こんなNG習慣していませんか?透き通った美肌の作り方とは?

「美肌になりたい。」美肌は、女性なら手に入れたいと願わずにはいられない憧れの対象ですよね。今回は、多くの女性たちが目指し … 続きを読む こんなNG習慣していませんか?透き通った美肌の作り方とは?

この記事は約8分で読み終わります。

「美肌になりたい。」美肌は、女性なら手に入れたいと願わずにはいられない憧れの対象ですよね。今回は、多くの女性たちが目指している美肌について、美肌とはどんなお肌なのか、美肌の作り方、美肌を保つための注意点などをご案内いたします。

美肌の定義

美肌について見聞きすることは多いですが、実際のところ美肌ってどんなお肌の状態なのかご存知ですか?

美容業界には、美肌を表すこんな言葉があります。

「う・な・は・だ・け・つ」

何だか呪文のようですが、ちゃんと意味があるんです。

「う」: 潤い
「な」: 滑らか
「は」: ハリ
「だ」: 弾力
「け」: 血色
「つ」: ツヤ

美肌とは、しっとりと潤って、ツルンと滑らかで、ピンとしたハリが感じられ、触れると押し返すような弾力があり、血色が良く健康的で、内側から輝くようなツヤがある肌ということになります。

さらに、最近の美肌の条件としてよくあげられる、透き通るような「透明感」があり、「毛穴レス」で、「肌理細やか」であれば、完全無欠の美肌といえます。

美肌の作り方のポイント

美肌ケアは、数日単位での即効性は期待せず、日々こつこつと継続的に行うことが大切です。

お肌の細胞は新陳代謝により生まれ変わります。肌の基底層で生まれた新しい細胞は、ターンオーバー機能により約28日かけて徐々に肌表面に押し上げられ、やがて垢となって表皮から剥がれ落ちます。

つまり、これから美肌を意識したスキンケア対策をしていただく場合、早ければ約28日後には、スキンケア効果が期待できるということになります。

お肌の果たす役割

肌は主に下記のような役割を担っています。

バリア機能

紫外線・熱・刺激などから肌を守り、菌や有害物が体内に侵入することを防ぐ

排泄機能

汗腺や皮脂腺から、不要な水分、皮脂、有害ミネラルなどを排泄する

美肌を作るためには、上記の肌の機能を損なわないような丁寧で優しいスキンケアが求められます。

肌が刺激などにより傷つくと、上記のバリア機能や排せつ機能が正常に働かなくなり、肌の乾燥、肌荒れ、毛穴詰まり、吹き出物などの肌トラブルの原因にもなります。

スキンケアでの美肌の作り方

美肌の作り方において大切なことは、基本のスキンケアを正しく行うことです。ご自分が行っているスキンケアが美肌対策として正しいか、ここで確認してみましょう。

美肌の作り方:クレンジング

メイクを落とすために、クレンジングは必須のスキンケアです。肌にメイクの落とし残しがあると、肌あれ、毛穴詰まりなどの原因になります。その日のメイクはその日のうちにクレンジングを使ってしっかり落としましょう。

クレンジング料はたっぷり使って、メイクに良くなじませ浮き上がらせるように優しくマッサージします。使用中やふき取り時に、指やコットンで擦って肌に強い刺激を与えないように注意しましょう。

美肌の作り方:洗顔

洗顔は、皮脂汚れや肌に残ったクレンジング、表皮からはがれた古い角質などを洗い落として、お肌を清潔に保つために行う重要なスキンケアです。洗顔を正しく行うことで、その後の保湿ケア・スペシャルケアの効果を高めることができます。

洗顔において大切なことは、お肌に刺激を与えないことです。洗顔料はよく泡立ててきめ細かい泡でお肌を包みこみ、優しく丁寧に洗いましょう。そして、洗顔後はすすぎ残しがないようにしっかりと洗顔料を落としましょう。

美肌の作り方:化粧水

みずみずしく潤った透明感のある美肌を作るために、保湿ケアは大変重要です。化粧水・美容液の保湿ケアの後は、乳液・クリームのケアを必ず行うことも大切です。

化粧水を手に取り、ハンドプレスしてじっくりとお肌にしみこませるように丁寧に行いましょう。
化粧水前に、保湿効果を高めるホットタオルパックや、ブースターのスキンケアアイテムを使うのもおすすめです。また、週に3~5回ペースでシートマスクやコットンを使った集中保湿ケアを行うと、さらにお肌がしっとり潤います。

美容液

化粧水で保湿ケアした後は、美容成分を豊富に含む美容液でしっかりケアしましょう。セラミド、ヒアルロン酸、フラーレン、ビタミンC誘導体などの高い美容成分が配合された美容液は、美肌対策を考える上ではずせないアイテムです。

美肌の作り方:乳液・クリーム・オイル

化粧水・美容液で保湿して潤ったお肌の水分を、油分を含む乳液やクリーム、美容オイルでしっかりフタをして保湿・美容成分の蒸発を防ぎましょう。

夏場は油分の多いスキンケアは重いと感じる人も、乳液や少量の美容オイルだけでも使うことをおすすめします。

美肌の作り方:マッサージ

お肌の血行を良くし、肌のターンオーバーを助けるマッサージを週に3回程度行うことをおすすめします。

美容オイルやマッサージ料をたっぷり使い、優しく、指先や指の腹で優しくクルクルと回しながら行いましょう。下から上、内側から外、が基本です。毛穴の詰まり対策にも効果が期待できます。

肌質による美肌の作り方

乾燥が気になる

肌のバリア機能が低下していることが考えられます。洗顔料をしっかり泡立てて洗顔するようにし、1日に3回以上、もしくは、長時間の洗顔はしないようにしましょう。
また、乾燥肌の人はお肌の水分量が不足していますので、「化粧水で保湿+乳液・クリームでフタ」の一連のケアを丁寧に行うようにしましょう。

皮脂肌でべたつきやすい

脂性肌の原因もお肌の乾燥が背後にあることも。肌の水分が減少すると、水分蒸発を防ぐために皮脂の過剰分泌が起きることも。対策としては、「洗顔」・「化粧水で保湿+乳液・クリームでフタ」のケアをしっかり行うと同時に、毛穴の皮脂詰まりを防ぐことも大切です。

洗顔後にホットタオルパック、スチームなどで毛穴の皮脂を柔らかくして、美容オイルで優しくマッサージすることをおすすめします。角栓パックなどは肌を傷める原因になりますので、あまりおすすめできません。

目元の乾燥

目元は皮膚が薄く、他の顔の部位と比べて保湿効果が実感しにくいと言われます。また、たるみ、シワなどのエイジングサインが、比較的早期に出やすい部位でもあります。

まだエイジングサインが無い人でも、目元をケアするアイクリームやアイパックなどで、早めに対策を始めることが大切です。

食べ物で美肌を作る

美肌を作るためには、どのような栄養素・食品を摂るべきなのでしょうか。ここでは、美肌の作りに不可欠な栄養素・食品についてご案内いたします。

タンパク質

水分を除き、肌組織内にもっとも多く存在している成分はタンパク質です。お肌の弾力とハリに不可欠なコラーゲン組織のコラーゲンもたんぱく質から作られます。
美肌のために、肉、魚、卵、豆類などのタンパク質を含む食品をしっかりとることが大切です。

ビタミンC

コラーゲン生成を助け、高い抗酸化力をもつビタミンCも、積極的に摂りたい栄養素です。水溶性ビタミンなので体内に2、3時間しか留まることができません。レモンなどの柑橘類、キウィ、ピーマンなどの食品で摂るほか、ローズヒップティー、緑茶などでこまめに補給することをおすすめします。

ビタミンE

血行を改善して、高い抗酸化力をもつビタミンEも美肌のために積極的にとることをおすすめします。体内でビタミンCと連携して老化の原因でもある活性酸素を無害化すると言われています。うなぎ、さば、いわし、かぼちゃなどに多く含まれます。脂溶性ビタミンなので油といっしょに摂ると吸収されやすくなります。

ビタミンA

正常な細胞分裂、成長を促すビタミンAは、肌のターンオーバーに働きかける美肌効果が期待できる栄養素です。ターンオーバー機能の低下による肌あれ・かさつき・吹き出物等に悩む人には特におすすめします。うなぎ、レバー、人参、卵などに多く含まれます。

ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1、B3、ビオチン、葉酸など13種類もある栄養素です。その中でも特に美肌効果が期待できるのは、ビオチン、葉酸、ビタミンB6と言われています。食事で摂取するほか、ビタミンB群サプリで効率的に摂取するのもおすすめです。

美肌のためにやってはいけないこと

美肌を作るために、避けるべきことがあります。思い当たる方は今後は注意していただいた方がよいかもしれません。

メイクを落とさず就寝

メイクをしたまま就寝すると肌に負担がかかり、翌朝の肌のコンディション悪化につながります。肌あれや吹き出物などの肌トラブルの原因にもなりますので、就寝前にメイクは必ず落としましょう。

慢性的な睡眠不足

睡眠不足は美肌の大敵です。決まった時間に就寝し起床する習慣をつけ、できるだけ1日7時間以上の睡眠をとるようにしましょう。

日焼け

紫外線はお肌の角質層を傷つけバリア機能を低下させます。また、肌組織内にメラニンを生成し、シミ・色素沈着の原因となります。日焼け止めクリームや日傘などの日焼け防止グッズでUV対策をしっかりとって日焼けを防止しましょう。

飲酒・喫煙

過度な飲酒・喫煙は、体内で活性酸素を発生させて、肌老化を加速させます。体内では活性酸素の処理にビタミンCが大量に消費されるので、美肌対策上マイナス要因といえます。肌老化を進行を抑制するためにも過度な飲酒・喫煙はなるべく控えた方がよいでしょう。

まとめ

「美肌」の作り方についてご案内してきました。美肌を作るには、毎日のスキンケアを正しく行い、スペシャルケアも取り入れて、もともとの肌がもつポテンシャルを引き出してあげることが大切です。

究極の美肌対策は、日々丁寧なスキンケアを重ね、生まれた肌細胞が表皮に育つまで大切に慈しむスキンケアです。焦らず日々のスキンケアを大切に行って、人が羨む美肌を手に入れてくださいね。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ