頑固なクマ・たるみを撃退して、老け顔を卒業!優秀コスメ4つ教えます

目の下にたるみ・クマがあると、疲れている見えるだけでなく、年齢以上に老けて見えてしまいます。人の視線が集まりやすい目の近 … 続きを読む 頑固なクマ・たるみを撃退して、老け顔を卒業!優秀コスメ4つ教えます

この記事は約7分で読み終わります。

目の下にたるみ・クマがあると、疲れている見えるだけでなく、年齢以上に老けて見えてしまいます。人の視線が集まりやすい目の近くにあるだけに気になります。

今回は、目の下のたるみ・クマができる原因、解消法などについてご案内いたします。元気で若々しく見える目元を維持するために、ご参考にしてみてください。

目の下のクマやたるみの種類と原因とは?

クマやたるみは老化現象と思ってあきらめている人も多いですが、すべてが老化が原因とは限りません。スキンケアやマッサージで改善・解消が可能なケースもあります。

目のクマは「黒」「茶」「青」の色で分類される3つの種類があります。それぞれクマができた原因や特徴が異なります。また、クマとの関係が深い「たるみ」を加え、それぞれについて確認してみましょう。

黒クマ

黒クマは、加齢に伴って皮膚の内側のコラーゲン組織が減縮して目の下の皮膚がたるんで窪みができ、そこに影ができて黒く見えるクマです。そこにむくみが加わると肌の落ちくぼみが大きくなり黒クマが目立ってしまいます。

判別法:顔を上向きにすると目立ちにくくなる特徴があります。

茶クマ

茶クマは、主に色素沈着が原因でできるクマです。日焼けしてできたシミと同様に、紫外線により皮膚組織内にメラニン色素が生成されて茶色くなるほか、メイクやスキンケア・かゆみなどで皮膚を強くこするなど外的刺激で色素沈着が生じることもあります。

判別法:色素沈着なので、その部分に刺激を与えても、色が変わったり薄くなることはありません。

青クマ

目の下の皮膚は薄いので、毛細血管の色が皮膚の色に影響を与えます。青クマができるのは、目の下の毛細血管の血行が悪く血液内の酸素が減少し血液が青黒くなっているからです。主に睡眠不足、眼精疲労、疲れ、ホルモンバランスの乱れでもできます。しかし、青クマは一番対処しやすいクマです。血流を良くすることでクマを改善することが可能です。

判別法:皮膚を伸ばすと一時的に薄くなります。

たるみ

たるみは、加齢に伴い眼輪筋という目を囲む表情筋が衰えて、眼輪筋が支えられなくなった皮膚組織が下に垂れて目立つようになる現象です。また、皮膚組織内のコラーゲンが減少して肌のハリがなくなるとできやすくなります。たるみは、黒クマといっしょに現れることが多く、老け顔に見られる大きな原因の1つです。

クマやたるみを作らない!生活習慣とは?

下記のような生活習慣が、クマやたるみを作る原因になると考えられています。毎日の習慣が将来のエイジングへ大きく影響します。もしも該当している行為がありましたら生活習慣を見直してみましょう。

パソコン・スマホの連続利用はほどほどに

長時間のパソコン・スマホの利用で目のまばたき回数が減って眼輪筋の運動が少ないことがたるみに影響し、黒クマができやすい要因にもなります。連続して長時間パソコン・スマホを使用しないようにしましょう。

パソコン・スマホを利用するときは、目のために1時間に5分以上休憩するようにしましょう。また、まばたき回数が少なくなっている可能性があるので、時々大きく目を開いたり閉じたりして眼輪筋を動かすようにしましょう。

ホットアイマスク・蒸しタオルで目を温める

仕事・勉強・読書・パソコン・スマホ操作などで、目に長時間にわたって負担をかけると、眼輪筋がこって目の下の毛細血管内の血流が悪くなることがあります。血流悪化は血液内の酸素不足を引き起こし青クマの原因にもなります。

眼精疲労を感じたら、目の周囲の血行をよくするするために、ホットアイマスクや蒸しタオルなどで目やその周囲を温めることをおすすめします。

睡眠時間を十分とる

睡眠不足や生活習慣の乱れは、ホルモンバランスの乱れを招き、血流の悪化やお肌のコンデイション悪化につながります。肌組織の水分・コラーゲンの生成に影響するので、黒クマ、青クマの原因にもなりますので注意が必要です。

なるべく毎日、決まった時間に就寝・起床するようにし、健康・美容に良いと言われる1日7時間以上の睡眠をとるようにしましょう。

たんぱく質・ビタミンCを摂る

目の下のクマ・たるみは、肌のコラーゲン組織が減少して起こることがあります。コラーゲン生成を促進し、健康な肌を維持するのに必要な栄養素が不足している可能性があります。

⇒ 良質なたんぱく質(肉・魚・卵・チーズなど)を積極的に摂りましょう。また、コラーゲン組織の生成に必要なビタミンCを食事やサプリでしっかり摂取しましょう。また、青クマは鉄分不足で生じることもあります。鉄分を多く含む食品も摂ると良いでしょう。

むくみを解消する

黒クマに悩んでいる人の場合、顔がむくむと目の下の落ちくぼみが強調されてしまい、黒クマをさらに目立たせます。

⇒ アルコールを控え、塩分の摂りすぎに注意しましょう。また、余分な塩分を輩出するカリウムを含む食品(バナナ・アボカド・ほうれん草など)や、体の水分量を調整するサポニンを含む食品(あずき・大豆など)をとることをおすすめします。

目の周りの皮膚は特に優しく扱う

日頃のメイク、マッサージ・クレンジング・洗顔などのスキンケアの際、また花粉症の時期などに目のかゆみを感じ時などに、目の周りの皮膚を強くこすって過度な刺激を与えると、色素沈着が起きて茶クマができる原因にもなります。

⇒ スキンケアやメイクの際には、肌をなるべくこすらずに、優しく丁寧に扱うようにしましょう。目の下の皮膚は薄くてデリケートなので、他の顔の部分以上に注意深く扱うことが大切です。

マッサージで解消する方法

目の下のクマ・たるみの解消に効果的で簡単にできるマッサージをご紹介いたします。毎日のスキンケアの際に取り入れて、眼輪筋のコリをほぐし、血流を良くするように続けていただくことをおすすめします。

目のクマやたるみに効くツボマッサージ

目の周囲には、血流を改善してクマやたるみの解消に効果が期待できるツボがあります。下記に記載したツボを刺激してみましょう。

①太陽(たいよう):こめかみからやや目尻に近いところにある小さなくぼににあるツボ

②承久(じょうきゅう):目の下の骨のすぐ上にあるツボ

③清明(せいめい):目頭からわずかに内側にある骨の際のくぼみにあるツボ

④四白(しはく):瞳から真下、骨のきわから親指の幅ほどのところにある小さなくぼみにあるツボ。承久の少し下にある

押して気持ち良いぐらいの力加減で刺激しましょう。

ツボを意識した目のマッサージ

太陽 ⇒ 承久 ⇒ 清明 ⇒ 太陽 の順番で目尻から目頭を通り目の上に沿って目尻にと、目の周囲を一周するようにマッサージしましょう。

マッサージする際には、マッサージオイル・クリームなどのマッサージ剤を使いましょう。肌をこすらずに刺激を与えないように注意しながら指先や指の腹を使って優しく行います。

クマやたるみが気になる方へおススメ化粧品

ドクターソワ:フラーレン・APP-Cフラセラム

APP-Cフラセラム

一般的なビタミンC誘導体の100倍以上の浸透力の超浸潤型ビタミンC美容液です。フラーレン・レチノール・αリポ酸などの抗酸化・エイジングケア成分を配合。クマ・くすみ・たるみを改善したい人にお試しいただきたい製品です。

ドクターソワ:ホワイトニング・スノーホワイト

ホワイトニング・スノーホワイト

美白有効成分「アルブチン」とビタミンCの600倍と言われる抗酸化力をもつ「フラバンジェノール」のダブル使用で、白く輝くようなハリ・つやのあるお肌に導く薬用美白美容液です。目の下のクマ・クスミを解消したい人におすすめの製品です。

ジェロビタール:エボリューション・アドバンスドセラム

お肌にハリを与え、もちもちした弾力のある肌に導くエイジングケア専用に作られた目元ケアのための美容液です。目の下のたるみ・くぼみが気になるエイジング世代の女性におすすめする製品です。

ボナンザ:キラリエ・アイクリーム3

目の下のクマ・たるみの改善が期待できるアミノ酸ペプチド・保湿成分・目元ケア成分が配合されたアイクリームです。チューブにたっぷりの量入りで低価格設定も魅力です。コストを抑えて効果のあるアイケアを続けたい人におすすめする製品です。

クマ・たるみケアは早めにこつこつと

クマ・たるみは老化現象だから仕方ないと諦めてしまうのは早計です。しっかりしたアイケアと目を大切にする生活習慣を身に着けることで、改善・解消も可能です。

若々しい自信の持てる目元を手に入れてるために、今回ご紹介した情報を是非ご活用してみてください。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ