最近の流行は甘酒

美肌には発酵食品

発酵食品が、腸内活動いいということは、よく知られています。ただ、発酵食品は納豆を代表としてクセがあることで敬遠してしまっ … 続きを読む 美肌には発酵食品

この記事は約4分で読み終わります。

発酵食品が、腸内活動いいということは、よく知られています。ただ、発酵食品は納豆を代表としてクセがあることで敬遠してしまっている人も多いのではないでしょうか。せっかくの健康食品です。腸を活性化し美肌になるために、しっかりと摂り入れていきましょう。

発酵食品と言えば納豆

発酵食品と言えば納豆
発酵食品を効果的に摂り入れることで美肌になる!

納豆は、毎日食べることで、腸内の善玉菌を増やすことができます。納豆菌は、有胞子乳酸菌と呼ばれる乳酸菌の一種で、胃酸や胆汁さんに強く、生きたまま腸に届くことが最大の特徴です。また、医などに棲息するピロリ菌に対抗できる強さを持ち、強い抗菌作用を有しています。

納豆は整腸作用があるだけではなく、血液サラサラにも効果があり、まさに万能な食品と言えます。ぜひ、毎日の食卓に乗せていきましょう。

調味料を工夫して美肌に

味噌や醤油、みりんなどの調味料は発酵食品です。ですので、うまく調理をすることで、自然と発酵食品を摂り入れることができ、美肌になるお手伝いをしてくれます。これらの調味料は、乳酸菌や酵母菌が含まれているため、腸内を善玉菌優位にしてくれます。

いわゆる和食を好んで食べることは美肌につながりやすいと言えるかもしれません。

調味料だから手軽に使えますが、使いすぎると塩分が気になります。いくら発酵食品で、健康に、美肌にいいといっても取りすぎはよくありません。それに味がおかしなことになってしまいます。

あくまでも調味料ですから、適度に使うことでおいしい料理を作り、そして美肌美人になりましょう。

漬物も発酵食品、自分で作るのが一番

漬物も当然発酵食品です。漬物の材料である野菜には、それ自体にビタミン・ミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、それが発酵することで、より大きな快腸効果を得ることができるでしょう。

また、漬物の乳酸菌は、血圧やコレステロールを下げるとされているGABAを作り出すと言われ、漬かっている時間が長いほど、その漬物は発酵が進み、そして乳酸菌が増え、GABAが増えていきます。

ぬか漬けを自分で作っている、という人もいるでしょう。やはりそれが一番です。自分で作るので、愛情たっぷり、乳酸菌たっぷりの漬物で美肌効果が高まることは間違いありません。また、ぬかをこねることにより、手もしっとりすべすべになります。

漬物は食べて美肌に、こねてより美肌になるまさに美容食材と言えるかもしれません。

最近の流行は甘酒

最近の流行は甘酒
飲む点滴と言われるほど、栄養価が高く、美肌にも甘酒

「飲む点滴」といわれるほど栄養価が高い甘酒ですが、美肌になれる!という期待が高まり、スーパーフードとして、さらに注目が集まっています。

甘酒はもち米を、「米こうじ」あるいは「酒かす」などで発酵させて作る発酵食品です。主な栄養素みてみると、ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖で、高い栄養効果があります。

最近では、美肌にいいということで、飲む方も多くなってきています。実際、甘酒を飲み続けると、皮膚の表面温度が上昇し、目の下のクマが改善した、なんていう研究成果が上がっているそうです。また、別の研究では、皮脂の抑制効果もあるそうで、ニキビを減らすなどの美肌効果が期待できる、と話題になっています。

もはや、甘酒はお正月だけ飲み物ではありません。甘酒を飲む習慣があるのもお肌にはとってもいいことですね。

まとめ

自分のお肌の調子が悪いときは、今までの自分を振り返るチャンスです。ある意味、乱れた食生活を変革するチャンスでもあります。お肌が荒れてどうしようではなく、これを機会に発酵食品を中心とした食事にするなど、美肌になるチャンスを生かしていきましょう。

(文:キレナビ編集部)

 

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ