花粉症の対処法

部屋の中でも花粉症対策。まだまだ続く花粉症

新型コロナウイルスの影響で、花粉症の話題があまり上がってきてはいませんが、花粉症の人にとって、新型コロナウイルスと同じく … 続きを読む 部屋の中でも花粉症対策。まだまだ続く花粉症

この記事は約6分で読み終わります。

新型コロナウイルスの影響で、花粉症の話題があまり上がってきてはいませんが、花粉症の人にとって、新型コロナウイルスと同じくらい、対策をしなければならないこと。外出するときにマスクをするだけではなく、実は家の中も様々な対策をする必要があります
それを今回は紹介していきます。

今年の花粉症の状況

例年より少ない情報となっていますが、今年も花粉症に苦しんでいる人はたくさんいます。まず、今年の花粉の飛散状況を調べてみました。
どうも、今年は例年よりも少ないようですね。少ないとは言っても飛散しているので、花粉症の方にとっては、多かろうが、少なかろうがあまり関係ないんですよね。

花粉症の対処法
新型コロナ売り薄の陰に隠れているが花粉症で悩んでいる人は多い

花粉症の対処法として利用しているものとは?

花粉症になると、鼻水が出て、目がかゆくなるというのが、大多数の方が経験すると思います。また、くしゃみが出たり、鼻がつまったり苦労する人もいるでしょう。
花粉症になった人が、副次的と言っていいのか、鼻をかみすぎて鼻の下がひりひりする、痛い、鼻の下が赤くなってしまい、マスクを外せない、という人もいるのではないでしょうか。(今は、新型コロナウイルスで外せませんが)

なかなか、万全な対策というものはないですが、花粉症の人が各自でいろいろな対策をしていると思います。
今はなかなか手に入らない、マスクをするというは一般的でしょう。マスク以外にも身を守るものとして、眼鏡を使用する方も増えているのではないでしょうか。中には水中ゴーグルのようなものを装着している人もいるようです。それほど、ひどいということなのでしょうね。
そのほか、医師から処方された花粉症のお薬や一般的に販売されているお薬を利用している方もいるでしょう。残念ながら、これらは症状の軽減には役立ちますが、治るまでに至らないのが至らない点ですね。

花粉症対策としてマスク

花粉症対策でマスクを使用しますが、どういった点に注意する必要があるでしょうか?
まずは、なんといってもフィット感でしょうか。自分の顔というか、口周りに合わなければ、意味はありません。このフィット感には、マスクを長時間していても耳が痛くならないか、とかゴムの後が顔につきすぎないかなどがあると思います。

また、最近では、この新型コロナウイルスの問題で、マスクがなかなか手に入らないということで、自作のマスクを使用し、洗濯して何度も使うという人もいるのではないでしょうか。
きめの細かい布を使用すれば、それなりに効果もあるようで、使い捨てではない新潮流が生まれるかもしれません。

花粉症対策で普段の生活で気を付けるべきこと

マスクや薬を飲んでいればそれで花粉症対策が終わりというわけではなく、日々の生活の中でも気を付けるべきことはたくさんあります。そのいくつかを見ていきましょう。

食生活に気を付ける

人間の体は食事からできるわけですから、正しい食事をして、強い体を作る、という方法が一番手っ取り早いでしょう。
よく言われるのが、乳酸菌を積極的に摂り入れるということです。乳酸菌を摂り入れることによって、第二の脳と言われる「腸内」を正常な状態にし、免疫力を挙げるという考えです。
実際、ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などの発酵食品を積極的に食べることで、花粉症がかなり軽減したという方は多くいます。しかも、風邪やインフルエンザにかかりにくくなったという研究もあるようです。
免疫力を上げるために、腸内環境をよくする食べ物を食べるということはおすすめです。

外から帰ってきたら花粉を家に入れない

花粉は外にたくさん浮遊しています。そして、それらが顔や服に付着します。その付着したまま家の中に入ってしまうと、家の中が花粉の巣窟となってしまいます
実際、様々な侵入経路を使って、外気中の花粉が、0.1~8%ほど家の中に入ってくることが判明しているようです。これは、一般的な生活条件でも一日になんと約2300万個の花粉が家に入ってきてしまっている計算になります。
それでは、せっかく寛げる家に帰ってきても、花粉で家の中にいても落ち着かないということになります。
ですので、外から帰ってきたときは、服についた花粉をしっかりと払い落としてから家に入るということを習慣にしておきましょう。これは自分だけではなく、家族みんなが行って効果があります。
また、洗濯ものや布団を干したときも同様で、中に入れるときは花粉を落としてからにすることが大切です。
家の中に花粉を入れないということも非常に大切な花粉症対策となります。

家での花粉症対策

家の中になるべく入れないような対策が必要なのに、意外とそれに無頓着な人が多いのではないでしょうか。
ある調査によれば、家で花粉症対策をしている人は2割程度とのことです。これでは、四六時中花粉症に苦しむことになってしまいます。

花粉症の専門医も、家の中の花粉症対策の必要性を次のように訴えかけています。

花粉を室内へ持ち込まないためには、まず玄関で除去することが重要だと思いますね。玄関にはハンディサイズのクリーナーなどを用意し、衣類に付着した分を取り除きます。さらに、可能なら空気清浄機も設置して、常に稼働させておくとよいでしょう」

「窓などの侵入経路はもちろん溜まりやすいですが、室内ではその部屋の気流が関係します。エアコンや空気清浄機、換気扇、サーキュレーターなど、室内には気流をつくるものが多くあり、その流れを阻害する箇所に落ちて溜まりやすいですね」

「空気をキレイにするために『気流を意識すること』が重要です。空気清浄機の多くは機器の左右から空気を吸い込み、上部からキレイな空気を出す構造。そのため、高い位置より低い位置に置いた方が気流の範囲が広くなります。一方、空気清浄機能付きのエアコンは高い位置にあり、下方へ空気を出すため、高い位置をキレイにするのに適した気流ができます。この気流を家具などで妨げないようにし、できるだけ広く大きく循環するように意識してください」

家の中くらいは、静かに穏やかに暮らしたいですよね。外に出るときだけ気を付けるのではなく、家の中でも花粉症対策をしっかりとおこなって、できるだけ快適な生活を送れるようにしたいものです。

花粉症対策を万全に
部屋の中でも花粉症対策を万全に

キレナビおすすめクーポン 花粉症

花粉症だと美容にとってもマイナスです。花粉症の対策をすることで、一年中きれいな美容へとつながると思います。花粉症対策も美容の一環。そのままに放置しないようにしましょう。

花粉症対策も兼ねたクーポンを紹介します。

東京銀座スキンケアクリニック【銀座一丁目駅徒歩1分】
花粉症(軽症~中等症)でお悩みの方に

花粉症(重症)でお悩みの方へ

まだまだ花粉症でお悩みの方におすすめいたします。

まとめ

花粉症は一度なってしまうと、なかなか治らないもののようです。そうであるならば、できるだけ症状を軽減させる努力をする必要があります。
自分でできることはしっかりとして、それに加えて、専門医に相談して、対処していくことが花粉症対策です。
しっかりと打ち勝っていきましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ