頭皮にかゆみが起きる原因は?

治らない頭皮のかゆみ・気になるフケ!原因とおすすめの対処方法は

頭皮のかゆみやフケが気になる・・・頭皮トラブルに悩んでいる人は少なくありません。頭皮トラブルは自分で改善することはできる … 続きを読む 治らない頭皮のかゆみ・気になるフケ!原因とおすすめの対処方法は

この記事は約6分で読み終わります。

頭皮のかゆみやフケが気になる・・・頭皮トラブルに悩んでいる人は少なくありません。頭皮トラブルは自分で改善することはできるのでしょうか。ここでは頭皮にかゆみが起きる原因と対処方法を紹介していきます。かゆみを防ぐケアも紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

頭皮にかゆみが起きる原因は?

頭皮に髪が起きる原因はいくつかあります。

・脂性肌で皮脂の分泌が多い
脂性肌は肌の皮脂の分泌量や水分量が多い状態の肌質を指します。頭皮は体の中で皮脂量が多いので最近が繁殖しやすいのです。洗髪が不十分だと頭皮に汚れや皮脂が溜まって細菌が繁殖し、かゆみが起きてしまいます。

・シャンプーや整髪料による刺激
自分の肌に合わないシャンプーや整髪料を使用していると、頭皮が炎症を起こしかゆみが起きます。さらにシャンプーのすすぎ残しも、かゆみの原因のひとつです。

・汗や乾燥による刺激
帽子などで頭が蒸れて汗をかき、それが原因となりかゆみが発生します。特に夏場はたくさん汗をかくため、大量に汗をかいて頭皮に溜まってしまうとかゆみの原因になります。汗が蒸発すると頭皮の水分も一緒に奪ってしまい乾燥してしまいます。乾燥も頭皮のかゆみの原因になるので注意が必要です。

・ストレス
精神的なものというイメージを持っている人が多いと思いますが、ストレスが溜まるとホルモンバランスの乱れなども影響し、血行不良で頭が固くなり自律神経の中でも交感神経が優位になります。交感神経が優位になると男性ホルモンの分泌が盛んになってしまい、汗をかきやすくなったり皮脂が多く分泌されてしまうのです。

頭皮にかゆみが起きる原因は?
頭皮にかゆみを放置してはいけない

頭皮のかゆみを放置すると危険!

頭皮のかゆみを放置していると「フケ症」が進行してしまう可能性があります。フケ症が進行してしまうと薄毛や脱毛の原因になります。更にかゆみがひどくなり、爪で強くかいてしまうと炎症が起きてしまう場合も。症状がひどくなってしまうと、「脂漏性湿疹」「尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)」「頭部白癬(とうぶはくせん)」「シラミ」やアトピー性皮膚炎などの他の皮膚疾患になっている可能性があるので注意しましょう。

頭皮にかゆみが起きた際の対処方法

頭皮にかゆみが起きる原因を紹介しました。かゆみが起きた場合はどうすればいいのでしょうか。かゆみが起きないための予防方法も一緒に紹介していきます。

市販薬を使用する

軟膏やクリームは塗りにくいのでローション剤やスプレーを頭皮に塗るようにしましょう。
市販薬で改善されない、かゆみ以外に湿疹などの皮膚症状がある場合は、一度皮膚科に相談してください。すぐに治るだろうとそのままの状態にしていると湿疹が悪化したり、慢性化したりしてしまう可能性があります。

自身の肌・実質に合うシャンプーを選ぶ

今はシャンプーの種類が豊富で、どのシャンプーを選べばいいのか迷う方も多いでしょう。自分の頭皮に合ったシャンプーの選び方のポイントを説明します。

頭皮にかゆみがある場合は地肌がデリケートな状態のため、肌の刺激を抑えるためにも低刺激なものを選びましょう。無添加や石けん系のシャンプーがおすすめです。
オイル系シャンプーは頭皮に潤いを与えしっかりとした洗浄力があり、アミノ酸系シャンプーは皮脂を落としすぎず、ほどよい洗浄力があります。どちらも保湿効果があるので頭皮のケアに最適ですよ。
自分に合ったシャンプーを見つけても、高価格だったら継続しにくいです。値段も考えながらシャンプーを選ぶようにしましょう。

次に、自分に合ったシャンプーを見つけたらシャンプーの洗髪方法も変えてみましょう。
頭皮のかゆみを防ぐシャンプーの仕方も紹介していきます。

・頭皮のかゆみを防ぐシャンプーのやり方
1.シャンプー前にぬるま湯で髪をしっかり濡らす。
2.シャンプーをよく泡立てて頭皮から髪全体になじませ、指の腹で洗う。
3.ぬるま湯で洗い残しがないようにしっかり洗い流す。

頭皮の血行も良くするために定期的に頭皮マッサージも行いましょう。乾燥しがちな場合は頭皮用ローションを付けてマッサージするのもおすすめです。

・頭皮マッサージのやり方
1.両手の指の腹で地肌全体を押さえ、生え際から頭頂部にかけ押さえて指圧する。
2.指先で頭皮を軽くつまみ上げるようにマッサージする。
3.頭を抱えるように両手で円を描くように地肌をもみ上げる。

爪を立てずにゆっくり行うのがポイントです。

髪を洗った後はドライヤーで髪をしっかり乾かしましょう。生乾きで放置していると雑菌が繁殖しかゆみやにおいの元になってしまい、せっかくのケアが台無しになってしまいます。

生活習慣を見直そう

・ストレスを溜めない
体を動かすのもストレス解消に効果的です。ウォーキングやストレッチなど軽めの運動でも気分転換になります。体を動かすのが苦手な人は、自宅でアロマを焚いたりハーブティーを飲んだり、好きな音楽を聞いてゆったり過ごすのもストレス解消になります。自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

・質のいい睡眠を取る
日中に受けた髪のダメージは、寝ている間に再生するので睡眠をしっかり取りましょう。睡眠習慣が悪いと頭皮の皮脂が過剰に分泌され、かゆみを引き起こす可能性があります。寝る前にカフェインやアルコールの摂取は避け、自分の体に合った寝具を使用し質のいい睡眠を取るようにしてください。

・食生活を改善
揚げ物や脂身の多い肉、スナック菓子やケーキなどの脂質が多い食事を摂っている人は、頭皮に影響を与えます。脂質は摂りすぎないことに越したことはありませんが、体にいい働きをする脂質もあるため、揚げ物ではなく蒸し料理や煮物、肉は脂身が少ない赤みを選ぶなど、食べ方に工夫をしましょう。
ビタミンB群を多く含む食事を摂ることも大切です。(豚肉、ほうれん草、牛乳、レバー、しいたけなど)

頭皮ケアでシャンプー選びは重要
頭皮ケアでシャンプー選びは重要

キレナビおすすめシャンプー

キレナビでは、皆様の肌のことを考えたこだわりのシャンプーを紹介しています。こちらも一度試してみてはいかがでしょうか。

セルピュア ヘアシャンプー(300mL) + トリートメント(250g)
リピ率NO.1でキレナビ大賞殿堂入り★全国の有名サロンでも導入!潤つや髪に

まとめ

頭皮のかゆみは汗や乾燥、ストレスなどが原因で起こります。頭皮トラブルはシャンプーの種類や洗髪方法、頭皮マッサージなどで改善が期待されます。まずは自分に合ったシャンプーを見つけ頭皮ケアをしていきましょう。
同時に自分の生活習慣も見直すのも大切です。ビタミンを多く含んだ食事を摂ったり、適度な運動でストレスを発散したり、質のいい睡眠を取るように心がけてください。
かゆみがひどくなり市販薬を使用しても改善されない場合は、一度皮膚科を受診するのもおすすめです。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ