気になるほくろを消したい!自分で簡単にとれる方法をご紹介!

気になるほくろを消したい!自分で簡単にとれる方法をご紹介!

ほくろが顔にあると、メイクで隠したくても隠しきれずにこころなしか薄くするくらいが精一杯です。ほくろがあることで、鏡を見て … 続きを読む 気になるほくろを消したい!自分で簡単にとれる方法をご紹介!

この記事は約4分で読み終わります。

ほくろが顔にあると、メイクで隠したくても隠しきれずにこころなしか薄くするくらいが精一杯です。ほくろがあることで、鏡を見ては憂鬱に感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

大きなほくろであれば、病院などで施術してもらうことが一般的ではありますが、今はドラッグストアや薬局でもほくろを除去できる商品を購入することができます。今回は自分でできるほくろを除去する方法についてみていきましょう。

日本で人気!自分で簡単にほくろを消す方法

ほくろは、皮膚の一部にメラニン色素が集中することで生成されるといわれています。
ほくろが年々増えることは自然なことで、これは紫外線や摩擦などの刺激により、メラニンが過剰に生成されてしまう原因で起こります。

自然な現象だとはいっても、女性はメイクをする際に、ほくろが邪魔だと感じてしまうこともあります。すでにあるほくろの除去方法を知って、これから増えるかもしれないほくろの対策をとりましょう。

気になるほくろを消したい!自分で簡単にとれる方法をご紹介!
気になるほくろを自分で消してみよう

カソーダ

カソーダとは、ヒマシ油と重曹を混ぜたもの。
ドラックストアなどで購入することができますが、自宅でも簡単につくることが可能です。

作り方は、重曹2に対してヒマシ油1の割合で混ぜてください。

カソーダの使い方は、洗顔後の綺麗な肌に、カソーダを綿棒などで取り、ほくろの上にのせます。これを毎日2週間程続けてください。

すると、ほくろがかさぶたになってきます。このかさぶたが、はがれ落ちることでほくろはなくなるようです。

カソーダは、敏感肌の方に向きません。刺激がかなり強いので、ほくろ以外の皮膚にはつかないように注意してください。
事前に、目立たないところに少しつけて試すなどしてみると安心です。

もぐさ

もぐさは、蓬を原料としたものです。
もぐさで、ほくろを除去する方法は、民間療法として古くから伝えられています。

使い方は、もぐさを直径1mm~2mm程度の細さにねじり、除去したいほくろにのせます。
そのもぐさに、線香などで火をつけます。
もぐさがなくなるまでそのまま放置するだけ。手軽さと価格がもぐさの魅力です。

通常、3~4日目になると、ほくろの表面が乾燥してくるので、このまま放置。個人差にもよりますが、だいたい1週間~2週間ぐらいでかさぶたになります。あとは、はがれ落ちるのを待つだけ。

このとき、治療した周辺の皮膚が焦げてしまった場合は、軽い火傷ですので治りますが、コツとしては小さいもぐさを使用して、何度も繰り返す方法がおすすめです。

もぐさでお灸をする時、火を使いますのでくれぐれも扱いには注意しましょう。
もぐさによるほくろ除去は、特許も取得されているので、安心して治療をおこなってみてください。

海外で人気!自分で簡単にほくろを消す方法

次に、海外で人気のあるほくろを除去する方法についてご紹介します。
やはり、美について悩むことは、全世界共通のようです。

漢方クリーム

海外で人気のほくろを除去する方法として人気が高いのが漢方クリーム。

治療期間はさきほどご紹介したカソーダやもぐさとおなじく2週間ほどです。
注意点としてお伝えしておきたいことが、皮膚がとけるかもしれないということ。

ですので、刺激が強めの薬になります。

中国や台湾では民間療法として、漢方クリームでホクロ除去する方法は有名で当たり前のようにおこなわれています。

もぐさの治療に比べて火傷の心配はないので、敏感肌ではなく火の取り扱いが苦手な女性は検討してみてはいかがでしょうか。

漢方クリームは、ドラックストアで購入することができます。

ほくろ除去クリーム

ほくろ除去クリームは、ほくろの除去を知られたくないと考えている人に最適です。
治療期間として、2週間~3週間程です。
他の方法と同じく、気になるほくろの上に、除去クリームを綿棒などで少しずつ塗布し、塗る作業を繰り返します。
ほくろの除去クリームも刺激が少し強く、塗った後はヒリヒリするので、ドラッグストアで購入の際には薬剤師へ相談してみると良いでしょう。

自分で簡単にほくろを消す方法
自分でやれる範囲でほくろを消してみよう

まとめ

今回は自分でできるほくろの除去方法を紹介いたしました。ただ、やはり、こういったことは専門医に相談しておこなうことが確実で、安全です。自己流ではなく、専門医と相談しながらほくろを除去して、自分の気に入った顔になりましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ