美白をキープするために良くない食事も知っておきましょう

美白になるためにやってはいけない食事

簡単に言うと栄養バランスのとれた食事を摂ることが、美白への近道となります。バランスがとれているからと言って、食べ過ぎてし … 続きを読む 美白になるためにやってはいけない食事

この記事は約3分で読み終わります。

簡単に言うと栄養バランスのとれた食事を摂ることが、美白への近道となります。バランスがとれているからと言って、食べ過ぎてしまうと、あまり効果がありません。そんなやってはいけない、食べ過ぎてはいけない食事について今回は解説します。

美白をキープするために良くない食事も知っておきましょう
なんでも過剰摂取は美白の大敵。バランスを考えて食事をしましょう

美白をキープするために良くない食事も知っておきましょう

美白をキープするためには、美白に良い食事だけでなく、良くない食事についても知っておくことが大切。美白に良くない食事は、できるだけ避けるようにしたいものです。

砂糖などの糖分

砂糖には血液を酸化させる作用があるため、摂り過ぎてしまうと血液がドロドロになり、肌の新陳代謝を妨げます。砂糖を摂り過ぎてしまうと、血液中の糖分が大量にある「高血糖」状態になってしまいます。そうすると、肌のタンパク質に糖分が付着してしまい、お肌はキャラメルのように茶褐色の黒ずんだ状態になりやすくなります。この状態のことを「糖化」といいます。

そして砂糖は、美白に有効なコラーゲンを分解してしまうので、注意が必要です。しかし、糖分は脳を働かせるために必要なものですから、甘いものを食べる時は、無糖にするなどの工夫をして、砂糖を摂りすぎないように気をつけましょう。

カフェイン

コーヒーや紅茶、お茶等、好きな方は多いでしょう。そして、これらの飲み物にカフェインが含まれているのは有名です。

カフェインは適度であれば良い面もたくさんありますが、過剰摂取してしまうと肌の調子が崩れてしまうだけではなく、健康にも悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

カフェインの摂り過ぎてしまうと、睡眠不足や血行不良を起こす可能性があります。これらの症状が長期化してしまうと身体の不調がどんどん増えていきます。

カフェインの摂りすぎは、肌の新陳代謝を低下させますので、シミを悪化させる原因になります。コーヒーや紅茶などを飲む習慣がある人は、飲みすぎに注意し、カフェインレスの飲み物を選ぶようにするなど工夫しましょう。

アルコール

アルコールは、美白の敵です!でも、適度な飲酒は、ストレス発散にもなり、それがお肌にいい影響を与えることもあります。基本的に、アルコールですから、あまり体事態にいいものではないので、うまく付き合うことが大切です。アルコールが美白によくない理由の一つは、アルコールを分解する際に活性酸素が発生し、シミの原因であるメラニンを増やしてしまうからです。アルコールが好きな人は、肌のために飲む量を控えるようにしましょう。お酒に飲まれてはいけません。そのあたりを、十分にわきまえてお酒を飲むようにしましょう。

まとめ

美白を目指すなら、内側からのケアも大切です。今回は、控えた方がよい、過度な摂取はやめた方がいい食事を紹介しました。それらを参考に、毎日の食事を見直してみましょう。外側からだけでなく、内側からのケアを頑張ることで、より効果的に肌に働きかけることができます。

 

(文:キレナビ編集部)

 

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ