肌荒れを気にする

肌荒れはどこまで自己ケアでいけるのか?

なんだか、肌が荒れているかな?でも、大したことなそうだしわざわざ病院に行くほどではないかな。と思ってそのまま過ごしている … 続きを読む 肌荒れはどこまで自己ケアでいけるのか?

この記事は約3分で読み終わります。

なんだか、肌が荒れているかな?でも、大したことなそうだしわざわざ病院に行くほどではないかな。と思ってそのまま過ごしている人は多いと思います。乾燥して肌がカサカサしているけど、ちょっとした肌荒れかな、と。肌が乾燥しがちな人に多い考え方ではないでしょうか。でもそれって実は、皮膚炎かもしれません。

肌荒れの自己判断は危険。病院に行くという選択肢も

肌荒れを気にする
acworksさんによる写真ACからの写真

自己判断で保湿クリームなどを塗ると、悪化の原因にもなってしまいます。そうなる前に、まずは病院の皮膚科に行くことが大切です。

肌荒れを大まかに分類しますと、

・通常のかさつき

・酒さ、顔に生じる皮膚疾患のひとつで酒焼けとも呼ばれます。日光、ストレス、寒暖や風、運動、化粧品などがきっかけとなりやすい

・アレルギーに関係なく刺激や毒性を持つ原因物質に触れることで起きるかぶれ、皮膚炎

こんな肌荒れが考えられます。

それぞれに原因が違いますので、自己判断で対処することで、全く見当違いのことをやっていたり、逆に、やってはいけないことをやってしまったりすることもあります。

ですので、たかが肌荒れと思わずに、まずは皮膚科に行くことが大切です。

早めに皮膚科を受診することで皮膚炎を解消

皮膚科で肌荒れ相談
FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

皮膚科を受診するとステロイドを処方されることが多いでしょう。いろいろ言われているステロイドですが、短期的には素早く炎症を抑えることができます。しかし、長期間使用すると、皮膚が薄くなって乾燥しやすくなるため、短期間の使用に留めたいものです。

また、ステロイドは根本的な解消法ではないので、ステロイドが効いている間に、皮膚炎の原因を取り除くことが重要です。そうしないといつまでたってもステロイド頼みで、症状は治りません。

皮膚科の先生とよく相談して、どういった治療法がいいのかを相談しながら、治療を進めるのがいいでしょう。

なんでもそうですが、早めの受診をすることで、短期間に治療を終えることができます。肌の異変に気づいたら速やかに皮膚科に駆け込みましょう。

 

文:キレナビ編集部

TagKeywordこの記事のタグ