美肌チャレンジ!週末プチ断食【金曜日】

美肌になる正しい断食のやり方

断食と言っても様々なやり方があります。断食専門の施設や、そういったイベントを企画している会社もあります。今回は自分で気軽 … 続きを読む 美肌になる正しい断食のやり方

この記事は約4分で読み終わります。

断食と言っても様々なやり方があります。断食専門の施設や、そういったイベントを企画している会社もあります。今回は自分で気軽できる週末断食を解説いたします。週末断食は、断食をする日の前後1日を含めた3日間で行います。

美肌チャレンジ!週末プチ断食【金曜日】

初めて断食を行うときは、断食ってどんなものだろうとある意味緊張するかもしれません。でも、週末を利用したプチ断食はそんな構えるものではなく、リラックスして臨みましょう。

美肌チャレンジ!週末プチ断食【金曜日】
胃腸を休めることで身体の内部をリフレッシュ。それが断食の効果

金曜日に注意することは、夕食です。土曜日は断食だからと言って、いつも通りに生活をして大丈夫です。運動にも制限はありません。

ただし、夕食だけは、食事の量を普段の半分くらい程度に抑えましょう。土曜日は何も食べないからと言って、たくさん食べてはいけません。
また、できれば飲酒も避けてほしいところですが、どうしても言うなら少量にとどめおいてください。

ただ、体調不良の時は、思い切って中止することも大事です。自分の体調と相談して始めてください。

美肌チャレンジ!週末プチ断食【土曜日】

土曜日は、朝から何も食べてはいけません。ただ、脱水症状を防ぐために、水分はしっかりと摂るようにしましょう。断食だからと言って飲まず食わずというわけではないのです。

美肌チャレンジ!週末プチ断食【土曜日】
断食と言ってもプチ断食であり、修行ではないのでお気軽に。

断食は、食事を断つだけですので、それ以外は、好きに生活して構いません。とはいっても、食事の時間がないわけですから、少し時間を持て余すかもしれませんね。
そういった場合は、少し遠出して歩くとか、気になっている部屋の片づけ、掃除をするとか、模様替えをするとか、少し体を動かすことがいいかもしれません。

身体を動かすといっても激しい運動は厳禁です。

食事を摂らないでいると、空腹を感じるだけではなく、血糖値が下がることで、頭がぼーっとすることがあるかもしれません。そういうことが考えられるので、念のため、車の運転等は避けた方が賢明です。

空腹感が、ちょっと耐えられないな、と思ったら、具を入れないすまし汁を飲むというのも一つの方法です。

また、土曜日の夜は、頭がさえて寝付きにくいかもしれませんが、そんな時は、無理に寝ようとはせずに、映画や読書などでゆったりと構えましょう。入浴をしたくなるかもしれませんが、シャワー程度に済ませておくとよいでしょう。

初めての断食をするときは、本当に1日何も食べなくても大丈夫だろうかと、思うかもしれませんが、実際に丸一日何も食べないで過ごしてみると、案外過ごせるものです。あれ、こんなものか、と思うはずです。

とは言っても、頭痛や体がだるくて動けないなどの不調を感じたら、即中断して、おかゆなど胃の負担にならないものを口にしましょう。

半日だけでも胃腸の負担は軽くなり、休まりますので、全く効果がないということはありません。

美肌チャレンジ!週末プチ断食【日曜日】

丸1日何も食べない断食を無事終えた翌日の日曜日の食事は、おなかの負担の少ないおかゆから始めましょう。

断食によってせっかく休ませた胃腸を元に戻していくには、最初の食事が大切です。ここで食べすぎたり、胃腸の負担の重いものを食べたりしてしまうと、断食をした意味がなくなってしまいます。

まずは、消化にいいものを食べて「復食」していきましょう。

2回目の「復食」は、おかゆにみそ汁などをプラスして、食べる量を徐々に増やしていきましょう。そして、夕食は普段の食事でもいいですが、量は半分程度にしておくことがポイントです。

日曜日の食事はゆっくりと食べ、ゆっくりと味わいながら食べることが重要です。おなかがすいているからと言って、早食いをしてはいけません。腹八分目ぐらいで食事を終えることができたらこの断食は成功です。

まとめ

断食後は、驚くほどすっきりと排便できるようになるという体験談は結構あります。すっきり排便することにより、体の中の毒素が排出され、お肌も美しさを取り戻しているでしょう。たった、1日だけ胃腸を休ませるだけで、想像以上の体験をすることができます。

折角、行ったこの断食を一回だけで終わらせてしまうのはもったいないので、体調を見ながら定期的に行うと、どんどんと生活習慣や食生活が改善され、体の毒素もどんどん排出され、健康的で美しい体になっていきます。

ぜひ、お試しあれ。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ