効果的な乾燥肌対策

まだ間に合う。今から乾燥肌対策を始めよう

これからの季節、美肌の大敵と言ったら「乾燥肌」ですね。 もう、乾燥を感じている方も多いと思います。 ひどい乾燥が続くとか … 続きを読む まだ間に合う。今から乾燥肌対策を始めよう

この記事は約9分で読み終わります。

これからの季節、美肌の大敵と言ったら「乾燥肌」ですね。

もう、乾燥を感じている方も多いと思います。

ひどい乾燥が続くとかゆみや痛みを引き起こすこともありますよね。

そうならないためにはどうしたらよいのでしょうか。

それを解説していきます。

カサカサや化粧崩れが気になる乾燥肌とは

乾燥肌対策をどのようにしていけばいいか

乾燥肌とは、肌の水分と皮脂が不足して、潤いがなくなっている状態を指します。

健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われています。

いわば天然の保湿クリームがおおわれているといえるでしょう。

しかし少なくなると、肌の乾燥をまねいてしまうのです。

言ってみれば、肌の「バリア機能」が正常に働いていれば、肌から水分や皮脂が逃げるのを防ぎ、潤いのある肌をキープすることができます。

しかし、何らかの原因でバリア機能が低下すると、肌から水分や皮脂が逃げて、乾燥してしまうのです。これが乾燥肌です。

あなたの乾燥肌をチェック

ここでいったん、皆さんの乾燥肌チェックをしてみましょう。

  • 朝起きたら肌が乾燥している気がする
  • 洗顔後肌が突っ張る感じがする
  • 肌が粉をふいたようになる
  • 肌を触るとごわごわした感じがする
  • 乾燥している場所に長時間いる
  • 化粧水が染みる

このチェックが多ければ多いほど、乾燥肌の疑いが高いといえます。

すぐに対策が必要です。

空気の乾燥だけで乾燥肌になるわけではない

乾燥肌になるのは、これからの季節の秋冬だけではありません。

そこは注意しなければならないところです。

いわゆる空気の乾燥だけではなく、他にも様々な要因が重なり合って、乾燥肌になってしまうのです。

主な原因を見てみましょう。

  • 間違ったスキンケア
  • 不規則な食事、不規則な生活
  • 紫外線を甘く見ている
  • 加齢による皮脂量の低下
  • エアコンのついた状態の部屋に長時間いる

ざっくりとですがこんなことが考えられます。


これが正しい乾燥肌対策

正しい乾燥肌対策をしよう

どのようなことを対策していけば、乾燥肌を防ぐことができるのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。

正しい洗顔

洗顔もそうですが、タオルなどでごしごしと洗いすぎてはいませんか?

また、洗浄力が強すぎるものでの洗浄しすぎていませんか?

要は、やりすぎてしまうと皮膚のバリア機能が低下してしまう危険性があります。

また、熱いお湯は何となくお肌によさそうだということで、お風呂に入ったり、シャワーを浴びたりしている方もいるかもしれませんが、それもダメです。

42度以上の高温の湯は肌から必要な脂質を奪い、バリア機能を低下させます。

ぬるめのお湯で対応しましょう。

規則正しい生活と食生活

当たり前と言えば当たり前ですが、できているようでできていないものです。

栄養の偏り、睡眠不足、ストレス、不規則な時間というのは、肌の新陳代謝を乱し、バリア機能を低下させます

睡眠不足やストレスを軽減させる生活を送るというのはとても重要なことです。

また、食事で言えば、バランスの良い食事ということになるのですが、特に、ビタミンB群は、肌の新陳代謝を正常に保ち、バリア機能を維持します。ですので、ビタミンB群を意識的に摂るようにしましょう。

因みに、ビタミンB群は、ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシンとビオチン、パントテン酸という8種類のビタミンの総称です。

食べ物で言えば、豚肉・うなぎ・たらこ・ナッツ類・豚レバー・鶏レバー・牛レバー・牛乳・かつお・まぐろ・さんま・バナナ菜の花・枝豆・ほうれん草・からし菜等挙げればきりがないくらいです。

バランスの良い食事を摂るとは、たくさんの種類の食べ物を食べましょうということです。

紫外線対策で乾燥肌対策

紫外線は肌の新陳代謝を乱し、バリア機能を低下させてしまいます

紫外線対策というと、夏はしっかりとする方は多いと思いますが、冬になってくると疎かになってしまう方が多いと思います。

でも、紫外線は365日、1年中に降り注いでいます。

だからこそ、通年での対策が必要となります。

この冬だって、日焼け止めクリームは必須ですよ。

室内を加湿して乾燥肌対策

さすがに、もう部屋に加湿器を置いて使用するというのはスタンダードになっているかと思います。

エアコンを使用することが多くなっている今、加湿器は必須でしょう。

エアコンは空気中の水分も一緒に吸収してしまいますので暖房として長時間使用すると、空気はより乾燥します。

空気が乾燥すると、肌のバリア機能は低下しやすくなります

因みに快適な湿度の目安としては、40~60%と言われています。

調整をしながら、快適なエアコンライフを送りましょう。

乾燥肌対策としての化粧品選びのポイント

乾燥は対策としての化粧品選びのポイント

スキンケアの基本は洗浄・保湿・遮光・メイクの4つです。

  • 洗浄はクレンジング料や洗顔料
  • 保湿は化粧水やクリーム
  • 遮光はサンスクリーン剤(日焼け止め)
  • メイクはベースメイク(ファンデーションなど)やポイントメイク(アイカラーなど)といったスキンケア化粧品を使うとよいでしょう。

洗顔後の保湿が重要

洗顔後は、化粧水でしっかりと水分をおぎない、保湿美容液や保湿クリームを重ねて水分の蒸発を防ぐことが大切です。

保湿美容液のおすすめとしては、セラミドやスクワラン、アミノ酸などの成分が配合されているものがよいでしょう。

日焼け止めを使って乾燥肌対策

また、外に出ることも多いと思いますので、その対策も必要です。

くどいようですが、冬でも外出の際には日焼け止めを塗って紫外線対策をすることが大切です。

そうすることにより、肌のバリア機能の低下を防ぎます。

おすすめの日焼け止めとして、「紫外線散乱剤」のみを使用しているものがいいと思います。

敏感肌の方の対策にもなりますし、一度試してみるのがいいでしょう。

また遮光効果を示すSPF、PA値が高い方がいいのですが、刺激が強いものが苦手という方は、低刺激性と書かれているものを選択しましょう。

日常生活ではSPF30程度、アウトドアなどの場合はSPF50+など使い分けることで、対応していきましょう。

またUVAの遮光効果を示すPAは+~++++で表示されていますので、SPFと合わせて参考にすることが大切です。

長時間日光に当たる場合や、紫外線に対して特にお肌が敏感な方はしっかり遮光をすることが重要です。

また、日焼け止めを選ぶ際のポイントの一つとして、日焼け止めの落としやすさも考える必要があり、洗顔料や石けんで落としやすいことも考えておきましょう。

メイクで乾燥肌対策

肌トラブルが気になるときは、メイクアップでお肌の悩みをカバーすることも一つの方法です。

メイクはお肌を乾燥や紫外線からまもり、また肌トラブルを目立たなくさせる効果もあります。

もちろん、お肌の悩みに合わせた低刺激性のメイクアップ化粧品を取り入れることは肝要です。

そして、メイク後のクレンジングによるお肌への刺激が気になる場合には、洗顔料だけで落とせるメイクアップ化粧品がおすすめです。

美容クリニックで乾燥肌対策

美容クリニックを利用して乾燥肌対策

セルフケアだけではなく専門医と相談して乾燥肌対策をすることも考えていきましょう。

美容クリニックはスキンケアの専門家です。

これからの季節の乾燥肌対策の相談を積極的にしてみましょう。

光治療で乾燥肌対策

光治療は、幅広い波長の光を照射することで、肌の新陳代謝を正常にし、潤い肌へと導きます

また、小ジワやくすみ、赤ら顔、毛穴など、他の悩みも同時に解消し、照射するたびに質感滑らかな、ハリ肌へと変わっていきます。

特徴として、肌へのダメージが少なく、治療後すぐに洗顔やメイクをすることができ、そのまま帰ることができます。

皮膚科医療ではゴールデンスタンダードといわれ、多くの専門医からも支持されている方法です。

光治療によって、内側からキメの整ったハリのある素肌に導かれるので、ハリ肌が作られることになります。そうなることで、乾燥肌が改善していくことになるのです。

一度、試してみるのもいいでしょう。

超音波導入で乾燥肌対策

1秒間に300万回の超音波振動を肌に与えることで、肌に空洞化現象を起こし、美肌有効成分を奥深くへ浸透させます。

つまり、深部温熱効果とキャビテーション効果を起こし、血行やリンパ流を整えるのです。

お肌への有効成分の浸透率が高まるのでお肌が整い、乾燥肌が改善されるのです。

試したみたい治療法の一つですね。

イオン導入で乾燥肌対策

肌に微弱な電流を流して、通常のケアでは、届きにくいビタミンCなどの美肌有効成分を肌の奥深くに届けます

肌に直接塗った場合の30倍以上もの浸透力があるといわれています。つまり、電気の力を借りて皮膚の表面のイオンバランスをコントロールし、肌に必要な成分を浸透させる方法がイオン導入です。

イオン導入を行うと、肌がうるおい、ハリやツヤが出てくるとされており、肌荒れや毛穴のトラブルにも効果が期待できると言われています。

さらにイオン導入は電気を使うものの、レーザーや光治療に比べると比較的、刺激が少ないのがメリットの一つです。刺激が強い施術が苦手な人は、試してみる価値があるかもしれません。

また、施術時間も約10分程度と短く済むため、仕事の合間や少し時間が空いた時に、利用できるのもメリットと考えられます。

なので、急に大事な予定が入っても予約が取れればすぐにお手入れをすることが可能となります。

乾燥肌を感じた時に、すぐにお肌のお手入れができるのはいいですね。

高濃度ビタミンC点滴で乾燥肌対策

高濃度のビタミンCを点滴することにより、肌の新陳代謝を促し、バリア機能を高めて、乾燥に強い肌へと導きます。

やり方として、高濃度のビタミンCを静脈から点滴で注入するものです。

「高濃度のビタミンC」とは、およそ15~100g程度、わかりやすく例えるならレモン750~5000個分のビタミンCを点滴することになります。

ビタミンCは飲み薬にした場合、大量に摂ってもあまり吸収されません。

しかし、点滴の場合は直接血管内に入れるため、飲む場合よりも数十倍の量が体内に吸収されます

ビタミンCは抗酸化作用や疲労回復効果があると言われています。

そのビタミンCを効率的に体内に入れることによって、元気が出て結果的に、美容につながり、お肌のハリにつながっていくのです。

それが乾燥肌対策になるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

乾燥肌対策といっても、いろいろとあるものです。

セルフケアも大切ですが、専門医と相談しながら、乾燥肌対策をしていきましょう

キレナビ編集部美容ライター
  • この記事の監修者
  • キレナビ編集部 美容ライター
  • 日々、美容について研鑽し、女性の皆様が自分らしい美しさを手に入れられるように記事を書いています。この記事で少しでも新たな美容の世界が開かれればと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

TagKeywordこの記事のタグ