ベビーコラーゲン

肌のハリ、小じわを目立たなくするベビーコラーゲンとは?

最近はやりのベビーコラーゲン。巷でも大人気のようで、肌のハリ、小じわが気になる方に公表のようです。そんなベビーコラーゲン … 続きを読む 肌のハリ、小じわを目立たなくするベビーコラーゲンとは?

この記事は約4分で読み終わります。

最近はやりのベビーコラーゲン。巷でも大人気のようで、肌のハリ、小じわが気になる方に公表のようです。そんなベビーコラーゲンについて、解説いたします。

ベビーコラーゲンとは

まず、一口にコラーゲンと言ってもコラーゲンにはⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型・Ⅳ型・・・というようにいくつかの型に分類されています。
そして、お肌を構成しているのは、主にⅠ型とⅢ型と言われています。
色々と言われていますが、お肌の弾力、張りを保つ真皮層の構成成分の約70%がコラーゲンと言われています。
Ⅰ型コラーゲンから見ていくと、Ⅰ型コラーゲンは、お肌の張りや弾力性を保ったり、骨や筋肉や腱を丈夫に保ったりする働きがあると言われています。
一方、Ⅲ型コラーゲンは別名ベビーコラーゲンと呼ばれるほど、赤ちゃんの皮膚に多く含まれていますが、残念ながら、加齢とともに徐々に減少していきます。
そして、Ⅲ型コラーゲンは、Ⅰ型のコラーゲンのサポートとして、お肌の弾力や保湿力を高め、ハリと柔軟性のある赤ちゃんのような潤いのあるプルプルなお肌に導いてくれると言えます。

ベビーコラーゲン
赤ちゃんのような純真無垢なお肌を手に入れよう

ベビーコラーゲンの効果とは?

ベビーコラーゲンを使った治療は、小じわを目立たなくするのはもちろん、加齢とともに失われる肌の張りや弾力や水分保持力がアップすることによく使われます。
また、肌の再生能力が優れているためふっくらとした肌質を取り戻したい方にもよく使われるようです。

ベビーコラーゲンのリスク

ベビーコラーゲンは、法令線など深いしわにはあまり適さないようです。もちろん数回くりかえすことでふっくらしてくると考えられますが、コストパフォーマンスがヒアルロン酸に比べ、だいぶ悪くなってしまうと思います。
ですので、頬をリフトアップしたりとか、しっかりとしたボリュームを作りたい場合はヒアルロン酸か脂肪注入のほうがよいのではないでしょうか。

ベビーコラーゲンの優れているところは何か

まずは、肌なじみが良いことが挙げられます。目の下など非常に皮膚が薄いところ、また、加齢により、肌弾力がなくなってしまっている上まぶたや唇の上などの部位は、今までやわらかいヒアルロン酸でも、満足のいく結果が得られないこともあるようですが、細かい小じわまでなじんでくれるようです。
ベビーコラーゲンは、現在唯一のアメリカ製ヒューマンコラーゲン(人間のコラーゲン)です。とはいえ人間から直接取ったものではなく、人間の繊維芽細胞を培養してその細胞に作らせたものなので感染症の危険などの不安もありません。
また、コラーゲン製剤といえば、実はアレルギーリスクがあることが欠点でした。しかし、ベビーコラーゲンは、Ⅲ型コラーゲンという非常にしなやかなタイプのコラーゲンが50%配合されていることにより、従来のコラーゲンと違ってより浅い部分のシワにも適していて、より幅広い人に適合するというのが優れている点でもあります。

ベビーコラーゲン
ベビーコラーゲンで美肌ケア

ベビーコラーゲンは美容以外にも

2011年東京大学での産学共同研究かの結果から、創傷治癒初期段階においてⅢ型コラーゲン(ベビーコラーゲン)が治癒の進行の土台として働くことがわかりました。つまり、Ⅲ型コラーゲンは治癒における組織再生に重要なコラーゲンともいえるのです。
身体に傷ができたとき、治りが遅いと感じたらⅢ型コラーゲンが不足していると考えられるかもしれません。
Ⅲ型コラーゲンは肌の水分保持などといった美容効果のみならず、創傷治癒における土台になるなど、人体の組織再生において重要なコラーゲンと言えます。
そういった意味においても、美容に効果的ともいえるかもしれません。

キレナビおすすめベビーコラーゲン

キレナビにもベビーコラーゲンを使用したクーポンをご用意しております。

東京皮膚科・形成外科(銀座・いけだクリニック)【銀座駅 徒歩3分】
【肌のハリ!小じわが気になる!肌のきめ細かさを取り戻したい!】ベビーコラーゲンピール

是非、一度お試しいただければと思います。

まとめ

コラーゲンにも様々な種類とはたらきがあります。それをよく理解したうえで、自分に合ったコラーゲンを利用していきましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ