スキンケアで肌質改善!美容オイルの種類や正しい選び方とは?

美容オイルを使ったスキンケアが、乾燥肌対策に効果があると、注目されています。保湿スキンケアを毎日しっかり行っているのに、 … 続きを読む スキンケアで肌質改善!美容オイルの種類や正しい選び方とは?

この記事は約7分で読み終わります。

美容オイルを使ったスキンケアが、乾燥肌対策に効果があると、注目されています。保湿スキンケアを毎日しっかり行っているのに、乾燥が改善されなくて悩んでいる人におすすめしたい、美容オイルを使った効果的な保湿スキンケアについてご紹介いたします。

美容オイルとは

美容オイルは、スキンケア・ボディケア・ヘアケアなど、肌や髪のお手入れに使われるオイルのことを言います。ここでは、スキンケアに利用出来る美容オイルについてご案内いたします。

少し前までは、一般的にオイルを単体で使うスキンケアといえば、「オイルクレンジング」「オイルマッサージ」がメインで、使用後にオイルはふき取るものとされてきました。

しかし、今では優れた美肌効果が期待できる美容オイルの存在が認められるようになり、美容に関心が高い方を中心に、スキンケアアイテムの1つとして使われるようになりました。

美容オイルの主な効果

美容オイルを使うことで、このようなスキンケア効果を期待できます。

〇お肌の保湿効果
〇毛穴に詰まった皮脂や汚れを取る
〇肌のバリア機能を強化する
〇お肌の角質層の新陳代謝を促す
〇オイル固有の美容成分による美肌効果

美容オイルの種類

美容オイルはたくさんありますが、原料の違いにより3つ種類に分けられます。また、植物性オイルは製法による違いもあります。

原料の違いによる種類

植物性オイル

植物の種子・実などから抽出したオイル
例:ホホバオイル、アルガンオイル、スイートアーモンドオイル、ローズヒップオイルなど

動物性オイル

動物を原料とするオイル
例:スクワランオイル、馬油など

ミネラルオイル

石油を精製して作ったオイル
例:ベビーオイルなど

植物性オイルと動物性オイルは、それ自体にビタミン・ミネラル・フラボノイドなど多様な栄養と美容成分を含むものが多く、お肌に栄養を与えながらスキンケアができるオイルです。ミネラルオイルは、美容成分などは含みませんが、伸びの良さと肌に浸透しない特製を活かして、顔や全身のマッサージに利用されています。

製造法の種類

植物オイルは、通常「圧搾(あっさく)法」により作られます。

70度以下の温度で圧搾する製法を低温圧搾法、70度超~100度を超える温度に加熱して圧搾する製法を高温圧搾法といいます。低温圧搾法で作られたオイルは、熱による変性が少なく植物固有の美容成分が自然な状態で残っているものが多いです。

高温圧搾法では、熱でオイルにもともと含まれる美容成分が変性してしまうこともあります。植物オイル由来の美容成分に期待して美容オイルを選ぶなら、低温圧搾法で作られたものが良いでしょう。

代表的な美容オイルの種類

スキンケアによく利用されるオイルの中で、代表的なものをご紹介いたします。

ホホバオイル

厳密にはオイルではなく樹脂(ワックス)に分類されます。サラっとしていて伸びやすいオイルです。ホホバオイルの成分は人の皮脂の成分に似ているため、肌馴染みが良いのが特徴です。肌への刺激も少なく、保湿力に優れ、酸化しにくいオイルです。

アルガンオイル

アフリカのモロッコの砂漠地帯に育つアルガンツリーの種子のオイルです。ビタミンE、オレイン酸が豊富な非常に美肌効果が高い美容オイルとして知られています。比較的高価なオイルですが、少量でもしっかりお肌の保湿ケアができます。比較的酸化しにくいオイルです。

スイートアーモンドオイル

ビタミンE、オレイン酸が豊富な美肌効果が高いオイルです。サラっとしていて肌への浸透性が高いオイルです。保湿・お肌を柔らかくする効果が期待できます。比較的酸化しにくいオイルです。

ローズヒップオイル

ローズヒップは、ビタミンCの爆弾とも呼ばれるローズヒップの実のオイルです。白く輝く陶器肌に導くビタミンCが豊富なオイルとして知られています。また、シミ・シワ・毛穴が気になる人にも人気のオイルです。非常に酸化しやすいので、日光を避けるため使用時間帯は夜だけとし、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

スクワランオイル

サメの肝油を原料とするスクワランオイルです。(オリーブオイルを原料とする同名のオイルもあります)サラっとして伸びが良く保湿効果が高いオイルです。人の体内でも生成されている成分なので刺激が少なく肌なじみの良いのが特徴です。酸化しにくいオイルです。

オイルを使う際のタイミングは

次に、美容オイルを肌の乾燥対策としてスキンケアに取り入れる場合に、効果的に使用するタイミングについてご案内いたします。

美容オイルを効果的に使うタイミング

【保湿スキンケア前のブースターとして使用】
美容オイルには肌の角質細胞を柔らかくする効果があります。化粧水による保湿ケアの前に使用すると美容オイルがブースターの役割を果たし、肌に保湿成分が入りやすくなります。

【保湿スキンケア後のフタとして使用】
保湿スキンケア後に使用すると、美容オイルがフタの役割を果たし、水分が肌から蒸発するのを防ぎます。肌の角質層の水分量をアップさせ、肌のバリア機能を高める効果が期待できます。

具体的な使用手順

①クレンジング

②洗顔

③美容オイル  ← ココ!

④化粧水

⑤乳液
 
⑥美容オイル  ← ココ!

⑦クリームなど

上記のタイミングで美容オイルを使用する際に、フェイスマッサージを行うのも効果的です。オイルはふき取らずに、そのままスキンケアを続けていただけます。

美容オイルをこう使うとデメリットも

美容オイルは保湿効果に優れたスキンアイテムですが、誤った使用法をすると逆にお肌に良くない影響を与えることがあります。美容オイルを使う際に注意いただきたいことをご案内します。

酸化したオイルは使用しない

オイルが酸化すると肌に有害な過酸化脂質が発生し、スキンケアに使うとシミや吹き出物などの肌トラブルが起きることがあります。オイルはなるべく早めに使い切るように心がけ、冷暗所で保管するようにしましょう。色や臭いが変わるなど異常を感じたら、使用はやめましょう。

酸化しやすいオイルの昼間の使用は避ける

ローズヒップオイルなど酸化しやすいオイルは、酸素との接触のほか、太陽光でも酸化が進みます。日中のスキンケアでの使用は避けて、夜のスキンケアでのみ使うようにしましょう。

肌に合わない場合はすぐに使用を中止する

「天然成分100%」「オーガニック」のオイルであっても、体調や体質によって肌の炎症やかぶれを起こすことがあり、成分に反応して皮膚アレルギーを発症することもあります。使用し続けると、シミや跡になる恐れがありますので、お肌に異常が現れたら使用をすぐに中止して、皮膚科医の診察を受けることをおすすめします。

スキンケアにおすすめの美容オイル


毎日のスキンケアに取り入れたい美肌効果が期待できるおすすめの美容オイルをご紹介いたします。

ゴールデンホホバオイル

低温圧搾法により作られた、無添加100%のホホバオイルです。すっと伸びやすいオイルなので、スキンケア、ヘアケア、全身のボディケアに使用できます。酸化しにくく刺激が少ないオイルなので、敏感肌の人にもおすすめのオイルです。

アルガンオイル・未精製・オーガニック

アルガンオイル100%無添加のオイルです。そのままでも、他のオイルとブレンドしても、エッセンシャルオイルを希釈するキャリアオイルとしても使用できます。高い美肌効果がある美容オイルをお探しの方におすすめです。

スクワランヴァージンエッセンス

深海ザメの肝油から作られた高純度で質の高い無添加のスクワランオイルです。ほんの1滴ですっと肌に伸びお肌に潤いを与えます。オイルなのにべたつかずサラっとした使い心地です。乾燥肌に悩んでいる人、敏感肌の人にもおすすめの美容オイルです。

まとめ

スキンケア、特に保湿効果に優れた美容オイルの種類、効果的な使い方、おすすめの美容オイルなどについてご案内してきました。

オイルはベタつきそうだからと敬遠している人も多いようです。しかし、美容オイルは意外とサラっとした使い心地のものが多いです。

実際に美容オイル使った人の多くが、オイルの美容効果によってお肌が潤って柔らかくなるなど、嬉しい変化を感じています。

いつものスキンケアの手順に簡単に組み込むことができるので、気になる方はこれを機に美容オイルをお試しいただいてはいかがでしょうか。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ