お肌のシミを内側から対策!習慣にすると良い食べ物とは

気が付くと肌にシミができていて、スキンケアでもなかなか薄くならない!とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。そこで、シ … 続きを読む お肌のシミを内側から対策!習慣にすると良い食べ物とは

この記事は約7分で読み終わります。

気が付くと肌にシミができていて、スキンケアでもなかなか薄くならない!とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。そこで、シミを内側から対策・予防するのに効果的な食べ物についてまとめていきます。

シミに良い食べ物とは

まずは、シミに良いとされている食べ物についてご紹介しましょう。

ビタミンCとAを多く含む食べ物

たくさんの栄養素の中でも、特にシミ対策に効果的なのがビタミンCとビタミンAです。

ビタミンCには、シミの元となるメラニンの沈着を抑制し、さらにメラニン色素を還元してシミを薄くする働きが期待できるといわれています。また、ビタミンAは新陳代謝を促進する効果が期待でき、肌のターンオーバーを促してメラニンを排出させるといわれています。

では、具体的にそれぞれの栄養素はどのように摂取すればいいのでしょうか。

まず、ビタミンCは熱に弱い栄養素なので加熱せずに生のままで摂取することがおすすめです。また、水溶性なので一度に大量に摂取してしまうと尿と一緒に排出されてしまいます。

そのため、一日数回に分けて摂取するようにしてください。
ビタミンCは、レモンに多く含まれているイメージが強い栄養素ですが、実はイチゴやキウイ、トマト、キャベツなどにも多く含まれています。

一日三食、トマトやキャベツが含まれる生野菜サラダをプラスしたり、食後のデザートやおやつにイチゴやキウイを食べたりするなど、こまめにビタミンCが豊富に含まれる食べ物を摂取することがおすすめです。

続いてビタミンAについてですが、ビタミンAは鶏レバーやうなぎ、ほうれん草、小松菜、ニンジンに多く含まれる栄養素です。ビタミンCと比較すると、体外に排出されにくい栄養素のため、多少の摂りだめが可能です。

ハト麦

次におすすめの食べ物は、良質なたんぱく質を含んでいるハト麦です。

たんぱく質は、筋肉や内臓の細胞をつくる栄養素で体の土台となる大切な栄養素。そのたんぱく質が不足してしまうと、体だけでなく肌の新陳代謝も滞ってしまいます。

そのため、良質なたんぱく質を含むハト麦を摂ることで、肌の新陳代謝を促進してシミの原因となるメラニンの排出させる効果が期待できます。

ハト麦を手軽に摂るためにおすすめなのがハト麦茶です。ハト麦を炒って煮出すだけで簡単に作ることができます。ただし、ハト麦はわずかですが体を冷やす効果もあるため、冷え性に悩んでいる方はあまり多く摂りすぎないよう注意してください。

シミを予防する食べ物


次にシミを予防するのに効果的と言われる食べ物について、代表的なものをいくつかまとめていきます。

トマト

ビタミンCを多く含む食べ物の中でも紹介したトマトは、シミ予防に効果的な食べ物の代表ともいわれています。

トマトに含まれる栄養成分の「リコピン」は抗酸化作用が高く、メラニン色素の生成を促す活性酸素を抑制します。また、活性酸素は肌のターンオーバーを乱す効果もあり、リコピンの抗酸化作用によってターンオーバーを正常化し、シミを排出しやすくする効果も期待できます。

トマトの栄養素は皮に多く含まれるので、摂取する際は皮ごと食べるのがおすすめ。皮付きのままミネストローネにしたり、カプレーゼやサラダにしたりして効率よく摂取するようにしましょう。

ブロッコリー

ブロッコリーにはシミに良いとされるビタミンCだけでなく、抗酸化作用のあるビタミンEや赤血球の生成に大切な葉酸、さらに女性の多くが悩むむくみに効果的なカリウムなど、さまざまな栄養素がバランスよく含まれています。

ブロッコリーはサラダやグラタン、スープで手軽に摂取しましょう。
ちなみに、ビタミンCは加熱に弱い栄養素ですが、ブロッコリーに含まれるビタミンCはひと株125gあたり100mgとかなり豊富なので、加熱による損失を考えても十分摂取できると考えられています。

ほうれん草

続いておすすめなのがほうれん草。ほうれん草は抗酸化作用があり肌の新陳代謝を促進するビタミンAが豊富に含まれています。

生のままだとボリュームのあるほうれん草ですが、火を通すとある程度カサが減るので、お浸しやあえ物など和食に取り入れてみてはいかがでしょうか。
また、油と一緒に摂取すると吸収率の向上が期待できるので、炒め物にしたり、同じくビタミンAが豊富なバターソテーにしたりするのもおすすめです。

その他、血の巡りをよくする食べ物

ほかにも血の巡りをよくする食べ物は、シミ予防に効果的と言われています。

ショウガ

体を温めたり血行を良くしたりする効果があるショウガには「ショウガオール」という抗酸化作用のある成分が含まれており、シミの原因となる活性酸素を抑制する効果が期待できます。

このショウガオールは加熱したショウガに含まれる成分のため、スープや紅茶、さらにダイエット効果も期待できるココアなど、飲み物に入れて摂取するといいでしょう。

ネギ

ネギには血の巡りを良くして身体を温める働きを持つアリシンという栄養素が含まれます。
アリシンは乳酸を分解するので疲労回復の効果も期待でき、さらに免疫力を高める効果も期待できます。おすすめの調理法は一度にたっぷり食べられる鍋やネギ焼きなど。

ただし、生でたくさん食べると、アリシンの強い殺菌作用で胃腸障害を引き起こす可能性もあるので注意してくださいね。

ニラ

ニラにはネギ同様にアリシンが豊富に含まれており、さらにビタミンCや体内で必要に応じてビタミンAに変わるβカロテンも豊富に含まれています。

ただし、これらの栄養素は熱に弱い成分なので、鍋や中華料理などの仕上げにさっと入れて熱を加えすぎないようにして食べましょう。

らっきょう

らっきょうに含まれる硫化アリルは、血液をサラサラにして固まるのを防ぎ、血行を良くする効果があります。普段から毎日2粒程度食べることで、効果が期待できるので、毎日継続して摂取するようにしましょう。

シミの原因を知ろう


ここまでシミに効果のある食べ物を紹介してきましたが、シミの原因についてあらためておさらいしていきましょう。

不規則な生活習慣

まず、シミとはメラニン色素の沈着によって顔や体にできてしまう褐色の斑点です。
この原因となるのが紫外線などによるダメージで、通常は肌のターンオーバーによって肌表面からはがれていくのですが、メラニンが過剰に生成されてしまうと排出することができずに肌に沈着してしまいます。

ターンオーバーの乱れは、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れによっても引き起こされます。そのため、まずは生活習慣を見直すこともシミ予防には効果的です。

例えば、あなたの睡眠は充実していますか?睡眠は量より質が大切です。

質の高い睡眠を実現できるよう、まずは睡眠環境を整えてみてはいかがでしょうか。
また、シミに効果的な栄養素を摂取することも大切ですが、栄養バランスの良い食生活も重要。忙しいとついカップ麺や菓子パンなどを食べることが多くなりがちですが、これらは添加物が多いのであまりおすすめはできません。

なるべく添加物の多い食事を控えて、バランスの良い食事を摂るよう心がけましょう。

紫外線

やはり、シミの大きな原因となるのが紫外線です。そのため、紫外線対策は必ず行って肌を守ることがシミを防ぐにはとても重要なこととなります。外出時は日焼け止めクリームを使い、さらにUVカット効果のある日傘や帽子を使って紫外線対策をしっかり行うようにしてくださいね。

また、目から入る紫外線も日焼けの原因になると言われています。強い紫外線が目に入ると、脳がそれを察知し、防御反応として体内にメラニン色素を生成するよう命令します。
そのため、UVカット機能のあるサングラスで紫外線から目を守ることも大切です。

まとめ

シミ対策に効果的な食べ物はいかがでしたか?
シミがなかなか薄くならないという方は、食生活を見直してみるのがおすすめです。

また、日ごろのスキンケアと紫外線対策も重要となります。あなたもぜひシミのない美しい肌を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ