梅雨だからといって保湿ができているわけではない

梅雨時期のやっておきたいスキンケア

新型コロナウイルスの問題が少しずつ解消に向かっていますが、それと同時にお肌にとっては厄介な季節がやってきています。「梅雨 … 続きを読む 梅雨時期のやっておきたいスキンケア

この記事は約6分で読み終わります。

新型コロナウイルスの問題が少しずつ解消に向かっていますが、それと同時にお肌にとっては厄介な季節がやってきています。「梅雨」です。
梅雨時期は湿気が多く、ジメジメムシムシとしてどうしても不快な気分になりますよね。そして湿気だけではなく、暑さも問題で、汗もたくさんかくことが増え、テカリやニキビ、吹き出物など肌トラブルが起きやすくなります。
暑さと湿気の影響で、メイクも崩れやすくなりますし、なかなか難儀な季節です。
そんな難儀な季節をうまく乗り切るために、梅雨の肌トラブルを予防するためのスキンケアをご紹介します。

梅雨だからといって保湿ができているわけではない

梅雨時期は、肌がベタつくためスキンケアを軽めに変更している人も多いかもしれません。 しかし、蒸し暑くなるとエアコンを使うことが増え寒暖差だけではなく、湿度の差も激しくなり、このことにより肌は乾燥しやすく、バリア機能が低下したトラブルを起こしやすい状態になりやすくなります。

また、スキンケアのアイテムを減らし、お手入れを簡単に済ますことで、肌内部の潤いが減り「インナードライ状態」を引き起している場合もあります。
インナードライとは、肌表面は皮脂でテカっているのに内側は乾燥している肌状態のことです。乾燥したお肌が「これ以上水分が蒸発するのを防ごう」と、皮脂をたくさん分泌するため肌がテカってしまうのです。そのため、梅雨の時期になると肌トラブルが起こりやすい、荒れやすいという人が出てくるのです。

なかでも「毛穴の黒ずみ・開きが気になる」「脂取り紙を使う回数と化粧直しの回数が増加」「目元・口元は乾燥しているのに額と頬はべたついている」という方は、実はインナードライを引き起こしている可能性があります。

しかも今はマスクをつけっぱなしにしている人たちが多いでしょう。よけ、肌トラブルが起きやすくなっているので、しっかりとしたスキンケアが必要となってきます。

梅雨だからといって保湿ができているわけではない
梅雨時期にしっかりとスキンケア。それが夏への美肌につながる

梅雨時期に起こりやすい肌トラブル

梅雨時期に起こりやすい肌トラブルについてどんなものがあるかみていきましょう。

テカりやニキビ

お肌のテカリやべたつきは、湿度上昇により皮脂が出やすくなることで起こります
さらに、皮脂量が増加するとお肌で雑菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビや吹き出物の原因となるのです。また、マスクをつけた状態が長時間続くことも、テカリやニキビをできやすくしてしまっています。

くすみ

暖かい季節になったとはいえ、雨が降ればどうしても空気は冷たくなりますよね。特に梅雨時期は意外と寒暖差は大きいもの。
薄着をして出かけたら「思ったより寒い……」なんてこともあります。
そのせいで血行不良を起こすと、お肌がくすみがちになります。

日焼け

雨や曇りの日が多い梅雨の時期ですが、じつは曇り空であっても紫外線は降り注いでいるのです。
うっかり気を抜いて紫外線対策を怠ってしまうと、気がついたときにはお肌のトーンが落ちているなんてこともあるので注意が必要です。

乾燥

湿気の多い梅雨時期には盲点になりがちですが、じつはエアコンや除湿機などによって乾燥肌が加速してしまうことがあります。
また、お肌がべたつきやすくなることによって保湿ケアの手を抜いてしまいがちで、それが原因で乾燥肌に悩んでしまう人もいます。

梅雨時期のおすすめスキンケア

梅雨時期だからこそ、しっかりとスキンケアをして、いつもキレイにいたいですよね。特に梅雨時期におすすめのスキンケアを紹介します。

洗顔はスキンケアの基本

テカリの原因となる皮脂やニキビを引き起こす雑菌を取り除くためには、普段よりも入念なクレンジングや洗顔が大切になります。
お肌に優しいクレンジングやたっぷり泡立てた洗顔料を使い、細かい部分までしっかりと洗いましょう。
ただそうはいっても、洗顔のしすぎはかえって肌トラブルの原因になります。
洗いすぎは、お肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうため、それを補うためにさらに多くの皮脂が分泌されてしまうのです。かえって逆効果になってしまいます。
1日2回(朝と夜)の洗顔を丁寧に行うことが何よりも重要ですが、あくまでも余分な皮脂を取るというイメージでおこなっていきましょう。

保湿ケアをしっかりと

エアコンや除湿機などでお肌はかなりのダメージを受けます。ですので、その影響を受けないお肌を作るために、梅雨時期にもしっかりと保湿ケアを行うようにしましょう。

お風呂上がりや夜の洗顔後に保湿ケアをすることはもちろんですが、朝のメイク前の保湿ケアも同様に大切です。
きちんと洗顔・保湿ケアを行えば毛穴を引き締めることができるため、メイクのノリも抜群によくなります。
細かことかもしれませんが、こういうスキンケアを欠かさずにやることが大切です。

冷え対策をすることでスキンケア

梅雨時期の温度差による冷えを予防すれば、お肌のくすみを改善することができます。
日頃から半身浴などで体を温めたり、スキンケアの前に蒸しタオルを使って顔をあたためたりするなどして血行を促進しておきましょう。

また、スキンケアの際にフェイスマッサージをおこなうのもいいでしょう。クリームなどを塗った顔を下から上、内側から外側へ優しく指先で撫でるようにマッサージしましょう。そうすることで、やはり血行が良くなりますので、結果的にスキンケアをしていることになります。

紫外線対策を怠らずに

日差しを感じないからといって、梅雨時期の曇り空の下を、紫外線対策をせずに歩くのは、間違っています。
なぜなら、梅雨時期の紫外線量は真夏とほぼ同等といわれています。曇りの日であっても忘れずに日焼け止めを使うようにしましょう。
紫外線対策はこの時期に欠かしていけないスキンケアとなります。
また、日常生活で日焼け止めを欠かさず使うようにしましょう。そして、食事にもビタミンCやミネラル、リコピンなどを含む食材を積極的に取り入れて、体の内側からも紫外線対策をおこなっていきましょう。

保湿や洗顔をしっかりとして梅雨時期を乗り越えよう
保湿や洗顔をしっかりとしてスキンケア。梅雨時期を乗り越えよう

キレナビおすすめクーポン スキンケア

リフトコレクションセラム(保湿美容液)
塗るボトックス。ハリのない肌を集中的に引き締める「アルジレリン」「シンエイク」高配合で美肌に!目元口元をエイジングケアされたい女性へ!

セルピュア ヴェールパウダー ライト (日焼け止めパウダー)
キレイになる日焼け止め!舞妓さんの「くずれない化粧」をもとに開発されたプレストパウダー。[SPF20 PA++]

セルピュア メディトリートメントマスク
【ハリ、リフト、毛穴、透明感、潤い、目元ケア、角質ケア、エイジングケア】のヒト幹細胞マスク

まとめ

丁寧なスキンケアを行えば、梅雨時期もストレスフリーで美しいお肌をキープすることができます。面倒くさがらずに一つ一つ丁寧にスキンケアをしていきましょう。

(文:キレナビ編集部)

TagKeywordこの記事のタグ