ぼつぼつ毛穴詰まり何とかしたい!やりがちな誤ったスキンケアとは?

毛穴の詰まりが目立って見えると、何となくテンションが下がりがちです。毛穴が目立たなかった頃のツルツル素肌を取り戻したいと … 続きを読む ぼつぼつ毛穴詰まり何とかしたい!やりがちな誤ったスキンケアとは?

この記事は約7分で読み終わります。

毛穴の詰まりが目立って見えると、何となくテンションが下がりがちです。毛穴が目立たなかった頃のツルツル素肌を取り戻したいと考えている人は多いのではないでしょうか。

世の中に毛穴対策の美容情報はあふれていますが、本当に必要なのはどんなスキンケアなのでしょうか?

今回は、毛穴が詰まる原因を探るとともに、毛穴の詰まりの予防、毛穴のスキンケアの方法、毛穴が気になる人に注意点していただきたいポイントなどについてご案内いたします。

毛穴の詰まりの種類と原因

毛穴詰まりは、詰まり方の状態で異なる毛穴の色により、3つの種類に分けられます。なるべく初期の状態で気づいて対策をとることが大切です。

毛穴の詰まりの種類

白い毛穴

毛穴詰まりの初期の段階です。皮脂分泌が多い額から鼻にかけてのTゾーンにできやすい毛穴詰まりです。触るとザラつきが感じられます。

黒い毛穴

白い毛穴をそのまま放置すると、毛穴を塞ぐ皮脂が大きくなって露出し、その部分が酸化して黒く変色します。毛穴の周辺の肌がメラニン色素で黒く色素沈着を起こしていることもあります。

赤い毛穴

毛穴に詰まった皮脂内にアクネ菌が増殖して炎症を起こしている、又は、酸化した皮脂が周辺の肌に影響して炎症が起こっていることが考えられます。

毛穴の詰まりの原因

毛穴が詰まりは、次のようなことが原因で発生すると考えられています。

肌の乾燥を原因とする皮脂の過剰分泌

意外に思われるかもしれませんが、洗顔のし過ぎが毛穴の詰まりの原因になることもあります。過度な洗顔で肌組織内の水分が奪われて乾燥すると、肌はこれ以上水分を失わないように、毛穴を開いて皮脂分泌量を増やします。

皮脂汚れが気になるからと言って洗顔をし過ぎると、かえって皮脂分泌が盛んになって毛穴の詰まりができやすくなる恐れがあるのです。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)の低下

健康な肌では、肌の新陳代謝(ターンオーバー)の働きにより、古い細胞は一定周期で自然に剥がれ落ちます。しかし、ターンオーバー機能が低下すると、古い肌細胞が自然に剥がれ落ちずに残って毛穴を塞ぎ、皮脂が毛穴から外に出られず角栓を形成します。角栓は、毛穴内で皮脂や古い細胞などの老廃物が固まったものです。

ターンオーバーの低下は、加齢、ストレス、睡眠・食事などの生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどからも起こります。特にアラフォー世代は、加齢や更年期によるホルモンバランスの乱れの影響が出やすくなるので、毛穴ケアがとても大切になってきます。

臭いの元になってしまうことも


皮脂の過剰分泌や、ターンオーバー機能の低下によって発生する毛穴の詰まり。見た目的にもとても気になりますが、実はそれだけでなく、臭いの元になってしまうことがあるのです。

揚げ物料理に使った油は、使用後しばらくすると酸化してドロドロして独特の臭いを発します。皮脂の場合も同じなのです。

分泌された皮脂は、通常は洗顔で落とすことができますが、毛穴に詰まった皮脂は落としきれずに残って酸化が進み、「過酸化脂質」という物質に変化します。この過酸化脂質が皮脂の臭いの元になってしまうのです。

毛穴の詰まりは、美容・臭い防止の面からも、対策が必要です。

詰まってしまう前に!毛穴のケア方法

毛穴の詰まりを防ぐために有効な、おすすめするスキンケアの種類や方法についてご案内いたします。

蒸しタオルやスチームを使ったケア

蒸しタオルやスチームをお肌にあてると、水蒸気と温め効果で、毛穴の中の皮脂が柔らかくなり、皮脂を落としやすくなります。

オイルマッサージ

オイルを使ったマッサージをおすすめします。皮脂は油ですので、同じ油であるオイルでマッサージすると、皮脂とオイルが馴染んで柔らかくなり、皮脂が毛穴から浮き上がり落ちやすくなります。マッサージする際は、指先や指の腹を使って力を入れずに、クルクルと小さい丸い円を描くように優しく動かしましょう。

洗顔

洗顔のし過ぎは、皮脂の過剰分泌の原因にもなりますが、洗顔が不十分では皮脂の蓄積につながり毛穴の詰まりを助長します。皮脂を摂り過ぎないように優しく洗顔するように心がけましょう。

洗顔の際は、洗顔料をよく泡立てて、顔を泡で包み込むように優しく洗いましょう。指で皮膚を強く刺激したり、長時間洗顔すると、肌に最低限必要な皮脂まで奪って皮膚を乾燥させ、皮脂の過剰分泌に繋がります。また、洗顔後は洗浄成分を丁寧にしっかり流し落とすことが大切です。

保湿

皮脂の過剰分泌は、肌組織内の水分が減少した際に、水分をこれ以上失われないようにするために肌が行う防衛対策です。つまり、過剰な皮脂分泌を防ぐためには、保湿スキンケアが大変重要なのです。

洗顔後には、化粧水や美容液でたっぷりお肌を保湿して、その後は水分の蒸発を防ぐため乳液やクリームでフタをしてあげるようにしましょう。

化粧水や美容液は、保湿効果が高いセラミド、ヒアルロン酸などが配合されたものがおすすめです。また、皮脂の酸化による毛穴の黒ずみ対策には、抗酸化成分であるビタミンC誘導体、フラーレンなどを含むものが良いでしょう。

サウナや岩盤浴で発汗

毛穴の詰まりを予防するには、皮脂汚れを毛穴に貯めないことが大切です。そのためには普段からお風呂で湯舟につかり汗をかくことが有効です。汗が出にくい人は、時々サウナや岩盤浴などの温浴施設を利用して、意識的に汗を出すようにすると良いでしょう。同様に、発汗する程度の運動習慣をとり入れても、毛穴の詰まりを防ぐ効果が期待できます。

これはやっていけない!間違った毛穴ケア


ここでは、毛穴の詰まりが気になる人が、ついやってしまいがちな間違った毛穴ケアについてご案内します。もしもご自分にあてはまるものがありましたら、今日から気を付けるようにしてくださいね。

毛穴の詰まりを指で強引に押し出す

毛穴の周りの皮膚に大きなダメージを与えてしまう可能性があるので危険です。決してしないようにしましょう。皮膚が傷つき、シミや色素沈着の原因にもなります。
また、手についた菌が毛穴に侵入して炎症を引き起こすこともあります。炎症後に肌に痕が残ることもありますので気を付けましょう。

角栓ケアのパック

一気に角栓を除去できる角栓ケアのパックは、毛穴詰まりが気になる人にとって、とても魅力的な製品です。しかし、パックの強力な粘着力で毛穴の角栓だけでなく、周囲の健康な肌の組織を剥がし傷つけてしまう恐れがあります。

また、使用後は、角栓が抜けてぽっかり穴が開いた状態になるので、外からメイクなどの異物やばい菌が毛穴に入って炎症を起こしやすくなる心配も。

メイクの厚塗り

毛穴の詰まりを隠すために、メイクを厚塗りしてしまう人もいるのではないでしょうか。これも毛穴周辺の皮膚に負担をかけることになり、肌の角質層の肥厚やターンオーバー機能の低下につながることもあります。メイクの厚塗りはせずに、なるべく肌に負担がかからない薄付きメイクを心がけるようにしましょう。

時にはノーメイクで過ごし、お肌を休めて皮膚のターンオーバー機能の回復を図る「肌休めの日を」作ってもよいでしょう。

まとめ

毛穴の詰まりが気になる方に、毛穴が詰まる原因、毛穴の詰まりの予防、毛穴対策に有効なスキンケアの方法、毛穴ケアの注意点などについてご案内してきました。

もしかしたら、おすすめしたケアが、これまでご自分で考えていた毛穴対策と違っていた人もいらっしゃるかもしれません。

毛穴の詰まり対策には、「洗い過ぎは禁物」「保湿が大切」です。正しい毛穴ケアを行っていただき、美しい滑らかなお肌を手に入れてくださいね。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ