赤くポツポツできる胸ニキビ!原因は下着にあった!?

気づくと胸元やデコルテにポツポツとできる赤いニキビ。胸の開いた服を着ても、清潔感が失われて、せっかくのおしゃれも台無しで … 続きを読む 赤くポツポツできる胸ニキビ!原因は下着にあった!?

この記事は約7分で読み終わります。

気づくと胸元やデコルテにポツポツとできる赤いニキビ。胸の開いた服を着ても、清潔感が失われて、せっかくのおしゃれも台無しですよね。そこで今回は、胸や身体にできるニキビの原因や対処法などについて詳しく解説します。

ニキビが身体にできる原因

胸や背中の中央部分は、もともと皮脂腺が多い場所。そのため、皮脂分泌が盛んでニキビができやすい特徴があります。また、胸は谷間に汗をかきやすいのも原因のひとつ。

しかし、その他にも次のような原因が挙げられます。

【内的要因】ホルモンバランスの乱れ

思春期にできるニキビは皮脂の過剰な分泌が原因。一方、大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れが大きな原因と考えられています。

もともと女性は、生理や妊娠によってホルモンバランスの調整が難しく、生理前などにニキビができやすいと感じている方は多いですよね。さらにストレスや不規則な生活、バランスの悪い食生活などによって、ホルモンバランスは乱れやすくなってしまいます。

また、睡眠中は肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが多く分泌されるため、寝不足に陥ると、ニキビや肌荒れを起こしやすくなる傾向に。このようにホルモンバランスの乱れは、顔だけでなく胸などの身体にもニキビをできやすくしてしまいます。

【外的要因】衛生環境

そもそもニキビは、毛穴が角栓で詰まってふさがり、そこへ皮脂が溜まるのが原因。毛穴が健康であれば、古くなった角層は皮脂と一緒に排出されます。

しかし、次のような衛生面の環境が原因で、そのはたらきが阻害されてしまい、ニキビができてしまうことも少なくありません。

・肌に合わないボディソープやシャンプー、ボディクリーム
肌に合わないケア用品を使っていると、肌が荒れて角質層が厚くなり、ニキビができやすくなってしまいます。

・下着やインナーの刺激
通気性の悪いブラジャーなどの下着は、蒸れて肌に汗がそのまま残ってしまい、ニキビの原因になることも。また、レース部分がチクチクと皮膚を刺激することも、ニキビができやすくなる原因のひとつです。

・髪の毛先が肌に触れる
ロングヘアの方が胸元の開いた服を着ると、スタイリング剤やトリートメント剤がついた毛先が胸やデコルテに触れやすく、刺激になってしまうことも。

・ゴシゴシと洗いすぎる、しっかり洗えていない
入浴の際に強く洗いすぎると、肌を守る成分まで落としてしまい、肌の持つバリア機能が低下し、ニキビができやすい肌環境に。逆にしっかり洗えていないと、余計な皮脂が肌に残ってしまい、ニキビの原因となってしまいます。

ニキビ跡にしないために大切なこと


つづいては、注意していたけれどできてしまった胸のニキビを跡にしないためのポイントについて解説しましょう。

触らない

まずは触らないことが鉄則です。

きれいに見えても、手には数多くの雑菌が存在しています。そんな手で触ったらどうなるか、お分かりですよね。ニキビは悪化の一途を辿り、腫れたり膿を持ったりしてしまうことも。

また、早く治したい気持ちから、スクラブやピーリングなどで過度にケアするのも禁物です。肌のバリア機能を低下させ、悪化したり跡が残ったりしてしまいかねません。できてしまった胸のニキビは、必要以上に触らないことを意識しましょう。

つぶさない

とくにニキビが膿を持つと、思わずつぶしたくなってしまいます。しかしつぶすのはNG。肌が大きなダメージを受けて色素沈着を引き起こしたり、クレーター状になったり、跡に残りやすくなってしまいます。

そのような強いダメージを受けてできたニキビ跡は、セルフケアで治すのは難しく、後々後悔してしまうことにもなりかねません。炎症を起こして膿を持ったニキビはつぶさずそのままにしておくか、気になるようであれば皮膚科に相談するとよいでしょう

代謝を促進させる薬を塗る

胸にできたニキビをできるだけ早く治すには、肌の代謝を促す薬を塗るのが効果的。
皮膚科で処方されたものであれば成分濃度も高く、治りも早いのでおすすめです。

また、ドラッグストアにはさまざまなニキビの市販薬が販売されていますが、自己流で薬を塗るのは危険なことも。ニキビだと思っていたら、別の皮膚炎だったというケースもあるため、気になるようであれば皮膚科を受診する方がよいでしょう。

とはいえ、突然できたニキビをとりあえず落ち着かせたい、という場合もありますよね。そんなときは、夜お風呂上がりにオロナインをつけるのがおすすめです。強く塗り込む必要はなく、軽くつける程度でOK。

昔から家庭で活躍してきたオロナインは、吹き出物やニキビにも効果があるとされています。一晩で完治は難しいものの、症状が落ち着くことも少なくありません。

ニキビを胸や身体に作らせない改善策

最後に、胸にニキビを作らせないために気をつけたいポイントをご紹介しましょう。

脂肪分や糖分の多い食品を控える

チョコレートや揚げ物といった脂肪分、糖分の多い高カロリーな食品は、皮脂の過剰な分泌を招き、ニキビができやすくなってしまいます。摂りすぎに注意しましょう。

とはいえ、偏りの多い食生活では逆効果。無理な食事制限などはニキビだけでなく、健康を害するおそれもあるため、さまざまな栄養素をバランスよく摂ることを心がけましょう。

身につけるものに気を配る

身体を締め付けたり、蒸れやすかったりするような下着、インナーは胸のニキビの元。デザインだけではなく、フィット感や通気性にも着目して選ぶようにしたいですね。

とくに春夏は、通気性の高いコットンがおすすめです。冬でもしっかりと暖房が効いた空間で過ごす時間が長い人は、保温効果のある素材よりも適度に通気性のあるものを選びましょう。

また、ネックレスなどのアクセサリーの刺激や、ニットなどが肌に触れることなどでニキビの原因となることも。肌に直接触れるものは、慎重に選びたいですね。

肌のターンオーバーを整える

胸にニキビを作らない、ニキビができても早く治すためには、肌の新陳代謝であるターンオーバーを整えることが重要です。そのためには次の2点に注意しましょう。

乾燥を防ぐ

肌のターンオーバーが乱れる原因はさまざまあり、そのひとつに挙げられるのが乾燥。しかし、意外と乾燥のケアを間違っている人は少なくありません。

ニキビができないようにゴシゴシと洗ったり、皮脂を増やさないように保湿を控えたりといったケアは、じつは逆効果。いずれも乾燥を招き、ターンオーバーの乱れにつながります。

お風呂で洗う際にはあわ立てたソープで優しく洗う、入浴後はきちんと保湿することでバリア機能を回復させ、ターンオーバーを整えます。

規則正しい生活とバランスの良い食事を心がける

肌のターンオーバーを整えるには外側からだけでなく、内側からのケアも重要です。

とくに良質な睡眠は欠かせません。細胞の新陳代謝を促す成長ホルモンは、眠りについてから2〜3時間後に分泌されるといわれており、この時間帯に熟睡していることが重要。

良質な睡眠を妨げる原因となるアルコールやカフェインを多く摂取しすぎない、また、ブルーライトを発するスマホやパソコンを寝る前に見ないといった点に注意しましょう。

また、肌に影響を与えるタンパク質やビタミンC、B群を意識し、バランスの良い食事を摂取することも大切です。

まとめ

胸にできるニキビはホルモンバランスの乱れだけでなく、さまざまな原因で毛穴に角栓が詰まってしまうことが理由。できたニキビは触ったりつぶしたりせず、ひどい場合には皮膚科に相談しましょう。また、普段の食生活や身につけるもの、睡眠にも気を配り、胸にニキビができにくくしたいですね。

0
TagKeywordこの記事のタグ