洗顔はゴシゴシ洗いではなく、やさしく洗う

もっと詳しく!大人ニキビ対策

大人ニキビは厄介なもの。厄介であるが上にしっかりと対策を取る必要があります。今回は、具体的な自分でできる対策を解説します … 続きを読む もっと詳しく!大人ニキビ対策

この記事は約7分で読み終わります。

大人ニキビは厄介なもの。厄介であるが上にしっかりと対策を取る必要があります。今回は、具体的な自分でできる対策を解説します。

洗顔はゴシゴシ洗いではなく、やさしく洗う

洗顔はゴシゴシ洗いではなく、やさしく洗う
洗顔は優しく。ゴシゴシ洗いは厳禁です。

余分な皮脂や肌についた汚れを落とすためにも、洗顔は大切です。しかし、皮脂が気になるからと1日に何回も洗顔をしたり、いわゆる研磨剤入りの洗顔料を使ったりと、肌をゴシゴシ摩擦しながら洗うことは、実は肌にいいものではありません。やさしく顔を洗うことが大人ニキビを防ぐ第一歩です。

効果的な洗顔の仕方は、刺激の少ない洗顔料でふわふわと泡立て、泡をクッションにしてやさしく洗うことです。すすぎは、熱いお湯ではなく、ぬるめのお湯で、泡を残さないように髪の生え際まできちんと洗い流した上で、清潔なタオルで顔の水気を拭き取ることが正しい洗顔の仕方です。

また、毎日のメイク落としも大切で、まずクレンジング剤でメイクの汚れを落とし、それから洗顔料で肌に残ったクレンジング剤を落とす、ダブルクレンジングで顔のお肌のストレスを軽減していきましょう。

保湿を重視するスキンケア

大人ニキビは、皮脂分泌の盛んな思春期のニキビとは異なり、お肌の乾燥によって、肌のバリア機能が低下することでも起こりやすくなります。洗顔後は、そのままにするのではなく、その後のケアも大切です。まずは、スキンケア化粧品でしっかりと保湿ケアを行いましょう。

大人ニキビに必要なスキンケア化粧品は、低刺激で油分が少ないものを使用することです。特に「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記された化粧品は、ニキビのもとになりにくいつくりをしているので、積極的に使うようにしましょう。

スキンケアとしての化粧品はしっかりと手洗いをした清潔な手のひらに広げ、上からやさしくプッシュするようになじませます。このとき、お肌を無理に刺激してはいけません。ニキビになりやすい肌を刺激しないよう注意しましょう。

メイクや紫外線による大人ニキビ対策

皆さん十分理解していると思いますが、紫外線を浴び続けると、肌の乾燥が進んで角質が厚くなったり、紫外線で皮脂が酸化し、ニキビを悪化させたりすることがよくあります。そのためいかにこの紫外線をさせることが重要となってきます。だから、帽子や日傘、首周りの保護をすることが大切です。そして、夏冬にかかわらず、日焼け止めを活用することで紫外線予防をしていきましょう。

ただし、いくら紫外線対策といっても、刺激の強い日焼け止めクリームを使用することによって、ニキビや肌荒れなどのトラブルを引き起こしては本末転倒です。日焼け止めを選ぶときは、「紫外線吸収剤フリー」、「ノンケミカル」ものを選び、また、肌になめらかにのびるもの、日焼け止めクリームを落とすときも、できるだけ普通の洗顔料や石けんでも、しっかりと落とせるものを選んで、肌にストレスを与えないようにしていきましょう。

また、しっかりメイクをしたいがために、クリームタイプのファンデーションを塗り重ねてしまうと、毛穴をふさいでニキビができやすい肌になってしまいます。また、たっぷりメイクを落とすときもクレンジング剤で肌を刺激することになるため、二重にお肌を痛めつけ、結果的に大人ニキビを誘発してしまうことがあります。それを避ける一つの方法として、メイクはパウダータイプのファンデーションを薄くつける程度にすることを意識していきましょう。

そうはいっても、できてしまった大人ニキビを隠すために、メイクでカバーしたくなるでしょう。その場合は、その部分だけコンシーラーを使ってみてください。例えば、赤みを目立たなくするイエロー系のコンシーラーを選んで、指先やブラシでやさしく塗り、周囲をパウダーファンデーションでなじませるのです。これで、だいぶ目立たなくなるのではないでしょうか。

ニキビ肌改善のためにおすすめの食事・栄養

ニキビ肌改善のためにおすすめの食事・栄養
バランスの良い食事が大人ニキビを対策になる。

結局、食生活を正しいものにすることで大人ニキビは改善していくものです。だから、毎日の食事は、内側からのニキビケアにつながります。朝食を抜いたり、暴飲暴食、間食をしてしまったりすることは、きれいなお肌を保つためにはNGです。1日3回の食事からバランスの良い栄養を摂取するようにしましょう。

お肌の主要な材料となるタンパク質、肌の新陳代謝を促したり皮脂量をコントロールしたりするビタミンB2・ビタミンB6、血行を促進して肌荒れの解消を助けるビタミンE、便秘の改善に役立つ食物繊維などを積極的に摂ることがたいせつです。

これらを意識に摂るというか、たくさんの種類の食材を食べることが大切なのです。どの食材にどんな栄養素が含まれているのかを、わかったうえで食事をするのが一番ですが、なかなかそうはいかないでしょう。そんな場合は、とにかく、たくさんの種類の食物を食べることで結果的にたくさんの栄養素を摂取できるようにしましょう。

とはいえ、どんな食物にどんな栄養素が含まれているかを知っておくことも大切です。いかに主な栄養素について解説しておきます。

タンパク質…肉や魚、卵、大豆・大豆製品、牛乳・乳製品

ビタミンB2…卵、納豆、レバー、焼き海苔

ビタミンB6…マグロやカツオ、サケ、肉、バナナ、にんにく

食物繊維…穀物、イモ類、豆類、野菜・果物、海藻類、きのこ類

そして、大人のニキビには、肌のターンオーバーを整えるビタミンA、ストレスによる肌のバリア機能の低下を防ぐビタミンB1やビタミンCも積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンA…ニンジンやかぼちゃなどの緑黄色野菜、チーズ、卵

ビタミンB1…胚芽米や玄米、豚肉、うなぎ、豆類、青海苔、焼き海苔

ビタミンC…赤ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、レモン

注意してほしいのは、糖分の多い食べ物や動物性脂肪の多い食べ物は、皮脂の成分であるTG(トリグリセリド)を増やす可能性があるということです。皮脂の過剰分泌に悩んでいる方は、これらの食べ物は控えめにすることが大切です。

やっぱり睡眠は大切。睡眠不足を解消しましょう

お肌は、睡眠中に活発に細胞分裂を行います。ニキビをはじめ、というかニキビに限らず、荒れてしまった肌を元の美しいお肌に生まれ変わらせるには、質の良い十分な睡眠が欠かせません。

睡眠で特に大切なのは、眠りに落ちて最初の3時間の間に訪れる「ノンレム睡眠(深い眠り)」です。このときに成長ホルモンが十分に分泌されることで、肌の再生活動が盛んになるのです。

深くぐっすりと眠るためにも、毎日決まった時間に自然と入眠できるような生活習慣を身につけておくことが大切です。そのために、布団に入る1~2時間前に入浴して体温を上げておく、寝る直前の飲食や、テレビ・スマホなど光を発する機器は使用しない…などの良質な睡眠を取るための努力をすることが、必要となってきます。

ストレス軽減はやはり重要

過度なストレスは大人のニキビの大敵です。よく言われていることですが、適度に体を動かしたり、入浴や香りでリラックスしたり、歌や音楽を楽しんだり、親しい知人とおしゃべりするなど、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。

まとめ

再三にわたって言いますが、見た目が気になるからと言って、ニキビを潰したり、触ったりするのは絶対にやめましょう。治りにくくなるうえに、治癒することが余計遅くなります。また、髪の毛先が触れるとニキビを刺激することになるので、髪型を短めにする、まとめるなどの工夫が大人ニキビを防ぎます。そして、顔に触れる機会の多い枕カバーやメイク用のブラシやパフなども、常に清潔にしておくことで、大人ニキビを予防していきましょう。

 

(文:キレナビ編集部)

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ