目元で見た目年齢は変わる

目の下の「たるみ」を解消しよう

目の下の「たるみ」は気になるもの。しかもそれらは、日ごろ気づかないうちにいつの間にやら、つくってしまっていることが多いの … 続きを読む 目の下の「たるみ」を解消しよう

この記事は約6分で読み終わります。

目の下の「たるみ」は気になるもの。しかもそれらは、日ごろ気づかないうちにいつの間にやら、つくってしまっていることが多いのではないでしょうか。そんな「たるみ」の原因とその対処法を解説していきます。

目元で見た目年齢は変わる

何気ない会話をするときにも自然と視界に入る目元。その目元を見て「なんだか疲れてそう…」「寝不足かな?」「この人、けっこう年上かも」などとその人を判断してしまいがちです。逆に言えば、そのように自分が見られている可能性もあります。

目元は顔の中でもとくに疲れや老いがでやすい部分で、なかでも気をつけたいのがたるみです。若い頃に比べて目尻が下がった、下まぶたがふくらんできた、目の下にくぼみや影が…。そんな目元のたるみはアイメイクでもなかなかフォローしきれず、老け顔をつくりだしてしまいます。
見た目を左右するからこそ、目元のケアは怠りたくないですね。
それでは、たるみの原因や日々の対策などをみていきましょう。

目元で見た目年齢は変わる
目元のケアで見た目は変わります

目元がたるむのはなぜ?

目元は普段からまばたきによる負荷がかかっています。そもそも、絶え間なくまばたきをする目の周辺の肌は、伸縮しやすいよう薄くできているため、乾燥しやすくハリを保ちにくい部位です。さらに、肌のすぐ下にあるまぶたを開閉させる「眼輪筋(がんりんきん)」は、年齢とともに薄くなったり、緩んだりします。言葉はあれですが、メンテナンスをしなければ、経年劣化でどうしても目元にはたるみが生じてしまうのです。

下まぶたのぷっくりしたふくらみは「涙袋」と呼ばれ、最近では若い女性に重宝されているようですが、これは眼輪筋が過剰に発達したものです。笑った時などにふくらみが強調されます。涙袋よりも下方にあるふくらみは「目袋」と呼ばれ、これは眼球を取り囲んでいる脂肪が前方に押し出されることで起こる現象です。年齢を重ねると、重力によって押し出された脂肪が前方へ突き出し、まるで袋が垂れたように目立ってしまう状態になってしまい、このたるみが老け顔に見えてしまう要因の一つです。

スマホの見過ぎも原因の一つ

眼球を動かさず、瞬きの回数も少なくなってしまうスマホの見過ぎ。思い当たる節はないでしょうか。スマホは一点を見つめることが多いので、目の周りの運動があまり行われず、目の周りが固まりやすくなってしまいます。
つまり、まばたきをしなくなってしまうということです。まばたきをしないということは、目の周りが運動不足になる→目の周りが劣化する→硬く縮む→血行不良を引き起こし、まぶたがたるむ……、という悪循環があり、スマホを見続けると、青くまや黒くまができて当然なのです。

紫外線は目元のたるみにもシワにも大敵です

目元に限らず肌がたるむ原因のひとつは紫外線です。紫外線は1年中ふりそそいでいますが、とくに春先からはその量が増加します。

紫外線のなかでも長い波長をもつUVAは、肌の奥にある真皮にまで達し、色々とダメージを与えます。すると肌を構成しているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの産生が衰えるだけでなく、成熟したコラーゲンが分解・変性され、肌の機能が低下してしまい、目元や肌がたるんでしまうのです。

さらに、紫外線によるダメージが重なり顔の肌の力が弱まると、それに伴って眼輪筋が一生懸命働くことになります。どんどん筋肉が使われるわけですから、特に目尻にはシワが目立つようになります。つまり、紫外線は目元のたるみやシワをも引き起こしてしまうのです。

目元のハリを保つ3つのセルフケア

目元のたるみを解消するために自分でできるケアを説明していきます。

■保湿
乾燥しやすい目の周りの肌を保湿することが大切です。肌は、ちょっとしたことで潤いが失われてしまいます。年齢とともに失われるうるおいを、日々のケアでしっかり補っていきましょう。

■紫外線ケア
日焼け止めは波長の異なる紫外線UVBとUVAの両方に効果のあるものを選び、長時間屋外で過ごす際には2〜3時間ごとに塗りなおすようにしてください。屋内にいても窓ガラス越しに紫外線を浴びてしまいます。また、まぶたは日焼け止めを塗り忘れやすい場所のひとつです。丁寧に日焼け止めを塗って紫外線を防ぎましょう。紫外線対策は夏だけではなく、冬の季節からおこなっておくことも大切です。

■目をこすらない
目の周囲の皮膚は薄く皮脂腺も少なくデリケートです。目をこする摩擦やダメージがたるみにつながることもあります。これから花粉症が発症する人がいるかもしれませんが、できるだけ目をこすらないようにしましょう。

これらの3つのセルフケアで目元をいたわり、見た目年齢を若々しく保っていきましょう。

目元たるみ対策は必要です
目元ののたるみケアは大切です

コスメで目元対策

キレナビには厳選したコスメを紹介しています。その中からいくつかを紹介します。

モイストリフトプリュスセラム(リフト美容液)30ml
https://www.kirei-c.com/hiroo-prime.c/21308

セルピュア モイスチャーローション(保湿化粧水)200mL
https://www.kirei-c.com/tokyo-ginzaskin-cosme/35295

目元が気になりだしたら、一度試してみてはいかがでしょうか。

キレナビおすすめクーポン

有楽町高野美容クリニック【日比谷駅 徒歩0分】
https://www.kirei-c.com/clinics/coupon_detail/takano-beauty/30808

めじろミサクリニック【目白駅 徒歩3分】
https://www.kirei-c.com/clinics/coupon_detail/misaclinic/20876

厳選したクーポンです。こちらもぜひ、お試しください。

まとめ

目元で第一印象が決まってしまうといっても過言ではありません。一番見られる場所ですので、ぜひ、ケアを怠らず、美を楽しんでいきましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
TagKeywordこの記事のタグ