気になるほくろを医療・美容医療で除去しよう

気になるほくろを医療・美容医療で除去しよう

ほくろが気になる、ほくろを取りたいという方は意外と多くいるのではないでしょうか。場所や大きさにより、コンプレックスの原因 … 続きを読む 気になるほくろを医療・美容医療で除去しよう

この記事は約5分で読み終わります。

ほくろが気になる、ほくろを取りたいという方は意外と多くいるのではないでしょうか。場所や大きさにより、コンプレックスの原因となることもあるほくろですが、ほくろの除去する方法は年々進化しています。小さなほくろなら驚くほど簡単に取れ、また、以前の除去法では取りにくかったようなほくろでも簡単に取れるようになってきています。
今回は専門医に相談することで、ほくろを除去する方法を解説します。

気になるほくろを医療・美容医療で除去しよう
ほくろがコンプレックスなら、専門医に相談してほくろを除去しよう

そもそもほくろはとっていいものなの?

そもそもほくろは除去する必要があるのでしょうか?悪性腫瘍が疑われる場合は当然、除去する必要があるのですが、見た目的にはどうでしょう。

一昔前までは、元々「ほくろをとる」、という習慣は一般的ではなかったと思います。それが、近年では大きく変化してきており、見た目を気にして、ほくろを取る方がかなり増えてきているように思います。
特に隆起性のほくろは見た目的にも取った方がよいといえますし、ほくろがない方が美しいと感じる人は多いので、ほくろを除去する流れは今後も続くと思われます。

医療で除去する(保険適用)

どんなほくろであれば、保険適用がされるのでしょうか。
保険適用されるほくろ除去施術の条件については、悪性の疑いのあるほくろや放置すると危険なほくろです。

これらは、皮膚がんの危険性をともなうものですので、放置してはいけません。
肥大化していくほくろや出血してしまうほくろ、ほくろを除去した後に、病理検査を希望している場合は保険が適用されます。

病院でほくろを除去する方法は、

・ほくろに対して機具でくりぬく方法
・メスで皮膚を切開する方法

などが、あげられます。
メスなどの器具を使用して治療するため、後傷となってしまうケースもあるようで、良い医師を見つけることが重要なポイントです。

美容医療で除去する(保険適用外)

続いて、美容医療でほくろを除去する方法についてご紹介します。

美容医療では、炭酸ガスレーザー、切除法、切縫法と呼ばれる方法でほくろの除去を行いますが、炭酸ガスレーザーでの、治療以外は病院での治療法と同じです。

レーザーでの治療は、小さなほくろであれば短時間で済むため、傷痕も小さいことがメリットです。費用が全額自己負担ではありますが、直径が3ミリまでのほくろなら、1つ千円ほどで施術可能な病院もあり、悪性ではないほくろであれば自由診療もおすすめです。

レーザー治療がなぜ保険適用外になるのかは、ほくろの皮膚細胞を破壊してしまうので、除去したほくろが検査に出せないためです。
見た目の美しさを早い段階で改善するなら、レーザー治療はおすすめの方法です。

ほくろ除去を行う際の病院選びのポイント
ほくろ除去をするクリニック選びはmしっかりとコミュニケーションが取れるところ

ほくろ除去を行う際のクリニック選びのポイント

ほくろ除去を行う際にクリニックを選ぶ最大のポイントは、きちんとアフターフォローをしてくれるかどうかということです。
医療行為である以上、うまくいかない可能性もあります。処置の前にメリット・デメリットについて説明をしっかりと受けましょう。治療の結果、何らかの傷跡が残ったり、再発したり、ケロイドができることもありますので、そのあたりもしっかりと聞いておきましょう。
残念ながら、自らが行った処置に対してしっかりとフォローをしない無責任なクリニックも実在するという話も耳にします。ですから、処置を受ける際にはリスクや予想される合併症について、またアフターフォローについてもしっかり事前に聞いておくことが大切です。
きちんと患者に寄り添って、最後まで責任をもって対応してくれるクリニックなのかを見極め、自分に合ったクリニックを探しましょう。

キレナビのクーポンを利用する

キレナビにもほくろ除去に関するクーポンをご用意しております。こちらもぜひご活用してみてはいかがでしょうか。

自由が丘ロジエクリニック【自由が丘駅 徒歩1分】
https://www.kirei-c.com/clinics/coupon_detail/j_rosier/32999

さやか美容クリニック・町田【町田駅 徒歩5分】
https://www.kirei-c.com/clinics/coupon_detail/sayaka-biyou-clinic/20997

まとめ

気になるほくろを消す方法について、病院での治療、レーザー施術までをご紹介しました。
ご自身に合うほくろの除去方法で、ご自身に合うクリニックで、ほくろ除去をしていきましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ