶は、植物の不思議な力で体を根本から癒やしてくれる魔法のドリンクのようなものかもしれません。気になる美容茶がありましたら、植物の力を信じて焦らず気長に飲み続けてみてください。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ