顔のくすみの原因は?今すぐできるくすみの改善策

顔のくすみの原因は?今すぐできるくすみの改善策

顔がくすんでしまうと、老けて見られたり疲れているように見られたり、あまりいいことがないですよね。できれば、くすんでいない … 続きを読む 顔のくすみの原因は?今すぐできるくすみの改善策

この記事は約5分で読み終わります。

顔がくすんでしまうと、老けて見られたり疲れているように見られたり、あまりいいことがないですよね。できれば、くすんでいない透明感のある肌になりたいものです。

ところで、顔のくすみの原因は何かご存知でしょうか?それは、甘いものの食べ過ぎや血行不良、乾燥、紫外線などが主な原因です。これらの原因を解決すれば、顔のくすみも解消されます。

顔がくすむ原因や解消法、すぐにできる対策について、詳しく説明していくので、一緒に勉強してみましょう。

顔のくすみの原因とは

顔のくすみに悩んでいる方は、まずは顔がどうしてくすむのか原因について学んでみましょう。

顔のくすみの原因としては次の3つが考えられます。

・肌の糖化
・血行不良、乾燥
・紫外線

これら3つの原因について、もう少し詳しくみてみましょう。

顔のくすみの原因は?今すぐできるくすみの改善策
顔のくすみが気になり始めたら、まずはなぜくすむのかを理解しよう

甘いものに目がないと顔はくすみやすい

顔がくすむ原因のうちの1つは、肌の糖化です。

肌の糖化とは、糖質を過剰に摂取することにより、タンパク質と糖質が結合しタンパク質が劣化してしまうこと。タンパク質は劣化するとAGEsという物質になります。そのAGEsが体内に溜まると肌が、パンが焦げた時のように黄色にくすんでしまうのです。

美肌に欠かせないコラーゲンもタンパク質。コラーゲンはもともと透明ですが、糖化によってコラーゲンも黄ばんでしまいます。

スイーツ巡りなどは、ストレス発散にもなる楽しいものですが、あまりにもスイーツばかり食べていると、糖質だけでなく脂質も多くなります。甘いものはほどほどにしておきましょう。

血行不良・乾燥による顔のくすみ

顔のくすみは、血行不良や乾燥によっても起こります。

血行不良になると、肌に栄養が届かなくなるうえ、古い角質などの老廃物が溜まってしまうもの。すると、通常ならば古い角質が取り除かれ新しい角質ができなければならないはずが、正常なターンオーバーができず、いつまでも古い角質が肌に残ってしまいます。

また、血行が悪くなると、血管に赤みがなくなるもの。血管に赤みがなくなると、顔色が悪く見えるうえ、肌も黄色く見えてしまいくすんで見えます。

肌が乾燥している場合も肌はくすんで見えてしまい、乾燥によるくすみは夕方に起こりやすくなります。というのも、夕方になり肌が乾燥し始めることでツヤがなくなるためです。ツヤがなくなると、どうしても肌が暗くなったように感じられます。

紫外線による顔のくすみ

紫外線によっても、顔はくすみます。というのも、紫外線に当たるとできるのがメラニン。メラニンは少量ならば肌のターンオーバーによって正常に排出されます。

ですが、大量に発生してしまった場合は、ターンオーバーによって排出しきれず、メラニンが肌に残りくすみの原因となります。

また、年を重ねていくと、新陳代謝が悪くなりターンオーバーが乱れてしまうのです。

ターンオーバーが乱れると、どうしてもメラニンが肌の内部に溜まりやすくなり、年齢が上がるにしたがって、紫外線による顔のくすみはできやすくなるといえます。

顔のくすみを改善へと導くには

顔がくすむ原因がわかれば、次は改善する方法について学んでみましょう。顔のくすみを改善する方法は次の3つ。

・食事の見直し
・運動
・保湿と睡眠

これらの方法について説明していきます。

顔のくすみを改善へと導くには
自分でできる久住の改善は食事・運動・嗣明の正常化

食事を見直して顔のくすみ対策

顔のくすみ解消のために、自分が日々の食事で糖分と脂肪分の多い食べ物を多く食べていないか見直してみるのがおすすめです。

糖分と脂肪分が多い代表的な食べ物といえば、ケーキ。食べ過ぎに注意するのはもちろん、ケーキなどの食べ物を食べる際には、糖質の分解に役立つビタミンBを一緒にとるようにしましょう。そして、朝はフルーツを積極的に取り入れるようにします。

食べる順番にも注意が必要です。というのも、食物繊維を多く含む野菜などをはじめに食べると、糖の吸収を抑えてくれます。そのため、糖分が吸収されず体内に溜まらず、排出されやすくなるのです。

からだを動かして顔のくすみ対策

からだを動かすことも、顔のくすみ対策には有効です。というのも、からだを動かすと体温や心拍数が上がり、血行が良くなります。また、筋力もアップし血液を送り出す力が強くなる効果もあります。

からだを動かすといっても、激しい運動をする必要はありません。ウォーキングやストレッチなど、できる範囲の運動をするといいでしょう。また、簡単なフェイスマッサージも効果的です。

からだを動かすのと同時に湯船に浸かるようにするのもおすすめ。湯船に入ることで、血管が広がり血行がよくなります。

保湿と十分な睡眠

夕方に肌のツヤが失われないよう、保湿をしっかりとすることも顔のくすみ改善には有効です。化粧水などで保湿をしっかりと行いましょう。

化粧水は、美白成分が入っているものを選ぶのがおすすめです。おすすめの美白成分は、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、プラセンタ、アルブチン、トラネキサム酸など。これらが入っているものを選ぶと、メラニン対策にも良いとされています。

そして、十分な睡眠を取ることも顔のくすみ対策には有効です。肌のターンオーバーを促す成長ホルモンは、寝始めてからの3時間の間に活発に分泌されます。そのため、質の良い睡眠を取ることが重要です。

まとめ

顔のくすみの原因、自分でできるその改善法について、解説してきましたが。要は、規則正しい生活、食事を摂ることが大切となってきます。くすむ体質からくすみにくい体質に変化させることが重要となります。
まずは自分の生活を見直すことから始めましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ