失敗しない美容オイルの選び方や使い方

美容オイルを使ったスキンケアが、注目されています。 でも、美容オイルというから、ベタベタしないの?どのように使ったらよい … 続きを読む 失敗しない美容オイルの選び方や使い方

この記事は約8分で読み終わります。

美容オイルを使ったスキンケアが、注目されています。

でも、美容オイルというから、ベタベタしないの?どのように使ったらよいの?どんな種類があるの?と疑問点がたくさんあるでしょう。

今回は、失敗しない美容オイルの選び方や使い方を教えます

美容オイルとは

美容オイルの選び方と使い方

まず、美容オイルとは一体何でしょうか。

美容オイルは、スキンケア・ボディケア・ヘアケアなど、肌や髪のお手入れに使われるオイルのことを言います。

ここでは、スキンケアに利用できる美容オイルについてご案内いたします。

少し前までは、一般的にオイルを単体で使うスキンケアといえば、「オイルクレンジング」「オイルマッサージ」がメインで、使用後にオイルはふき取るものとされてきました。

しかし、今では優れた美肌効果が期待できる美容オイルの存在が認められるようになり、美容に関心が高い方を中心に、スキンケアアイテムの1つとして使われるようになりました。

美容オイルの主な効果

美容オイルを使うことで、以下のようなスキンケア効果を期待できます。

  • 〇お肌の保湿効果
  • 〇毛穴に詰まった皮脂や汚れを取る
  • 〇肌のバリア機能を強化する
  • 〇お肌の角質層の新陳代謝を促す
  • 〇オイル固有の美容成分による美肌効果



美容オイルの種類

美容オイルには、主に石油由来の材料で作った「ミネラルオイル」と、天然の植物から抽出した「植物性オイル」、サメや馬などの動物の脂を原料とする「動物油脂」があります。

石油由来の成分は皮膚の敏感な方がかぶれを起こしたりすることがあります。

美容オイルとしては、植物由来の植物性オイルや動物油脂をおすすめします

各美容オイルについて、簡単に以下で説明します。

植物性オイル

植物の種子・実などから抽出したオイル
例:ホホバオイル、アルガンオイル、スイートアーモンドオイル、ローズヒップオイルなど

動物性オイル

動物を原料とするオイル
例:スクワランオイル、馬油など

ミネラルオイル

石油を精製して作ったオイル
例:ベビーオイルなど

各美容オイルの特徴

植物性オイルと動物性オイルは、それ自体にビタミン・ミネラル・フラボノイドなど多様な栄養と美容成分を含むものが多いです。

つまり、お肌に栄養を与えながらスキンケアができるオイルです。

ミネラルオイルは、美容成分などは含みませんが、伸びの良さと肌に浸透しない特製を活かして、顔や全身のマッサージに利用されています。

美容オイルの製造法

ちょっと専門的にはなりますが、美容オイルの中から、植物オイルの製造法についてみていきましょう。

知っておいて損はありませんので、美容オイルを選ぶ際の参考にしてください。

植物オイルは、通常「圧搾(あっさく)法」により作られます。

70度以下の温度で圧搾する製法を低温圧搾法、70度超~100度を超える温度に加熱して圧搾する製法を高温圧搾法といいます。

低温圧搾法で作られたオイルは、熱による変性が少なく植物固有の美容成分が自然な状態で残っているものが多いです。

高温圧搾法では、熱でオイルにもともと含まれる美容成分が変性してしまうこともあります。

植物オイル由来の美容成分に期待して美容オイルを選ぶなら、低温圧搾法で作られたものが良いでしょう

スキンケアでおすすめの美容オイル

スキンケアにおすすめの美容オイル

スキンケアによく利用されるオイルの中で、おすすめする美容オイルについて紹介します。

ホホバオイル

厳密にはオイルではなく樹脂(ワックス)に分類されます。

ホホバオイルはメキシコなどの砂漠に自生するホホバという植物の種子や実から取れる油脂です。

その他の植物油脂と比べても酸化しにくく、安定して保存期間が長いという性質があります。

また、成分の分子構造が人の肌と似ていることから、継続して使用してもかぶれなどのトラブルを起こしにくいため、敏感肌の方が初めて使う一本として最適といえるでしょう。

アルガンオイル

アフリカのモロッコの砂漠地帯に育つアルガンツリーの種子のオイルです。

ビタミンE、オレイン酸が豊富な非常に美肌効果が高い美容オイルとして知られています。

比較的高価なオイルですが、少量でもしっかりお肌の保湿ケアができます

比較的酸化しにくいオイルです。

アーモンドオイル

ビタミンE、オレイン酸が豊富な美肌効果が高いオイルです。

サラっとしていて肌への浸透性が高いオイルです。

保湿・お肌を柔らかくする効果が期待できます。比較的酸化しにくいオイルです。

アーモンドオイルは、敏感肌の方でも使えるほど低刺激なので、顔だけでなく、ボディマッサージ用としても使えるマルチなオイルです

無臭でさらっとした使い心地で、浸透力も抜群なので、一本持っていると乾燥が気になる季節にはとても重宝します。

ローズオイル

白く輝く陶器肌に導くビタミンCが豊富なオイルとして知られています。

また、シミ・シワ・毛穴が気になる人にも人気のオイルです。

さらにローズの上品で華やかな香りも特徴です。

ローズの品種によっても香りが異なり、自分が好きな香りの品種を選んで使えば香水のように好きな香りを楽しむこともできます。

因みに、ローズオイルの中で、ローズヒップオイルは非常に酸化しやすいので、日光を避けるため使用時間帯は夜だけとし、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

スクワランオイル

サメの肝油を原料とするスクワランオイルです。

サラっとして伸びが良く保湿効果が高いオイルです。

人の体内でも生成されている成分なので刺激が少なく肌なじみの良いのが特徴です。

また、酸化しにくいオイルです。

美容オイルのオイルを効果的に使うタイミング

美容オイルを使う効果的なタイミング

美容オイルを肌の乾燥対策としてスキンケアに取り入れる場合に、効果的に使用するタイミングについてご案内いたします。

具体的な使用手順

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 美容オイル  ← ココがおすすめ!
  4. 化粧水
  5. 乳液
  6. 美容オイル  ← ココがおすすめ!
  7. クリームなど

上記のタイミングで美容オイルを使用する際に、フェイスマッサージを行うのも効果的です。

オイルはふき取らずに、そのままスキンケアを続けていきましょう

保湿スキンケア前のブースターとして使用

美容オイルには肌の角質細胞を柔らかくする効果があります

化粧水による保湿ケアの前に使用すると美容オイルがブースターの役割を果たし、肌に保湿成分が入りやすくなります。

保湿スキンケア後のフタとして使用

保湿スキンケア後に使用すると、美容オイルがフタの役割を果たし、水分が肌から蒸発することを防ぎます。

肌の角質層の水分量をアップさせ、肌のバリア機能を高める効果が期待できます

美容オイルで失敗しないために

失敗しない美容オイルの使い方

美容オイルは保湿効果に優れたスキンアイテムですが、誤った使用法をすると逆にお肌に良くない影響を与えることがあります。

美容オイルを使う際に注意いただきたいことをご案内します。

酸化したオイルは使用しない

美容オイルが酸化すると肌に有害な過酸化脂質が発生し、スキンケアに使うとシミや吹き出物などの肌トラブルが起きることがあります。

美容オイルはなるべく早めに使い切るように心がけ、冷暗所で保管するようにしましょう

色や臭いが変わるなど異常を感じたら、使用はやめましょう。

酸化しやすいオイルの昼間の使用は避ける

ローズヒップオイルなど酸化しやすいオイルは、酸素との接触のほか、太陽光でも酸化が進みます。

日中のスキンケアでの使用は避けて、夜のスキンケアでのみ使うようにしましょう

肌に合わない場合はすぐに使用を中止する

「天然成分100%」「オーガニック」のオイルであっても、体調や体質によって肌の炎症やかぶれを起こすことがあります

また、成分に反応して皮膚アレルギーを発症することもあります。

使用し続けると、シミや跡になる恐れがありますので、お肌に異常が現れたら使用をすぐに中止して、皮膚科医の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

美容オイルはベタつきそうだからと敬遠している人も多いようです。

しかし、美容オイルは意外とサラっとした使い心地のものが多いです。

実際に美容オイル使った人の多くが、オイルの美容効果によってお肌が潤って柔らかくなるなど、嬉しい変化を感じています

いつものスキンケアの手順に簡単に組み込むことができるので、気になる方はこれを機に美容オイルをお試しいただいてはいかがでしょうか。

キレナビ編集部美容ライター
  • この記事の監修者
  • キレナビ編集部 美容ライター
  • 日々、美容について研鑽し、女性の皆様が自分らしい美しさを手に入れられるように記事を書いています。この記事で少しでも新たな美容の世界が開かれればと思います。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

0
TagKeywordこの記事のタグ