マスクの肌荒れ対策は必要

夏を乗り切るためのマスクによる肌荒れ対策

夏のマスク着用で、多くの方が肌荒れに悩んでいるようです。なかなかマスクが手放せない状況が続く以上、この問題は深刻です。 … 続きを読む 夏を乗り切るためのマスクによる肌荒れ対策

この記事は約6分で読み終わります。

夏のマスク着用で、多くの方が肌荒れに悩んでいるようです。なかなかマスクが手放せない状況が続く以上、この問題は深刻です。
そんなマスクによる肌荒れ対策のポイントを紹介します。

マスク着用による肌荒れ問題

蒸し暑い季節にマスクを長時間着用することによって、「マスクの中が蒸れる」「肌荒れしてしまう」といった声が聞こえてくるようになりました。ある調査によれば、マスクの着用によって、「肌がかゆくなるようになった」、「肌荒れするようになった」、「ニキビができやすくなった」といった肌荒れトラブルが感じられていることがわかったそうです。

また、「肌を守れるスキンケアを使いたくなった」、「保湿を重視するようになった」というように、美容に対する意識や行動にも変化がみられたようですが、皆さんはいかがでしょうか。

これから夏に向けて、気温・湿度が上がることで、マスク着用に伴う肌悩みはさらに増加することが予想されます。そこで、夏の「マスク肌荒れ」対策のポイントをご紹介いたします。

マスクの肌荒れ対策は必要
夏でもマスクの今、肌荒れ対策は必須

夏の「マスク肌荒れ」を引き起こす要因

夏にマスクを長時間着用すると、マスク内が高温多湿な状態となることで汗・皮脂の分泌が促され、アクネ菌の活性化によってニキビや吹き出物の要因となります。
加えて、マスクに付着した口腔内の雑菌なども増殖しやすい環境となり、肌に悪影響を与えます。また、汗を長時間拭き取らず放置すると、汗管(汗の通り道)が詰まってあせもができやすくなり、肌荒れが起きます。

また、マスクの着脱によって、肌の温度・湿度の急激な変化が繰り返されることや、摩擦刺激で角層が剥がれ落ちることが原因で、肌本来のバリア機能と保湿力が大きく低下し、外からの悪影響を受けやすい状態になって、肌荒れが起こりやすくなります。。

温度差と湿度差によって肌荒れが起こる

マスクの着脱時には、マスクで覆っていた肌に接する空気と外の空気との間で温度や湿度の差が生じます。
少し難しい話になりますが、ある調査によれば、温度差や湿度差を受けることで、肌にとって正常なバリア機能の形成と保湿機能をつかさどる天然保湿因子NMFの産生に関与している酵素カスパーゼ14の量が減少することが分かっています。
つまり、マスクの着脱で繰り返し温度差や湿度差を受けると、肌は、バリア機能と保湿力を乱されて肌荒れを起こすことが考えられるのです。

マスク肌荒れの対策のポイント

マスク肌荒れを防ぐためにはどういったことに注意すればいいのでしょうか。そのポイントをいくつか紹介いたします。

マスクの素材に気を付ける

マスクは肌に直接触れるものです。敏感肌やアレルギー体質など肌が弱い人は、マスクをするだけで肌に負担をかけることになります。そのため、肌荒れを防ぎたいならマスクの素材にこだわりましょう
一般に、不織布マスクよりもガーゼ素材のマスクのほうが肌に優しく、肌荒れを起こしにくい傾向があります。ガーゼ素材であれば、何度も洗って使用できるため、常に清潔な状態で着用することも可能です。
とはいえ、毎日洗ってしっかり干して乾かすのを手間に感じる人もいるでしょう。毎日の使用が難しいようであれば、肌の調子が悪いと感じたときだけでもガーゼ素材のマスクにしてはいかがでしょうか。
また、不織布マスクのなかにも、「シルク配合」「敏感肌用」など、特に肌に優しい素材で作られたものもあります。肌が弱く荒れやすい人は、そのようなマスクを選び、肌荒れ対策をしましょう。

マスクのサイズに気を付ける

マスクにはさまざまなサイズがあります。肌荒れを防ぐなら、きちんとサイズの合ったものを選ぶことです。
これは、着用するマスクが大きすぎてブカブカだったり小さすぎて食い込んでいたりすると、必要以上に摩擦を起こして肌に刺激を与えてしまう恐れがあるからです。こういう意味においては、送られてきた「マスク」は小さすぎますね。
摩擦によって強い刺激があると、かぶれたり赤みが起きたりと肌荒れにつながります。パッケージをよく確認して自分に合うサイズを選ぶことが大切です。
また、マスクの紐がしっかりしているかどうかも、マスク選びの重要なポイントとなります。紐が細かったり緩かったりすると、着用しているときにずれやすくなります。
ずれたときに肌との摩擦も起きてしまうため、紐が太めでマスクが動きづらいものを選ぶと良いでしょう。
マスクの紐について、耳にかけるタイプですと耳が痛くなるでしょう。耳にかけるタイプではなく、バンドのようなもので対応することも必要でしょう。

自分に合うマスクを使用することで、肌荒れ対策をしよう
自分に合うマスクを使用することで、肌荒れ対策をしよう

マスクの長時間着用は注意

マスクによる肌荒れを防止するには、なるべく長時間着け続けないようにすることも大切です。1日中着けるのではなく、使用する時間を少なくして肌への負担を減らしましょう。特に、不織布マスクはムレやすく雑菌も繁殖しやすいため、長時間着用するなら定期的に換気する必要があります。衛生的に保つ意味でも、定期的に取り換えることが望ましいでしょう。マスクの品不足もだいぶ解消されてきていますので、マスクを1日着けるのであれば、午前と午後で1回ずつ替えることをおすすめします。

しっかりスキンケアをする

マスクをつける前と外した後の肌を保湿することも、肌荒れ対策になります。化粧直しをするときなどに、保湿をすることを忘れてはいけません。
また、日頃のスキンケアで洗顔料や化粧水などは低刺激の物を使う、たっぷり保湿するなどして肌への負担を減らすのも、肌荒れ防止につながります。また、メイクは多少なりとも肌に負担をかけているものです。なるべく薄めのメイクにすれば、マスク着用時の肌の負担を減らし、肌荒れ対策にもなるでしょう。

まとめ

なかなか外せないマスク。日中外出するときは“密”でなければマスクは外しても良いという話も出ています。外せるときには外して、マスクによる肌トラブル・肌荒れを防いでいきましょう。

こちらも参考に

マスクしていても紫外線対策は必要
https://www.kirei-c.com/topics/beauty/16084

マスク使用習慣で女性の肌悩みが増えている
https://www.kirei-c.com/topics/beauty/15873

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ