フラーレン・DMAE配合 HQ-Cフラセラム(ハイドロキノン美容液)11g

30代からのエイジングケアに!ドクターズコスメでおすすめの乳液

30代なのに20代の頃と同じスキンケアをしていると、どんどん肌の老化は進みます。30代でどんなスキンケアをするかが40代 … 続きを読む 30代からのエイジングケアに!ドクターズコスメでおすすめの乳液

この記事は約5分で読み終わります。

30代なのに20代の頃と同じスキンケアをしていると、どんどん肌の老化は進みます。30代でどんなスキンケアをするかが40代以降の肌を決めるので、乳液などのアイテムを見直すことは必須。エイジングケアを意識した、30代におすすめの乳液をご紹介します!

30代におすすめの乳液の選び方

フラーレン・DMAE配合 HQ-Cフラセラム(ハイドロキノン美容液)11g
ドクターソワ《アマランス》毎日のホームケアでクリニックを体感。高濃度ハイドロキノン配合の美容液<HQ-Cフラセラム>

30代は初期のエイジングサインが出始める時期。肌の乾燥や毛穴、シミ、しわなどが気になり始めたという人も少なくないのではないでしょうか。

肌の悩みを解決するために、口コミ上位の乳液を次々と試してみたものの、やっぱり満足できない。自分がどの乳液を使用すればいいのかわからないスキンケアジプシーに陥っている人もいます。

そんな30代におすすめの乳液の選び方をご紹介しますので、乳液選びのヒントにしてください。

肌の悩みに合わせて選ぶ

30代からの乳液選びは、20代の頃よりも慎重に選ぶようにしましょう。口コミで上位か、売り上げ本数が多いかということよりも、自分の肌の悩みに合った乳液を選ぶことが大切です。

肌の乾燥や毛穴が気になる場合は、保湿成分を重視して選びましょう。保湿成分として、セラミドやアミノ酸、グリセリンといったものが配合されている乳液を選ぶと、しっとりうるおいます。

30代に入ると、シミが気になるようになる人もいることでしょう。その場合は、メラニンの生成を抑制するような成分が配合されている乳液を選んでください。ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどのほか、“漂白剤”とも呼ばれているハイドロキノンが配合されているものを選ぶのがおすすめです。シミ予防として、日焼け止めも使用するようにしましょう。

しわが気になってきたという場合は、高保湿の乳液を選ぶのが効果的です。保湿成分として、コラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されているものを選ぶようにしましょう。

続けられる価格のものを選ぶ

化粧品は、継続して使用することで効果を得るものです。いくら自分の肌に合ったとしても、高額だと使い続けるのが難しいでしょう。

また、もったいないと感じて使用量を減らしてしまうと、その乳液が本来持つ働きを半減させてしまうことにもなります。ケチケチしながら高価な乳液を使うよりは、無理ない価格の乳液を惜しみなく使うほうが肌のためには良いもの。

乳液を選ぶ際は予算を決めて、自分が無理なく続けられる価格のものを選ぶのがおすすめです。

30代のエイジングケアに期待ができる おすすめの成分

30代のエイジングケアに期待ができる おすすめの成分
30代のエイジングケアに期待ができる おすすめの成分

30代からはエイジングケアに力を入れましょう。とはいえ、20代の頃と比べて肌の変化は実感しているものの、本格的なエイジングサインはまだ見られないという人もいるのでは?

それでもエイジングケアをスタートさせておくと、40代以降の肌に違いをもたらすので、おすすめです。30代のエイジングケアに期待ができる成分をご紹介しますので、乳液選びにお役立てください。

アミノ酸

保湿成分としてスキンケアアイテムに配合されているアミノ酸。アミノ酸はわたし達の体内にもある成分で、人の身体の20%はアミノ酸でできていると言われています。

わたし達の肌には、もともと天然のうるおい成分としてNMF(天然保湿因子)が備わっています。NMFは肌の角質層にあり、水分を蓄える役目がありますが、このNMFの主成分はアミノ酸です。

NMFは年齢を重ねるにつれ徐々に減少していくので、30代のエイジングサインが出始めた肌には補ってあげることが大切です。

セラミド

セラミドも肌の角質層に存在しているものです。セラミドの役目は、肌の細胞同士のすき間を埋めて、外部の刺激から肌を守ることにあります。

肌には、ホコリや紫外線などの外部刺激から肌内部を守り、肌のうるおいをキープするためにバリア機能が備わっています。このバリア機能が正常に働くようにするのがセラミドの役目です。

角質層に十分な量のセラミドがあると、肌荒れが起きにくいですし、肌もうるおって、キメも整います。しかし、セラミドは年齢を重ねるにつれて減少してしまうので、それが肌の乾燥やしわなどの原因となります。

フラーレン

フラーレンはビタミンCの約172倍もの優れた抗酸化作用があると言われています。シミやしわの原因となる活性酸素を吸収し、除去する作用があるとされていますので、エイジングケアに期待ができる成分です。

初期のエイジングサインが気になり始めたら、フラーレン配合の乳液を選んでみましょう。

ザクロエキス

栄養価が高く、美容に良い成分が豊富に含まれているとされているザクロ。そのザクロから採られたザクロエキスもエイジングケアにおすすめの成分です。

ザクロエキスには、肌に弾力をもたらし、肌質のキメを細かくする作用があるとされています。

まとめ

人それぞれ、肌は千差万別。口コミももちろん参考にしていいのですが、自分に合った乳液を地道に探し出すことが、スキンケアの王道です。

倦まず弛まず探し出していきましょう。

 

(文:キレナビ編集部)

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ