生活習慣を整えて肌の弾力を取り戻す

肌の弾力を取り戻す方法

コラーゲンが減少してしまったり、肌のバリア機能が低下したりしてしまっても、お肌の弾力を取り戻す方法はあるのでしょうか? … 続きを読む 肌の弾力を取り戻す方法

この記事は約5分で読み終わります。

コラーゲンが減少してしまったり、肌のバリア機能が低下したりしてしまっても、お肌の弾力を取り戻す方法はあるのでしょうか?

年齢を重ねても若々しくいるために、いくつか方法をご紹介します。

紫外線対策をする

紫外線が起こす肌への影響については、もうお分かりかと思いますが肌の弾力を保つためにも紫外線対策は必須です。

対策としてあげられることは、外にでるときだけでなく室内でも日焼け止めを使用すること。
窓から入る日差しによっても紫外線を浴びてしまいますから、注意が必要です。

また、目にも紫外線が入ることをご存知でしょうか?
UVカット付きのサングラスをかけることで対策ができます。

日焼け止めのみの対策だと不安な場合は、日傘や帽子などをかぶることもおすすめします。
また、夏だけでなくできれば春秋冬にもこまめなケアを心がけましょう。

紫外線対策をする
紫外線対策はスキンケアの鉄則

保湿をしっかりする

乾燥を防ぐためにも、日頃からの保湿は大切です。
肌のバリア機能を高く保つことができれば、ハリも保たれます。

乾燥対策としておすすめの成分は、コラーゲンとプラセンタです。ほかにも、肌の弾力にかかせない成分がありますので、ご自分の肌に合うものを選択すると良いでしょう。

肌に良い成分と言われると、高価なものを選んでしまう方もいますが続けなければ意味がありません。長く続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

表情筋を鍛える

顔の表情筋を鍛えることで、肌のたるみ予防につながります。

顔全体に表情筋がありますので、鍛える箇所として顔の全部分になりますが、他にも目のまわり、頬筋は重要です。

日頃の生活習慣から肌の弾力をキープしよう

肌の弾力を引き戻すためには、外だけでなく内側からのケアと正しい生活習慣が大切です。
ここでは、肌弾力にかかせない食べ物や、睡眠などについてご紹介します。

肌の弾力に良い食べ物をとる

肌の弾力のために良い食材として、具体的にはどのような食べ物があるのか見ていきましょう。

・タンパク質

タンパク質は、コラーゲンの源となる成分。タンパク質を1日摂取しないだけで、肌の弾力性が失われるといわれるほど、お肌にとっては重要なもの!

体内での吸収率をあげるために、アミノ酸スコアとよばれる数値にも注目してみましょう。
100に近いほど、からだに吸収されやすいと言われています。

卵のアミノ酸スコアは100で、ゆでたまごは手軽に食べられる良質なタンパク質源です。朝食やランチなど、積極的に取り入れたいですね。

お肉もタンパク質の宝庫。鶏肉や豚肉、魚など積極的に摂りたい食品です。牛肉は意外にもアミノ酸スコアが100ではないですが赤身のお肉はおすすめです。

・コラーゲン

何度もお伝えしている通り、コラーゲンは肌の弾力に必須の成分。

そんなコラーゲンを多く含む食材として、鶏の手羽先や、皮、豚足、牛筋などぷるぷるとしたゼラチン質を多く含む食材はコラーゲンが豊富です。

・イソフラボン

イソフラボンが多く含まれている食品と言えば、豆富や納豆などの大豆製品。
他にも豆乳やおからなどが挙げられますね。

イソフラボンには、女性ホルモンに良い影響を与える成分も含まれているため、女性は積極的に食事へプラスしたい食材です。

・ヒアルロン酸

サプリメントなどで、ヒアルロン酸の成分を含むものは街中でよく見かけますが、食材からヒアルロン酸を摂取すると問われて、パッと思い浮かべられる食材とは何なのでしょうか。

ヒアルロン酸を含む食材は、ムコ多糖類と呼ばれる成分が入った食材です。
ネバネバしたものや、ヌルヌルとしたものがヒント。

コラーゲンと同じく、鶏の手羽先や皮、豚足を食べると体内でヒアルロン酸に合成されます。
他には、鶏の軟骨、カレイ、鮭、うなぎ、ふかひれにも含まれていて、ネバネバで有名な、納豆やオクラ、とろろなどがあります。

しかし、ヒアルロン酸は体内で吸収されにくい性質を持っているので、低分子のサプリメントが効率的でおすすめです。

・抗酸化作用のあるビタミン

抗酸化作用とは、体内のサビを撃退してくれる働きのこと。

有名なビタミンとしては、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが挙げられます。

ビタミンAでは、にんじんやうなぎ、ビタミンCは、ブロッコリーやピーマン、イチゴ、オレンジなど、ビタミンEを多く含む食材として、鮭やアーモンドがあります。

質の良い睡眠を心がける

どんなに良いサプリメントを摂取しても、睡眠以上に効く万能薬はないと言われているほど、肌の健やかなハリや弾力を保つために睡眠は不可欠です。

理由として挙げられるのは、睡眠中に肌が受けたダメージを回復させるため。

人は眠ることで、成長ホルモンが分泌され、ターンオーバーを正常化させます。
肌弾力を取り戻すためには、夜22時~24時ごろまでにベッドに入り眠ることが理想とされています。

睡眠時間については、最低でも6時間はとりたいところです。

生活習慣を整えて肌の弾力を取り戻す
美容と健康は切っても切れないもの。生活習慣を改めよう

まとめ

肌の弾力を取り戻すためには、コラーゲンの摂取が欠かせません。
ですが、だからといってコラーゲンを含む食材だけを食べていても良くはないのです。

何事もバランスが大切なので、良質な食事と睡眠、日々のケアをできることからはじめてみてください。肌のターンオーバーの生まれ変わりは28日とされていますので肌サイクルを意識して、取り組んでみましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ