あらためて、美容に関する正しい情報を確認しよう

美容医療はここ数年で、飛躍的に伸びている業界です。それに伴って、ネットを中心に様々な情報が氾濫することとなっています。そ … 続きを読む あらためて、美容に関する正しい情報を確認しよう

この記事は約3分で読み終わります。

美容医療はここ数年で、飛躍的に伸びている業界です。それに伴って、ネットを中心に様々な情報が氾濫することとなっています。その氾濫した情報には、正しい情報もあれば、残念なことに間違った情報もあり、有象無象の状況となっています。
正しい美容医療を知り、自分に合った最適な治療法を見出していくことがキレイになることの近道です。
その正しい知識を皆様に理解していただくために、情報を提供していきます。

顔の皮膚はダメージを受けやすい

皮膚は、人体最大の臓器といわれるように様々な役割を担っています。例えば、体温の調節、痛みや心地よさといった刺激の知覚、紫外線を吸収して体内を保護する等々。
しかも皮膚は、服を着ているとはいえ、露出が多く、刺激を受けやすいというのも特徴です。刺激を受けやすいということは、その分ダメージを受けやすく、多くのトラブルを招くこととなっています。
また、どうしても加齢とともに、皮膚機能の衰えが出てきて、ますますダメージを受けやすくなってしまいます。
そういったところから、「しみ」「しわ」「たるみ」などの悩みが出てくるのだと思います。加齢とともに出てくる皮膚のお悩み。その悩みを解決するために、症状や原因、その対策といった基礎的な情報を提供していきます。
そういった知識を持ったうえで、専門医の相談されることをおすすめします。

一番目立つ「しわ」その特徴

一口に「しわ」といっても、「しわ」ができていく過程の中で、いろいろと「変態」していきます。
まず、「しわ」ができていく過程として、「乾燥する」→肌のバリア機能が低下する→紫外線の影響を受けやすくなる→小じわができる→小じわが習慣となる→大じわができる、といった過程を経ます。
次に、「しわ」の特徴を見ていきましょう。
しわは一般的に、20代後半くらいから目立つようになります。口の周りであったり、目元、目じり、ほうれい線であったりと気になる箇所がいくつも出てきます。
原因としては、太陽の光紫外線であったり、空気の乾燥であったり、加齢による筋力の衰えであったりと様々です。因みに乾燥ということで言えば、化粧品を正しく使えなかったことによる「皮膚の乾燥」ということもあります。

とりあえず、今回はここまで、次回はその対策について書いていきますね。
それではまた、ごきげんよう!

文責 キレナビ編集部

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ