糖化は肌荒れ、肌のくすみ等の原因

肌老化の原因は「糖化」にあり

老化を促進する要因として注目されている「糖化」。皆さんもよく「糖化」という言葉を聞くようになっているのではないでしょうか … 続きを読む 肌老化の原因は「糖化」にあり

この記事は約7分で読み終わります。

老化を促進する要因として注目されている「糖化」。皆さんもよく「糖化」という言葉を聞くようになっているのではないでしょうか。
活性酸素による酸化が「体のサビ」と言われるのに対して、糖化は「体のコゲ」とも呼ばれています。美容業界では、「肌のコゲ」なんていう人もいるようです。
糖化は、食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させる現象で、これが進むと肌のシワやくすみ、シミなどとなって現れます。それだけでなく、糖化によってつくられるAGE(糖化最終生成物)は内臓をはじめとする体内組織に作用して、多くの病気の原因となることが知られています。
今回はこの糖化に関してお話していきたいと思います。

糖化とは何か

糖化とは、身体の中で細胞の中にある「たんぱく質」と糖分が結合してしまう生体反応のことを言います。この糖化は、タンパクと糖分が結合と簡単に書きましたがとても恐ろしい現象で、肌のくすみはもちろん、老化をはじめ様々な病気や症状の原因になっているのです。
この糖とタンパク質が結合した物質はAGE(終末糖化産物)と呼ばれ、なかなか排出されないうえに、体内に蓄積されていくことで肌の衰えや身体の劣化、つまり老化を促進させていきます。
因みに、糖化は、発見した人の名前を取ってメイラード反応とも呼ばれます。

少し身近なことを例にとって糖化についてお話していきます。
実はホットケーキを作るときに、こんがりと焼けて褐色になっていくのも糖化の一例なのです。
ホットケーキに含まれる「砂糖」が、卵や牛乳などの「たんぱく質」と結びついて変性して褐色になっていくのです。この症状は、カラメルやクッキーでも同じ現象が起きています。食物の場合の糖化は、こんがりといい香りがする反応ですが、同じことが人間の体内で起きると、とんでもない現象を引き起こしてしまいます。

糖化によって肌のハリを保つコラーゲン繊維が破壊されると、肌は弾力を失ってしまいます。また、糖化によって生み出された老廃物が皮膚の細胞に沈着すると、シミやくすみとなって肌の透明感が失われます。髪のたんぱく質が糖化すると、髪のハリやツヤがなくなってしまうのです。ホットケーキやクッキーの表面でわかるとおり、糖化によって生まれるAGEは褐色で硬いのが特徴ですが、AGEが肌や髪に影響を与えると、年齢よりさらに老けた印象となってしまうのです。
糖化は非常に厄介なものなのです。

糖化は肌荒れ、肌のくすみ等の原因
糖化は肌荒れ、肌のくすみ等の原因となる

「肌コゲ」と呼ばれているけど焦げた食べ物は関係ある?

料理でできる焦げ目も糖化した結果なので、肌で起きる糖化も「肌コゲ」と呼ばれていますが、肌の糖化は焦げた食べ物を食べたからすぐ起きるわけではありません。とはいえ、焦げた揚げ物などは、酸化した食べ物であり高脂質食の代表なので、摂り過ぎは避ける必要があります。

「糖化」と「酸化」は別物なのか?

言葉の意味は別物ですが、始めにも説明しましたが、糖が酸化してたんぱく質とくっつくのが、糖化です。そして「酸化」は、糖化の最初のプロセスのことなので、このふたつはどうやっても切り離せない関係といえるでしょう。
酸化を極力避け、体内の活性酸素を減らすことが、結果的に糖化を減らすことにもつながるといえます。

糖化の原因は何か

糖化の主な原因は「糖質の摂りすぎ」です。
体内で消費しきれずに余った糖が、身体のたんぱく質と糖化反応によって結合してしまうのです。
具体的にみていきましょう。
例えば、加糖のコーヒー飲料や清涼飲料水などは砂糖そのものが大量に含まれていることが多くあります。
こういった甘いものや、糖の元なる炭水化物の摂りすぎは身体の中で糖化を引き起こす最も大きな原因です。
そして、糖化した食べ物の摂取にも気を付けましょう。糖化した食べ物とは、例えば、高温で加熱すればするほど糖化のリスクが高まります。
調理法でいうと「生<ゆでる<蒸す<煮る<焼く<揚げる」の順にAGEが多く含まれて、身体が糖化しやすくなっていきますので、注意していきましょう。

とはいえ、糖分は、人間が生きていくための重要な栄養素です。そのため、糖分の摂取は必要です。糖化が怖いからといって、糖分を摂らないわけにはいかないのです。
そこでポイントとなるのは、急激に血糖値を上げない食品を選ぶことです。GI(グリセミック・インデックス)値という言葉を聞いたことがあると思います。
ブドウ糖の血糖上昇率を100とした場合の、血糖値の上昇する割合を数値化したものをGI値といいますが、GI値の数字が低い食品ほど血糖値が上がりにくく、GI値が高い食品ほど血糖値が上がりやすいことを意味します。
つまり、できるだけ低GI値の食品を選ぶことが、糖化の抑制につながっていくのです。

その他、血糖値が高いという以外にも、糖化の始まり酸化を起こす主な原因となる紫外線や大気汚染、酸化した食べ物なども糖化を促す原因といえます。
例えば、長時間の電車通勤やデスクワークなど拘束性の高い状況から受けるストレスも活性酸素を生む大きな原因ともいえます。

抗糖化のためにできること

糖化を防ぐことが、老化を防ぎ、美肌を維持し続ける秘訣ともいえます。それではどのように糖化を防いでいけばいいのでしょうか。それを少しみていきましょう。

抗糖化には野菜を
抗糖化にはビタミン豊富な野菜を食べるようにしよう

上手にストレス発散と運動を

過剰なストレスは糖化の原因になりやすいです。うまくストレスを発散することが大切です。メリハリをつけた生活や睡眠をしっかりとることが重要となってくるでしょう。
また、十分な睡眠も大切ですが、運動で適度な刺激を与えることも必要です。体に適度な刺激を与えると代謝が上がり、代謝が上がるとミトコンドリアは活性酸素をつくらなくなるので、糖化のいわばトリガーの酸化を防ぐことで、糖化を防ぐということで、適度な運動はしたほうがよいのでしょう。

何はなくともビタミン類の摂取で糖化を防ぐ

糖化対策にはビタミン類を摂り入れることは基本です。
ビタミンA・C・Eはどれも活性酸素を除去すると言われていますし、ビタミンCはなんと酸化した糖の代わりにたんぱく質にくっついてくれます。ビタミンB3も塗る、飲む、ともにおすすめです。

食べすぎ注意と野菜ファーストで血糖値を下げる

糖化を防ぐためには血糖値を上げないことです。その血糖値を上げないためには、食べる内容と、食べる順番も大切です。
単純ですが、ごはんやパンの前に野菜や肉、魚などを食べる野菜ファーストは意外と有効です。こんな簡単ことなのですが、血糖値の急上昇はかなり防げます。今日から、食べる順番に気を付けてみてみましょう。

糖化を防ぐ成分、カルノシンについて

カルノシンという成分を聞いたことはありますでしょうか。カルノシンとは、19世紀末に肉エキスから発見された成分です。特に鶏肉に多く含まれています。
中国では昔から鶏肉は万病に効く薬として用いられてきましたし、欧米でも風邪を引いたりすると栄養効果の高い「チキンスープ」が効くと言われてきました。

カルノシンには疲労回復効果、運動能力を向上させる効果、アンチエイジング等々、様々な効果があります。
最近では糖化を引き起こしてしまったAGEの排出・分解を促す効果を持つことが判明しています

また2012年には、カルノシンを2ヶ月服用すると肌のエイジング(シワなど)が良くなったとする研究発表が出されています(J Dermatolog Treat 345-84, 2012).
肌の老化防止に効果があると医学的にも証明されているのです。

AGEは排出されにくく、身体に蓄積してダメージを与えますが、カルノシンならば蓄積を防ぐことができるのです。なかなかの優れものですね。

また、カルノシンは活性酸素を抑える働きがあります。疲労回復効果もあるので、疲れにくくするとともに身体や肌を若々しく保ってくれるのです。

糖化による肌老化は、食生活はもちろんカルノシン配合の化粧品でしっかりとケアすることも大切ですね。

まとめ

糖分の摂りすぎはよくないといいますが、まさか老化まで引き起こすとは恐ろしいですね。
日々の生活を見直し、食生活も見直して、さらにカルノシンで肌老化の1番の天敵である糖化を防ぎ、年齢に負けない若々しいお肌をつくっていきましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ