頭皮の湿疹をなんとかしたい

頭皮の湿疹を何とかしたい

「しっかり洗っているのにフケが出る…」「頭がかゆくて我慢できない」という時、もしかしたら、これらは頭皮湿疹のせいかもしれ … 続きを読む 頭皮の湿疹を何とかしたい

この記事は約7分で読み終わります。

「しっかり洗っているのにフケが出る…」「頭がかゆくて我慢できない」という時、もしかしたら、これらは頭皮湿疹のせいかもしれません。

6人に一人が頭皮の湿疹に悩んでいるという話が出るくらい、頭皮湿疹のトラブルは増えているように思います。

今回は頭皮湿疹の症状や原因、具体的な改善策から予防策まで、頭皮湿疹でお悩みの方が知りたい情報をご紹介します。

頭皮湿疹とは何か

頭皮の湿疹をなんとかしたい

頭皮は皮脂分泌が多く、湿疹が起こりやすい部位なので、頭皮湿疹に悩まれている方もいるでしょう。

ただし、頭部は見えづらい部位でもあるので、自身では確認しづらいといった難点もあります。

そこで、自分が頭皮湿疹の頭皮トラブルを抱えているのかどうかを判断する、表れやすい自覚症状をまとめました。

  • 頭皮がかゆくなる
  • 炎症による赤みがでる
  • 整髪料やシャンプーなどがしみる
  • カサカサしたフケがでる
  • 頭皮がべたべたする

といった症状が出ている場合は、頭皮湿疹を疑いましょう。

頭皮湿疹が起きる原因とは

頭の洗いすぎには注意

頭皮湿疹は誰にでも起こる可能性があります

その原因として、頭を洗いすぎによる乾燥、エアコンや運動不足による発汗機能の低下による乾燥、栄養のバランスがとれていない食事をとることによる皮脂の酸化などがあげられます。

また、こういった外的なことと同時に、内的なことも原因になっている場合もあります。

すなわちストレスが原因となって、免疫力が低下し、皮膚が敏感になってしまい、頭皮湿疹が発症してしまうのです。

様々な要因があるので、一つずつ、対応していくことが大切です。

具体的にみていきましょう。

接触皮膚炎

接触性皮膚炎とも呼ばれる接触皮膚炎は、皮膚に何らかの物質が触れ、それが刺激やアレルギー反応となって炎症を起こしたものです。

もっとわかりやすい言葉で言えば、「かぶれ」ですね。症状としては、湿疹や赤み、かゆみ、水ぶくれや腫れなどさまざまあります。

    • 接触皮膚炎は、大きく分けると3種類に分けられます。
    • 刺激性接触皮膚炎:皮膚に触れる物質の刺激が強いために生じる皮膚炎
    • アレルギー性皮膚炎:皮膚に触れる物質にアレルギーがある場合に生じる皮膚炎
    • 光接触皮膚炎:紫外線が関わる皮膚炎

脂漏性湿疹

脂漏性皮膚炎とも呼ばれる脂漏性湿疹とは、頭部や顔面に好発するフケ様の皮脂腺から分泌される皮脂が多くなっている状態です。

なかなか治りにくく、よく再発します。

寒い時期やストレスがきっかけとなりやすい傾向があります。

脂漏が生じ、それが紫外線やカビによって脂肪酸に分解されると皮膚炎が生じてしまいます。

特に皮脂が出やすい頭皮や眉毛周囲、鼻の脇などいわゆるTゾーンと呼ばれる部位、皮膚の摩擦が生じやすいワキなどに出やすい症状です。

脂漏性湿疹を発症・悪化させるものとして、まだ詳しくわかってはおりません。

しかし、カビの一種のマラセチア菌などが関係していると言われています。

マラセチア菌は普段から皮膚に存在する菌で脂を好みますが、脂漏性湿疹になると、この菌が異常に増える場合があることがわかっています。

脂漏性湿疹になると「フケ」が大量に出やすくなります。

フケ自体は頭皮の老化した角質細胞がはがれ落ちるもので、生理的なものであり、特に悪いわけではありません。

しかし「フケ」は体質的に皮脂の分泌の多い人がなりやすく、その多くは軽度の脂漏性湿疹であると考えられます。

皮脂欠乏症皮膚炎

皮脂欠乏性湿疹とは、老化等の要因によって皮脂の量が減り、皮膚のバリア機能が損なわれ、乾燥で角質がはがれてしまっている状態のことです。

皮膚表面がガサガサになったり、白い粉をふいたようになったり、ひび割れができたりして痛みやかゆみが発生します。

皮脂欠乏症皮膚炎は、段階的に進行するという特徴があります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹が、全身または部分的に発生する病気です。

よくなったり悪くなったりを繰り返すという特徴があります。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー性の体質や皮膚のバリア機能の低下など、さまざまな原因が組み合わさって起こります。

アトピー性皮膚炎の原因は、まだ完全には明らかにされておらず厄介なものです。



頭皮湿疹の対処法

頭皮湿疹に対処する方法

どうにかしたい頭皮湿疹。

その頭皮湿疹の対処法としてどのようにすればよいのでしょうか。

今度はそれを見ていきましょう。

シャンプーを変えてみる

いま使っているシャンプーを見直してみることも、大切な対策の一つでしょう。

例えば、接触性皮膚炎でシャンプーが原因になっている場合、シャンプーを変えることで原因そのものがなくなり、症状が劇的に改善する可能性があります。

シャンプー変更のポイントを以下に記します

  • 皮脂が過剰:皮脂をコントロールできるシャンプーを使う
  • 皮膚が乾燥している:皮脂を取りすぎない&潤いを与えられるシャンプーを使う
  • アレルギー体質:刺激を与えない成分のシャンプーを使う
  • 頭皮の傷:刺激を与えない成分のシャンプーで、日頃の洗い方やヘアケアに気をつける

上記のような対策をすることで、頭皮環境が整い、状態が良くなっていくことも期待できます。

自分のタイプや目的に合ったシャンプーを正しく見つけて、頭皮湿疹に対処していきましょう。

洗髪の仕方を変えてみる

頭皮に良いシャンプーも、使い方が悪いと効果を発揮することできません。

以下のポイントに気をつけながら、シャンプーを使っていきましょう。

シャンプーは1日1回

髪の洗い過ぎは頭皮湿疹の原因となります。

洗いすぎると頭皮の皮脂が必要な分まで洗い流されてしまうため、肌のバリア機能が低下してしまいます。

脂性肌の方でも、1日に何度も洗ってはいけません。

正しく洗って、しっかりすすぐ

頭皮に刺激を与えないようにすることが大切です。

そのため、シャンプーをする時は、指の腹を使って、頭皮をマッサージするように洗いましょう。

シャンプー後のすすぎも、頭皮や髪にぬるつきがなくなり、キュッとした感覚になるまで、しっかり流しましょう。

すすぎが不十分だと、シャンプーの成分が頭皮に残ってしまい、頭皮にダメージを与えます。

また、リンスやトリートメントを使う時は、髪を軽く抑え込むようにつけて、地肌につかないようにしましょう。

食生活を変えてみる

食事によって頭皮環境が悪化する場合もあります

例えば動物性たんぱく質を摂りすぎると血行不良が起き、頭皮環境を悪化させます。

また、いわゆるジャンクフードは油分が多く、頭皮の皮脂分泌が促進され、毛穴に皮脂が溜まりやすくなります。

そうすると食生活を変えていくことが必要となります。

頭皮が炎症を起こしている方は、「ビタミンB2」と「ビタミンB6」を摂り入れるようにしましょう。

そうすることで、皮脂の分泌を抑え新陳代謝を促します。

乾燥頭皮で、フケが出て困っている方は「ビタミンA」を積極的に摂り入れていきましょう。

毎日の食生活を見直すだけでも頭皮環境が良くなっていきますよ。

専門医に相談

頭皮湿疹になった場合は、早めに専門の皮膚科クリニックを受診しましょう。

早い段階から専門医に診てもらうことで、頭皮湿疹の症状が軽くなります

頭皮湿疹に気づいた段階で受診することが大切です。

まとめ

頭皮湿疹ができると、セルフケアだけで改善するには限界があります

早めに専門医に相談して対処していくことが大切です。

また、頭皮湿疹を防ぐために、普段から正しいヘアケアや規則正しい生活などを習慣づけておくことが大切です。

キレナビ編集部美容ライター
  • この記事の監修者
  • キレナビ編集部 美容ライター
  • 日々、美容について研鑽し、女性の皆様が自分らしい美しさを手に入れられるように記事を書いています。この記事で少しでも新たな美容の世界が開かれればと思います。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

0
TagKeywordこの記事のタグ