美肌を目指す!でも悩ましいシミの問題

美肌を目指す!でも悩ましいシミの問題

一口にシミとはいってもいくつかの種類があります。紫外線による「老人性色素斑」、女性ホルモンの乱れが原因の「肝斑」、いわゆ … 続きを読む 美肌を目指す!でも悩ましいシミの問題

この記事は約3分で読み終わります。

一口にシミとはいってもいくつかの種類があります。紫外線による「老人性色素斑」、女性ホルモンの乱れが原因の「肝斑」、いわゆるソバカスである「雀卵斑」等々。簡単にシミがなぜできるのか説明していきます。

紫外線によるシミ「老人性色素斑」

美肌を目指す!でも悩ましいシミの問題
photoBさんによる写真ACからの写真

シミの中では大きな原因を占めている「老人性色素斑」。頬の部分や手の甲など、紫外線が多く当たるところにできやすいのが特徴です。これまでに浴び続けた紫外線の積み重ねでできてしまうとも言えます。

若いころにもっと紫外線対策をしておけば、と思った時にはもう遅い…。

なぜ、シミができてしまうのかを見てみると、まず、紫外線にあたった肌は、肌細胞を守るためにメラノサイトを活性化させて黒色メラニンを生成します。そして、つくられた黒色メラニンは、本来は肌のターンオーバーによって角質とともに垢となって排出されます。しかし紫外線を過剰に浴びたり、加齢によって肌代謝の機能が低下したりすると、黒色メラニンの生成が過剰になり、ターンオーバーで排出しきれなかった黒色メラニンが色素沈着として肌に残り、シミとなってしまうのです。

対処法としては、とにかく日焼けを防ぐことです。また、それ以外にも、ターンオーバーを即死するビタミンCやL-システインなどを効率よく摂り入れることがよいでしょう。

女性ホルモンの乱れが原因の「肝斑」

シミ、肝斑
bBearさんによる写真ACからの写真

肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形で広がります。また、額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲には不思議とできず、色が抜けたように見えることもあります。

更年期にさしかかって女性ホルモンバランスが崩れがちな30代後半から50歳位の女性に目立ちやすい傾向があります。女性ホルモンのバランスが崩れると、メラノサイトが活性化されて黒色メラニンが多くつくり出され、それがシミとなってあらわれ、それが肝斑と呼ばれます。

対処としては、ホルモンバランスを整えることです。当たり前のことですが、質の良い十分な睡眠をとり、バランスよい食事をとる。これが一番の予防となります。
また、できてしまったものはなかなか解消するのは難しいので、専門医に相談することが一番の解消法です。

文:キレナビ編集部

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ