いつまでもきりっとした目元

目の下の脂肪が気になる!その原因は何か?

目の下は、老化が現れやすい部分と言えるでしょう。加齢に伴い30~40代の多くの女性が目の下の脂肪やたるみに悩んでいるので … 続きを読む 目の下の脂肪が気になる!その原因は何か?

この記事は約4分で読み終わります。

目の下は、老化が現れやすい部分と言えるでしょう。加齢に伴い30~40代の多くの女性が目の下の脂肪やたるみに悩んでいるのではないでしょうか。目の下に脂肪やたるみがあると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。

さらには、疲れ顔や悪人顔と思われてしまうことも・・・あるかもしれません。今回は、目の下に脂肪ができてしまう原因について紹介し、次回以降、それをどうすれば少しでも改善について解説していきます。

少しでも皆様のお悩みにお応えできればと思います。

なぜ目の下に脂肪がついてしまうのか?

どうにかならないかと思う目の下の脂肪。その目の下に脂肪がついてしまう原因は主に3つあると考えられます。それぞれの原因を紹介していきます。

なぜ目の下に脂肪がついてしまうのか?
加齢とともに目の下のたるみが気になる…

加齢

元も子もない言い方ですが、目の下に、脂肪がつく原因の1つ目は「加齢」です。

なぜ加齢が原因となってしまうのかというと、年齢を重ねるとともに顔の皮膚や、脂肪を支える筋力は衰えてしまい、皮膚がたるんでしまうからです。

筋力が衰えてしまうとハリがなくなり、たるんでしまうのは、イメージがつきやすいのではないでしょうか。

さらに目の周りの筋肉や肌弾力が低下してしまうのです。

また、加齢により筋力だけでなく、ハリや弾力の元になるコラーゲンやヒアルロン酸も、体内に存在している成分ですが20歳頃をピークに生成量がどんどん減っていきます。そうすると、たるみが目立ってきますよね。

さらには、加齢というか、長年の生活の中での表情の癖でもたるみは出るとも考えられます。

無表情で過ごすということはあまりないかもしれませんが、無表情で過ごすことが多い場合は、目元の筋肉を使う頻度が少ないので、たるみやすいと考えられます。

顔の筋肉を正しく使っていれば年を重ねても目の下に脂肪は付きにくいですが、使っていないといつの間にか、脂肪ついてしまうでしょう。

目の周りの筋力の衰え

次にあげられるのが、筋力の衰えです。加齢からくるものももちろんありますが、適切に筋肉を使っていないとどんどんたるんできてしまいます。

目の周りを覆っている「眼輪筋(がんりんきん)」は、眼球をクッションのように支える脂肪が、前に出てこないように押しとどめる役割を持っています。

眼輪筋の筋力が衰えると、目の周りの眼窩(がんか)脂肪が、前に出てきてしまい目がたるんでしまうのです。

また、涙袋が大きい場合もたるみが生じやすいといわれています。

長時間のスマホやPCの使いすぎ

長時間のスマホやPCを使いすぎてしまうと、目を酷使してしまい、目の下に脂肪がつく大きな原因となります。目を酷使していると、まばたきの回数が減り、目の周りの筋肉が衰えてしまう可能性があるのです。

暇さえあれば、スマホをずっと見てしまう、仕事だからと言って、PCとにらめっこ。そんな生活では顔の筋肉を動かさないので、筋力は落ちやすくなります。

また、眼精疲労や血行不良によって、目の下に老廃物が溜まりやすくなることにより、脂肪がつきやすくもなります。注意が必要です。

さらに、姿勢が悪い状態で作業を行っていると顔の筋肉が下方向に引っ張られてしまいたるみにつながる原因になります。

身体を長時間固定せず、適度に体を動かすことが大切となってきます。

いつまでもきりっとした目元
いつまでもきりっとした目元でいたいですよね

まとめ

目の下の脂肪は、顔の筋肉を正しく動かしていないことが主な原因のようです。日常生活を楽しく、表情豊かに過ごせれば一番いいのでしょうが、毎日の生活度惠ストレスばかりを感じていると、わかっているけど、表情が…、なんていうことがあります。

次回は、そのあたりも含めてどう対応していけばいいかを紹介していきます。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ