ビタミンCのお肌への効果

ビタミンCを効果的に浸透させるには

ビタミンCが美肌に良いことは多くの方が認識されていることでしょう。でも、そのビタミンCを効果的に摂り入れるにはどうしたら … 続きを読む ビタミンCを効果的に浸透させるには

この記事は約6分で読み終わります。

ビタミンCが美肌に良いことは多くの方が認識されていることでしょう。でも、そのビタミンCを効果的に摂り入れるにはどうしたらいいのでしょうか。これは意外と難しいものです。
ビタミンCはとても不安定な成分ですので、単純にビタミンCを飲んだり、肌につけたりするだけではだめなのです。肌にそのままつけても皮膚への浸透はほとんど認められないのです。それではどうすればよいのでしょうか。
それをお話ししていきます。

ビタミンCのお肌への効果
ビタミンCを効果的にお肌に浸透させることが重要

ビタミンCのお肌への効果

そもそもビタミンCの効果はたくさんありますが、特にお肌に対しては、どのような効果があるのでしょうか。
ビタミンCには、活性酸素除去の抗酸化作用、皮脂分泌の抑制作用、コラーゲン生成促進作用などなどたくさんあります。
ビタミンCはシミ・くすみ・毛穴・ハリ・たるみなど、様々なトラブルに活躍します。ビタミンCは肌のメンテナンスにとって欠かせない存在といえるでしょう。
それではもう少し詳しく見ていきましょう。

メラニン生成を抑えて美白へと促す

ビタミンCは、シミやくすみの原因となるメラニンを作らせないように働きかけ、活性酸素を分解して紫外線ダメージから皮膚細胞の遺伝子をガードしてくれます。ニキビ跡などの色素沈着も緩和することを期待されています。

開いてしまった毛穴の対策

長期にわたる過剰な皮脂分泌や加齢によるたるみで開いてしまう毛穴。厄介なものですよね。その毛穴に対して、ビタミンCは、まず皮脂分泌を低下させてくれます。そして、毛穴周辺の皮膚の弾力を回復させることで、毛穴を小さくさせるように働きかけます。

大人のニキビ対策に

大人のニキビは、イライラなどのストレスによって活発化する〝男性ホルモン〟による過剰な皮脂分泌が原因です。ビタミンCはこうしたホルモンの増加を抑える効果があります。ですので、ビタミンCを摂り入れることにより、皮脂分泌を抑え、結果的に大人ニキビ対策になるのです。

フェイスラインの引き締め効果

ビタミンCがコラーゲンの生成を促すことで、肌の弾力が回復。毛穴周辺の皮膚もハリも取り戻すため、先程お話しした毛穴はもちろんクレーターや頰のたるみも修復する効果も期待できます。そうすると、フェイスラインが引き締まって見えてきます。ある意味、無理なダイエットしなくても小顔効果を発揮するとも言えますね。

紫外線対策にビタミンC

紫外線など外的刺激に弱い肌は水分量が足りていないといえます。ビタミンCは肌の中で常に理想的な水分量をコントロールするセラミド(細胞間脂質)の合成を促し、強化する働きがあります。そうすることで、お肌のバリア機能・回復能力も高まり、これから訪れる夏の日差し対策にもなるのです。

ビタミンCをお肌に浸透させるには?

ビタミンCの働きを見てきましたが、なかなか素晴らしい働きをしています。そんなビタミンCを効果的に摂り入れていくにはどうしたらよいのでしょうか。
単純にビタミンCをお肌に塗っても効果がないことは先程お話ししました。レモンパックという一見お肌によさそうな感じがしますが、ほぼ効果はないですね。

ビタミンC誘導体

壊れやすいビタミンCをお肌に浸透させやすくするために必要なのが、ビタミンCを誘導隊化させることです。一般的に美容液に含まれるビタミンCは、誘導体化させることで酸化しにくくなり安定化し、より肌に浸透化しやすくなっています。
この肌に浸透したビタミンC誘導体は、浸透後ビタミンCに変化する優れモノなのです。

ビタミンC誘導体には、水溶性のものと油溶性のものが存在します。
化粧品に良く配合される主なビタミンC誘導体を3つほど紹介します。
APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
アプレシエとも言われ、「最強のビタミンC誘導体」として注目を集めています。水溶性と油溶性の性質を併せ持ち、高い浸透力が魅力。水溶性ビタミンCの100倍の浸透力があると言われ、肌の奥(真皮)までしっかりアプローチしてくれます。
リン酸アスコルビルNa
水溶性ビタミンC誘導体。価格が安く、安定性にすぐれているので多くの化粧品メーカーが使用する傾向にあります。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
VCIPとも言われる油溶性ビタミンC誘導体。クリームなど油分の多いアイテムに配合されます。肌への浸透性にすぐれており、メラニン抑制・コラーゲン合成促進などの効果が臨床試験で認められています。

それぞれ 肌への浸透率が異なり浸透率が高いものほど効果が高いといえるでしょう。この中で、浸透率が高いのがAPPSで他のものと比べても数十倍もあると言われています。

進化系ビタミンC誘導体と言われる「APPS」は、水溶性ビタミンC誘導体であるリン酸型ビタミンC誘導体に飽和脂肪酸の一つであるパルミチン酸を付加させたものとなります。よくわからないかもしれませんが、そういうものだと思っていただければと思います。

ビタミンC誘導体APPSはなぜ、皮膚に浸透しやすいのか

皮膚は水分と油分が層状になっている構造(ラメラ構造)をしています。APPSは水溶性に加え親油性が加わることで、その皮膚のラメラ構造を通過しやすくなり、より皮膚への浸透力が高くなっているのです。
その浸透力はどれくらいかというと、今までのビタミンC誘導体の10~100倍の浸透力と言われています。

ビタミンCを効果的に摂り入れるとなると、美容クリニックで、イオン導入器が必要でしたが、家ではイオン導入器が使えなかった方も、APPSであればイオン導入器を使用しなくても高い浸透力を得ることができることは大きな利点ではないでしょうか。

また、水溶性ビタミンC誘導体は若干刺激を感じることがありますが、APPSは比較的低刺激であるのも特徴です。

ビタミンC誘導体であるAPPSは、浸透力を高めつつ、使用感も快適であるために美肌ケアには欠かせない成分といえるでしょう。

キレナビおすすめクーポン

APP-C フラセラム(ビタミンC美容液)APP-C フラセラム(ビタミンC美容液)

化粧水の前につけるプレ美容液。ビタミンCの100倍以上、素早く肌になじみます。フラーレンも配合し、ハリと艶のある肌へ

 

 

 

新型ビタミンC「APPS」配合 ホワイトエサンシエルセラム(美容液)新型ビタミンC「APPS」配合 ホワイトエサンシエルセラム(美容液)
ビタミンCとハイドロキノンをお肌の深部まで。まるで雪のような透明感のある明るいお肌へ

 

 

 

 

 

まとめ

巣ごもりしていても疲れるお肌。これから徐々に活動的になってくるとさらに疲れる肌に、いつものメンテナンスに加えてAPPSの美容液を一本追加すると、お肌が見違えるようになるかもしれません。

また、より効果を実感するためには、クリニックにてケミカルピーリングで、余分な角質を除去した後にAPPSのイオン導入を行うと、より浸透が高まりおすすめします。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ