正しい洗顔の方法、頻度

毛穴ケアでつるんと美肌に!正しい洗顔料の使い方とは?

年齢に関係なく、どの世代でも悩みとして出てくるのが「毛穴」問題。 ぽっかり空いた毛穴、皮脂がつまり黒ずんだ毛穴、流れるよ … 続きを読む 毛穴ケアでつるんと美肌に!正しい洗顔料の使い方とは?

この記事は約4分で読み終わります。

年齢に関係なく、どの世代でも悩みとして出てくるのが「毛穴」問題。
ぽっかり空いた毛穴、皮脂がつまり黒ずんだ毛穴、流れるような毛穴…。
顔に毛穴がある限り気になってしまう!そんな「お悩み毛穴」を、自分に合った洗顔料や洗顔方法を知ることで解決できるとすれば…?
毎日のスキンケアの最初の工程である「洗顔」は、清潔な肌を保つだけでなく、その後に使用するスキンケアの浸透力や効果をどれだけ高めることができるかの重要なポイントでもあります。

毛穴の開きは間違った洗顔から

毛穴の開きは間違った洗顔から
毛穴が気になったら洗顔を見直してみよう

さて、一言に「お悩み毛穴」と言っても種類があり、毛穴が開いてしまう原因は人によって千差万別です。

・乾燥による水分不足などによって肌がしぼんでしまっている、乾燥毛穴。
・肌の代謝が落ちてターンオーバーのサイクルがスムーズにいかず、古い角質が溜まっている詰まり毛穴。
・鼻やTゾーンなど、特に皮脂の分泌が多い部分にできやすく、皮脂が酸化して黒く見える黒ずみ毛穴。
・加齢により肌がたるんで、涙形の流れるような毛穴になっているたるみ毛穴。

主にこのような毛穴の悩みを持つ方は多いのではないでしょうか?
皮脂が気になるからと言って過剰に洗顔した結果、乾燥した肌が油分を補おうと皮脂の分泌をさらに加速させてしまったり、黒ずみを無理に押し出そうと指で毛穴を刺激して余計に肌を傷つけてしまったりしてしまうとゴワゴワ肌や跡の残った肌になってしまいます。
また、洗浄力の高い洗顔料を選びすぎていて肌のうるおい成分まで落としてしまい、乾燥毛穴に繋がっている事もあります。
このような間違った洗顔や間違った対処法をしないためにも、自分に合った正しい洗顔料や洗顔法を知ることが重要となります。

洗顔料の選び方

洗顔料を選ぶ時、特にチェックしたいのが配合されている保湿剤や油分です。
泡立ちが良く、もこもこの泡で洗う洗顔料の方が肌に優しいと思いがちですが、泡立ちの良い洗顔料ほど肌の脂を落としてしまう力が強くなっている場合があります。
脂肌タイプの人には良いですが、肌が乾燥している人は特に泡立ちの良さで決めるのではなく保湿力の高い洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔料の種類

洗顔料の種類は大きく分けて下記の5種類あります。

①泡(エアゾール、ポンプフォーマー)
②粒状
③クリームやペースト状(洗顔フォーム)
④固形
⑤液状やジェル状

洗浄力は商品ごとに異なりますが、大きく分けて泡やジェル状のものは洗浄力が弱く、固形石けんや粒状のものは洗浄力が高めのものが多いとされています。
また、石けんは界面活性剤の一種であり、洗顔後に肌の上に石けんカスが残り、つっぱり感が出やすい傾向があります。

クリームやペースト状の洗顔フォームにはさまざまな界面活性剤を使用できるので、弱酸性などの肌に優しい界面活性剤もあれば、石けん系の洗浄力の強いものが使われている場合もあります。

石けんと洗顔フォーム、使用する肌のタイプや季節によってどちらが良いかは一概には言えません。

正しい洗顔の方法、頻度

正しい洗顔の方法、頻度
正しい洗顔の基本はぬるま湯で。

洗顔は朝晩に行いますが、それぞれ正しい方法や目的があります。
朝はほこりや汗など、水性の汚れを中心にオフするために洗顔します。その場合ぬるま湯の水洗顔でも汗やほこりは取れますが、皮脂の多い人は朝も洗顔料を使いましょう。

夜は、余分な皮脂やほこりなどの汚れ、古い角質。そして洗顔料の前に使用するクレンジング料を肌に残したままにしないために落とす目的で使用します。
よく、お風呂の中で洗顔も一緒に行い熱いシャワーで落とす人もいますが、肌に必要なうるおい成分まで落としてしまうので「32度〜34度」のぬるま湯で洗いましょう。

まとめ

毛穴が気になったら正しい洗顔が大切です。美肌の基本は、洗顔です。今回紹介した洗顔方法で、美肌を手に入れましょう。

(文:キレナビ編集部)

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ