それぞれのクマ別解消法!

クマの解消法決定版

歌舞伎の隈取からきているクマ。歌舞伎の隈取はいいけど、実際にクマがあると、見た目やイメージダウンにつながってしまうことは … 続きを読む クマの解消法決定版

この記事は約5分で読み終わります。

歌舞伎の隈取からきているクマ。歌舞伎の隈取はいいけど、実際にクマがあると、見た目やイメージダウンにつながってしまうことはよくあること。今回はそんなクマを解消する方法をお話しします。

それぞれのクマ別解消法!

クマは種類によって解消法が異なります。前回解説した種類ごとに解消法をみていきましょう。

それぞれのクマ別解消法!
クマの種別によってその解消法は違う

青クマ 血行不良改善

青クマの主な原因は、血行不良です。

そのため、青クマを解消するには、血行不良を改善させるためにマッサージなどを行う必要があります。

血行をよくするには、目の周りや首筋などをマッサージするのがおすすめです。
特に、鎖骨にあるリンパ節に溜まっているコリを、ほぐすようにするといいでしょう。

また、朝の洗顔後に蒸しタオルで目の周りを温めるのも、血行をよくするのには効果的です。蒸しタオルの作り方は、濡れたタオルを電子レンジで30秒から1分ほど温めるだけ。

蒸しタオルと水で濡らしたタオルで、温めたり冷やしたりしましょう。

黒クマ たるみ改善

黒クマの原因である、たるみを改善するには、目元をたっぷりと保湿するのが大切です。
コラーゲン入りのものを選ぶと、より効果的にたるみが改善されます。

ただし、目の周りの皮膚は薄く、とても敏感なもの。
そのため、目元専用クリームなど目元に適したものを選ぶことが大切です。

色素沈着することがないように、クリームなどを目元に優しく馴染ませましょう。

黒クマの解消には、目の周りの筋肉のエクササイズも効果的です。目を見開く、眼球を動かすなどエクササイズをして、目の周りの筋肉を鍛えましょう。

茶クマ 色素沈着改善

茶クマの原因は、メラニン色素が沈着するためでした。

メラニン色素が沈着した茶クマを解消するには、紫外線対策をしっかりと行い、目の周りに刺激を与えないようにするのが大切です。
そうすることで、茶クマがひどくなるのを止めることができます。

目がかゆくなりこすりたくなった場合は、目を強く閉じるなどの方法でこすりたくなる気持ちを我慢するのが大切です。かゆみに任せて、ゴシゴシとしないようにしましょう。

これ以上クマを目立たせないためのクマ予防策

すでにできているクマを目立たせないようにするには、クマを予防するための対策をするのが重要です。クマを予防するための対策について説明していきます。

これ以上クマを目立たせないためのクマ予防策
食生活改善、日常生活の改善でクマを解消する

食生活を徹底的に見直す

クマを予防するには、自分自身の食生活を見直してみましょう。

クマ予防の大敵なのが、夜に摂取するアルコールとカフェインです。
夜に飲むワインやコーヒーなどを控えることで、クマを予防することができます。

朝の食事に取り入れたいのが、野菜や果物。また、高蛋白質な食べ物もクマ予防には最適です。

食事の際に重要なのが、食べる順番です。
実は、胃は食べた物から順番に消化していくもの。野菜を食べる前にお米や肉を食べてしまうと、野菜のミネラルが消化されず胃の中で腐敗してしまいます。

野菜のミネラルは、クマ予防にとって重要な成分。まずは野菜を食べ、そのあとにお米や肉を食べるようにしましょう。

睡眠不足を避ける

クマ予防において食生活の次に重要なのが、睡眠。睡眠不足を避けるのが重要です。

とはいっても、睡眠不足だからといって、クマができるわけではありません。

睡眠不足によってクマがさらに目立つだけ。睡眠不足はクマの直接的な原因ではないと覚えておきましょう。

睡眠不足にならないためには、長時間睡眠を確保することよりも、質の良い睡眠を確保することが重要です。

質の良い睡眠の大敵になるのが、スマホやタブレットなどのブルーライト。

眠る直前まで、ブルーライトを目に受けていては、質の良い睡眠の妨げとなります。

スマホやタブレットには、ブルーライトを出さないナイトモードが搭載されているので、1日中ナイトモードにして、ブルーライトを浴びないようにしてもいいでしょう。

まとめ

まずは自分のクマが、どのようなクマなのか知ることが大切でした。

そのうえで、青クマ、黒クマ、茶クマ、それぞれのクマに適した対策や予防策を行うと、クマを解消することができます。

青クマや黒クマは比較的すぐに解消できるもの。

ですが、茶クマは色素沈着してしまっているため、なかなか簡単には解消することができません。時間が必要です。
茶クマの場合は、解消するために、長い時間がかかると思っておきましょう。

顔にクマができていると、疲れているように見られてしまうため疲れ顔に見られないように、クマの対策を行いましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ