できてしまったニキビを減らす、おすすめの食べ物や習慣とは?

ニキビを減らすにはどんなことに注意して生活すれば良いのでしょうか。思春期にぽつぽつと出来始める「ニキビは青春のシンボル」 … 続きを読む できてしまったニキビを減らす、おすすめの食べ物や習慣とは?

この記事は約8分で読み終わります。

ニキビを減らすにはどんなことに注意して生活すれば良いのでしょうか。思春期にぽつぽつと出来始める「ニキビは青春のシンボル」と言われたりしますが、大人ニキビでも悩んでいる人はたくさんいます。
今回は、にっくきニキビを減らすために有効な生活習慣、食べ物などについてご案内いたします。

ニキビの種類

ニキビにも種類があることをご存知ですか?ニキビは、大別すると「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」の3種類に分けられます。また、ニキビは顔の部位によってできやすい場所があります。

色によるニキビの違い

白ニキビは、毛穴の周囲の角質が肥厚して毛穴をふさいで皮脂が毛穴内部に溜まってしまい、中の皮脂が白く盛り上がっている状態です。額、口のまわり、アゴの部位にできやすいニキビです。

黒ニキビも毛穴内部に皮脂が溜まっていますが、毛穴が開いてそこが酸素に触れたことで皮脂が酸化し黒く変色している状態です。

赤ニキビは、白ニキビと同様に毛穴がふさがり内部に皮脂が溜まっていますが、毛穴内部でアクネ菌が増殖して炎症を起こし赤く腫れている状態です。

ニキビのできやすい場所

皮脂が多く出やすいTゾーンにあたる、おでこ・鼻のあたりは、特にニキビができやすい場所です。

おでこはのニキビは、自分の髪の毛との接触などによっても起こることもあります。

鼻の周りは、特に皮脂分泌がさかんな場所なので、ニキビができやすい部位です。

アゴのあたりの皮膚は毛穴が小さいので、皮脂づまりが起こりやすい部位です。また、ホルモンバランスの乱れや体調の問題でもニキビができやすい場所でもあります。

ニキビができてしまう原因は?

思春期のニキビは、皮脂の過剰分泌が原因でできることが多いですが、大人ニキビはそれ以外に、年齢による体の変化に伴って発生することがあります。

大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの分泌のピークは20代の半ば頃と言われています。20代の後半からは少しずつ女性ホルモンの分泌が減少していきます。女性ホルモンには、お肌の水分量を維持する働きがありますので、その頃から少しずつ肌の乾燥に悩む人も増えてきます。

ホルモンバランスの乱れが起こりやすくなるこの頃から、肌の水分量の減少に伴い肌のターンオーバーの機能が低下し始めます。肌の新陳代謝が滞り、古い角質細胞がはがれずに毛穴を詰まらせて、大人ニキビを作ってしまうことがあるのです。

また、アレルギーや季節の変わり目、生理前などで肌が敏感になっている時は、ニキビができやすい時期でもあります。

メイク汚れ、ヘアケア剤などのニキビの外的要因

ホルモンバランスの乱れのほかにも、次のような原因でニキビができることがあります。

髪の毛、髪に付着したヘアケア剤・整髪料との接触

シャンプー、トリートメントなどが十分に落としきれずに髪に付着して残り、それが皮膚に接触してニキビができることがあります。シャンプーやトリートメントなどはしっかり洗い流して、整髪料も刺激の少ないものに変えとよいでしょう

不十分な洗顔で毛穴に残ったメイク汚れの残留

洗顔料が流しきれず顔に残ることで菌が増殖しやすくなり、ニキビの原因になっている可能性があります。メイクはもちろん、顔に付着した洗顔料はしっかり落としきることが大事です。

メイク道具に付着した汚れ

メイク道具も汚れたまま使用していると、増殖した菌が直接肌に触れてしまうことになります。特にファンデーションのスポンジ、パフ、フェイスブラシは直接肌に触れるので、清潔に使うようにしましょう。

枕カバーの汚れ

メイク以外にも、ニキビの原因となるものとして枕カバーがあります。睡眠中、顔に長時間触れる枕カバーは定期的に交換し、清潔なものを使うようにしましょう。

洗顔ブラシ、角栓ケアなどの強い刺激

洗顔ブラシの使用や、過度なピーリング、シートで剥がす角栓ケアが肌の負担になり、ニキビができることもあります。鼻の周りなどは、特にフェイスケアを念入りに行う人も多いですが、ニキビが気になる方は強い刺激を与えないようにしましょう。

これで撃退!ニキビを減らす方法

ホルモンバランスの乱れは、加齢に伴い起こる現象なので自分でコントロールすることは困難です。しかし、その他の原因によるものは、正しい対処をすることで未然にニキビの発生を防ぎ、あるいは減らすことも可能です。

正しい洗顔習慣

Tゾーンなど皮脂分泌が多い部位に、何度も繰り返しニキビが出来てしまうようでしたら、洗顔やメイク落としが十分でない可能性があります。また、洗顔やスキンケアの際に、肌に強い刺激を与えてもニキビの原因になりますので、お肌は優しくを扱うようにしましょう。

おすすめの洗顔方法

洗顔料はよく泡立てて、その泡で顔を包み込むように優しく丁寧に洗いましょう。その際に肌を強い力でこすったり、圧力をかけないように注意しましょう。

洗い終わったら、ぬるま湯で洗顔料の泡を丁寧に洗い流します。洗い残しはニキビの原因にもなりますので、丁寧にしっかりと洗い流すように気を付けましょう。

泡立て用のアイテムの利用

洗顔料を手で泡立てるのが難しい人は、液体の洗顔料でしたら泡で出るポンプに入れ替えたり、石鹸泡立て用のネットなどのアイテムを利用するとよいでしょう。

生活習慣でニキビを減らす

ニキビは、次のような生活習慣が原因で出来ることもあります。思い当たる習慣があるようでしたら、できるだけ改善してニキビの予防につとめしょう。

睡眠不足

睡眠不足はホルモンバランスの乱れを招きます。ニキビを作らないためにも、なるべく決まった時間に就寝し起床する習慣をつけ、1日7時間以上の睡眠を確保しましょう。

食事内容の偏り

脂肪・糖質過多の食事は、皮脂の過剰分泌と糖化による肌の硬化を招き、ニキビが出来やすくなります。栄養バランスを考慮し、意識して健康な肌の材料になる良質なたんぱく質をしっかりとるようにしましょう。
口やアゴのあたりのニキビは、内臓の不調が原因でできることがあります。これらの部位にニキビができたら、普段の食事内用を見直してみてください。

アルコール・タバコ

アルコール類やタバコは、肌のコラーゲン組織の生成を助けるビタミンCを大量に消費してしまいます。できるだだけ、アルコール・たばこの量を減らして、食事やサプリでビタミンCを補給しましょう。

肌の乾燥

エアコン、パソコンなどが原因で部屋が乾燥している時は、加湿器やスチーマーなどを活用して、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。普段のスキンケアの際にも保湿を特に心がけるようにしてみください。

手指で顔を触るクセ

手指には、意外にたくさんのばい菌・細菌が付着しています。顔の皮膚には必要以上に手で触れないようにしましょう。

便秘

腸内環境を整えて便秘を解消することは、ニキビや肌トラブル解消に大変効果があります。オリゴ糖、プロバイオティクスなど腸内環境に良いものを積極的に摂取しましょう。また運動や腸もみなど、しっかり腸を動かしてあげることも重要です。

お薬や美容皮膚科でニキビを減らす方法

ニキビができた後、一番注意しなければならないのは、ニキビ痕や色素沈着を残さないようにすることです。

ごく小さくて炎症もないニキビでしたら、自然に治ることはよくあります。しかし、炎症を伴うニキビの場合、放置してしまうと治りが悪くなり、ニキビ痕になったりや色素沈着を起こしてしまう恐れがあります。

ニキビをキレイに治すためには、専門医がいる美容皮膚科で治療を受ける方法も有効な選択肢となります。

美容皮膚科では、ニキビを作らないための生活改善のアドバイスのほか、医学的なアプローチによるケミカルピーリング、光治療、レーザー治療など、その人に合った美容医療を行い、ニキビができにくい肌質へと変えていきます。

ニキビ治療は、一部保険適用がきくものもあります。ニキビに悩んでいる人は相談をかねて美容皮膚科の診察を受けてみることをおすすめします。

やってはいけない対処方法

ニキビができたら、やってはいけないことがあります。ニキビを悪化させる可能性がある次のような行為をしないように気を付けましょう。

ニキビをつぶす

ついやってしまいがちですが、ニキビをつぶしたり触ったりすると、ニキビの周囲の皮膚を傷つけ炎症を悪化させ、ニキビ痕にもなりやすくなります。

また、肌の基底層(角質の最下部にあり新しい肌を生み出すところ)まで傷つけると、皮膚の再生が出来なくなりその部分の皮膚が陥没してしまうこともあります。

ファンデーションやコンシーラーでニキビを隠す

これもありがちですが、目立つニキビの赤みを隠そうとファンデーションやコンシーラーで厚塗りしてして隠すこともやめましょう。ニキビができたらメイクはしないのが一番ですが、そうもいかない場合は、低刺激の敏感肌用のファンデなどで薄くメイクすることをおすすめします。

ニキビは生活習慣の改善と正しい知識で予防しよう

ニキビの原因や、ニキビを防ぐための生活習慣など、ニキビを予防し減らすための方法などについてご案内してきました。

ニキビに悩む人で、もしも原因に思い当たることがありましたら、ニキビを予防して減らす健康的な生活習慣に切り替えてみてはいかがでしょうか。

0
TagKeywordこの記事のタグ