おでこにしわって「いつからあった?」おでこのしわには種類がある

おでこのしわはなぜできるの?

ふと鏡を見ると、前は気にならなかったのにおでこのしわが気になって仕方ないという方、実はそのしわって、原因を知って対策すれ … 続きを読む おでこのしわはなぜできるの?

この記事は約4分で読み終わります。

ふと鏡を見ると、前は気にならなかったのにおでこのしわが気になって仕方ないという方、実はそのしわって、原因を知って対策すればケアできるんです。まずは気になるおでこのしわの原因としわに効果的な成分についてまとめていきます。

おでこにしわって「いつからあった?」おでこのしわには種類がある

おでこのしわって、ある日いきなり気になり始めることが多くて「いつからあったの?」と驚いてしまう方が多いですよね。まずはそのおでこのしわの種類を知っていきましょう。

おでこにしわって「いつからあった?」おでこのしわには種類がある
いつの間にかできてしまうおでこのシワ。原因を知って対策をしよう

乾燥による おでこのしわ

まず、メイクのときやお出かけ先でふと鏡を見た時にしわが気になったという方は、お風呂上りにもう一度鏡でしわがあるかどうかをチェックしてみてください。もし、入浴後はしわが気にならない、もしくはすっかり消えているならば、そのおでこのしわは乾燥が原因です。

そのため、しっかりと保湿ケアを行ってうるおいを与えることでしわは気にならなくなるはずです。実は頬や口元に比べて保湿を怠りがちなおでこ。普段のスキンケアだけでなく、シートマスクや保湿美容液を取り入れるなど、おでこの乾燥対策を強化してみましょう。

深く刻まれた おでこのしわ

肌に水分をたっぷりと含んでいるお風呂上がりの状態でもしわが気になってしまう場合は、真皮にまで深く刻まれたしわである可能性が高いです。真皮に原因があるしわの場合、年齢を重ねて肌のハリが失われたことも原因のひとつですが、普段から目を見開くなどの表情によっておでこにくせがついてしまうことも原因です。
このようなしわは、マッサージなどを行うことにより、改善が期待できます。乾燥によるしわと同様に、スキンケアでうるおいを与えてハリを取り戻すことで目立ちにくくなる可能性も高いです。

おでこにしわができる原因って?

そもそも、どうしておでこにしわができてしまうのか気になりますよね?また、原因がわかれば、対策もしやすくなります。こちらでは、おでこにしわができてしまう原因について紹介いたします。

紫外線

お肌の大敵である紫外線は、おでこのしわの原因でもあります。肌にダメージを与える紫外線により肌が老化し、乾燥だけでなくコラーゲンの減少などにより弾力が失われてしまいます。その結果、乾燥によるしわや真皮に深く刻まれたしわができてしまうと言われています。

表情の癖

無意識にしてしまう表情により、しわができてしまうこともあります。例えば、目を見開いたり眉毛を上げたり、しかめっ面をしてしまう癖がある方は要注意。このような表情を長い時間することによって、おでこにしわが形状記憶されてしまうのです。できるだけしわを定着させないように、おでこにしわができるような表情はしないように意識してみてください。

ストレスや目の疲れ

なんだか疲れているやストレスを感じていることも、おでこにシワを作る原因と考えられます。おでこには、眉毛やまぶたを動かすときなどに使う前頭筋があり、私たちが普段、目を使ったり、表情を作ったりするときに活発に動いています。ところが、ストレスで緊張状態が続いていたり、目の疲れを抱えていたりすると、自分でも知らないうちに、この筋肉に力が入り続け、緊張で硬くなってしまうのです。
そうなると、筋肉の柔軟性が失われて、結果的にシワができやすくなってしまうのです。皆さんも身に覚えはありませんか。ストレスを抱えている人はしわが多いですよね。

おでこにしわができる原因って?
紫外線対策、生き生きとして表情を作ることによって、おでこのシワ対策。

まとめ

シワは長時間同じ状態が続いたり、肌にダメージを受けたりするとできやすくなります。次回は、その対策や改善策について解説していきます。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ