シャンプーの仕方

髪のツヤを取り戻すためには!

ダメージを受けた髪にツヤを取り戻すことは不可能なのでしょうか? いいえ、そんなことはありません。 髪も肌と同じで、ケアを … 続きを読む 髪のツヤを取り戻すためには!

この記事は約5分で読み終わります。

ダメージを受けた髪にツヤを取り戻すことは不可能なのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

髪も肌と同じで、ケアをしっかりとおこなうことで美しさを取り戻すことができます。
イキイキとした髪のツヤを取り戻す方法について、今回は順番にご紹介します。

シャンプーの仕方

まずは、シャンプーの方法についてです。

お風呂に入る際に、服を脱いですぐに入るのではなく、髪をブラッシングしましょう。
なぜ、ブラッシングをするのかというと、髪についた汚れを落としたり、絡まった髪をほどいたりして、より、シャンプーをしやすくするためにするのです。

また、毛先の方からブラシをあてると絡まった髪もほどけやすくなり、ブラシを軽く頭皮へあてて刺激をするとマッサージ効果もありますよ。

次に、シャンプーをするとき、まずは髪を十分にすすぎます。よく余洗いすることでホコリなどの汚れはほとんど落ちますし、シャンプーの泡立ちもよくなります。温度は、ぬるま湯くらいが良いでしょう。

そして、余洗いの後、シャンプーを手に取り、両手で軽く泡立たせてから頭皮をマッサージする感覚で洗います。ごしごしと洗う必要はありません。余洗いで十分にすすぐことができているので、シャンプー時は泡がつく程度でも十分です。シャンプー後は、洗い残しがないようにしっかりと泡をすすぎましょう。

特に、もみあげや耳の裏などはすすぎ残しをしやすいので意識して落とすことを心がけましょう。

シャンプーの仕方
正しいシャンプーの仕方を知って髪ツヤを取り戻そう

トリートメントの仕方

汚れを落とした後の、トリートメントも重要です。

まずは、シャンプー後、髪についた水気をしっかりときります。
髪の根元から毛先へと、抑えるように水気をきりましょう。

そして、自分に合ったトリートメントを手に取り、毛先を中心になじませます。
このとき、頭皮や根元につけてしまうと、地肌の毛穴を詰まらせる恐れがあるので気をつけましょう。あとはシャンプー時と同様に、洗い残しがないようすすぎましょう。

髪を乾かす際も注意しよう

お風呂から出て、肌のケアはするのに、髪は濡れた状態で放置!なんて人はいませんか?
髪のツヤを取り戻したいなら、お風呂上りに何もしない、というのは絶対にしてはいけないこと。濡れた髪は摩擦に弱く、水分が抜けやすい状態を引き起こします。自然乾燥は髪にいい、と思うかもしれませんが、自然乾燥だと、かえって髪は傷んでしまうのです。

それでもドライヤーの熱で髪の傷みを心配する方もいるかと思いますが、乾かし方に気をつければ大丈夫です。

まず、ドライヤーで髪を乾かす前に、洗い流さないタイプのトリートメントやヘアオイルをなじませておくだけでも、熱から髪を守ることができるでしょう。

洗い流さないトリートメントはパサつきからも守ってくれるので、おすすめです。使用する際は、毛先を中心になじませましょう。

ドライヤーで髪を乾かす際に注意したいのが、角度です。
角度は、髪に向かって斜め45度が理想です。指を髪へと通しながら、風を当てます。クセのつきやすい前髪から乾かすことが良いでしょう。その後、根元から乾かして半乾きまで乾かすことができたら、今度は髪の内側へ移しましょう。髪が乾いてきたら温風から冷風へと切り変え髪の上から下へと、指通りを感じさせながら髪の表面を整えます。
ここまですれば、手ぐしでも髪にツヤが取り戻せていることがわかるはずです。

髪を乾かす際も注意しよう
髪の乾かし方によっても髪ツヤに差が出る

キレナビおすすめクーポン

キレナビでも髪のツヤを出すヘアケア商品を紹介しています。
ぜひ一度お試しください。

セルピュア ヘアトリートメント(トリートメント)250g
全国の有名サロンでも導入!コラーゲンたっぷり配合で髪がしっとり潤いまとめやすい髪に

セルピュア ヘアシャンプー(シャンプー)300mL
全国の有名サロンでも導入済!ノンシリコンの弱酸性ヘアシャンプー。

まとめ

髪のツヤが失われる理由は、紫外線や地肌の水分量が不足していることなどがあげられますが一番の原因は、ヘアカラーによるダメージではないかと言われています。髪のツヤを取り戻すために、これらの影響を避けることが近道です。ヘアケアも適度におこない、美しい髪を維持していきましょう。
しかし、カラーをしないわけにもいかないし、おしゃれは楽しみたいですよね。

ケアの方法についても触れたとおり、お手入れ次第で髪のツヤは取り戻すことができます。
髪の長い人では、ドライヤーで乾かすことを面倒に感じてしまうこともありますが、毎日のケアでツヤ髪は保たれるので、しっかりとケアしていきましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ