洗顔には泡がポイント

洗顔はスキンケアの命!もう迷わない、正しい洗顔のやり方

間違った洗顔は、いらぬ肌トラブルを招きます。 洗顔は、毎日していることかと思いますので、間違った洗顔は、毎日、肌を痛めつ … 続きを読む 洗顔はスキンケアの命!もう迷わない、正しい洗顔のやり方

この記事は約8分で読み終わります。

間違った洗顔は、いらぬ肌トラブルを招きます

洗顔は、毎日していることかと思いますので、間違った洗顔は、毎日、肌を痛めつけるようなものです。

毎日洗顔していても、

  • お肌が乾燥する
  • 毛穴の黒ずみが改善されない
  • ニキビができやすい

こんな悩みを抱えている人は、もはや洗顔をしているとは言えないでしょう。

洗顔の目的は、皮脂や汗、お肌についた空気中のホコリや細菌を除去して清潔なお肌にすることです。

清潔なお肌だからこそ保湿ケアで用いる美容成分もしっかりと浸透するのです。

洗顔こそがスキンケアの基本なのです。

今回は洗顔の正しいやり方を紹介していきます。

こんな洗顔は洗顔といわない

こんな洗顔はダメです

自分はしっかりと洗顔している!とは言っても、こんな洗顔しているなら、それは洗顔とは呼べません。

むしろ肌を痛めつける行為です。

そんな洗顔をしていないか、確認してみましょう。

冷めたい水で洗っている

冷たい水で洗顔をすると何となく肌が引き締まった感じがするものです。

しかし、それは大きな間違い。

なぜダメなのか、まず、水の冷たさで油が固まるというデメリットがあります。

例えば、クレンジング時に冷たい水を使用すると、クレンジングやファンデーションなどのメイク剤に含まれる”油分“が溶けずに固まり、汚れがきちんと洗い落とすことができないのです。

また、ただゆすぐだけのときでも、皮脂が落ちにくくなるので、冷たい水での洗顔はおすすめできないです。

さらに、冷たい水を使った洗顔は一時的に毛穴を縮めてしまので、次に使うスキンケアがなかなか浸透せず、余計に乾燥を招いてしまうのです。

「ゴシゴシ」と擦るように洗っている

洗顔で絶対にやってはいけない行為は、顔をゴシゴシ洗うことです。

指を肌に滑らせるまではいいですが、指を肌に押し付けて、力任せの洗い方は厳禁です。

力の具合が強すぎると、角質だけでなく、皮下組織までダメージを与えます。

肌が乾燥しやすくなり、バリア機能が失われます。

バリア機能が失われ低下すると、赤みや黒ずみの原因になります。

そうするとニキビを余計に悪化させ、陥没の跡を残してしまうこともあります。

ゴシゴシ擦った洗顔が、一生の跡を残してしまうかもしれません。

時間をかけて洗顔をしている

長く丁寧に洗うほど汚れが落ちると思いがちですが、肌に必要な角質や皮脂まで落としてしまう恐れがあります。

そして、肌が本来持っている成分が失われ、乾燥肌や敏感肌につながる可能性もあります。

それでは、洗顔の意味はないですよね。

洗顔したら、肌が荒れる。

目も当てられないです。

肌の汚れをしっかりと落としながら、できるだけ短い時間で洗顔を終えることが肌に負担のかかりにくい方法といえるでしょう。

タオルで擦るように拭いている

せっかくやさしく洗顔したのに、水気を取る際に使う、タオルでゴシゴシしてしまっては、元も子もありません。

タオルでゴシゴシと拭くと肌に摩擦が起こり、シミなどの原因となるメラニン色素を活性化させてしまう可能性があります。

また、タオルの線維が、お肌に付着してそれが肌トラブルのもとになってしまう、といった可能性もあります。

どんなにソフトなタオルを使っていたとしても、使う際には、ゴシゴシ擦るのではなくやさしくお肌に押し当てて水分をとっていきましょう

1日に何回も洗顔している

洗顔をするとその洗浄成分ために同時に必要な皮脂や潤いをどうしても失ってしまいます。

また摩擦や刺激により、肌を傷つけることもあります。

10代の頃は皮脂の分泌も多く、新陳代謝も旺盛で、どれだけ洗顔をしても不安はないでしょう。

しかし30~40代の肌には、洗顔には多少のダメージが伴い、その回復に時間がかかってしまいます。

洗顔回数は必要最小限、多くても2回までにしましょう。

「清潔にしていたいから」と何回も洗顔をしたとしても、雑な方法では、汚れが残ったままでは意味がありません。むしろ逆効果になってしまいます。

少ない回数でしっかりと汚れを落とす洗顔を心がけましょう。



これで問題解決!これが正しい洗顔の仕方

これが正しい洗顔の仕方

それでは、正しい洗顔はどのようにすればいいのでしょうか。

洗顔で大切な事は、「汚れだけを落として、肌のうるおいは守る」ということです。

ここではお肌が本当にきれいになる洗顔の方法を紹介します。

1.手を洗い清潔にしましょう

はじめに手を洗い清潔にしましょう。

当たり前のことですが、洗顔を清潔な手でおこなうことは、スキンケアの基本です。

お肌に直接手が触れるわけですから、手を清潔にすることを忘れずに、です。

2.ぬるま湯で予洗い

クレンジング等の洗顔料をつける前に、ぬるま湯(33〜35度くらい)で予洗いをしましょう

こすらず、お湯で表面の汚れを落とす程度にながしましょう。

水が冷たすぎると、毛穴が閉じて汚れを排出しにくくなり、熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまい肌を乾燥させてしまいます。

お肌を柔らかくするイメージで、表面の落としやすい汚れを落としていきましょう。

3.洗顔料をよく泡立てる

お肌が汚れを落としやすい状況になりましたら、洗顔料をよく泡立てます

手を逆さにしても、泡が落ちないくらいが目安です。

キメの細かい濃密な泡をつくるのに大切なポイントは、洗顔料は少なめ水は多めにすることです。

洗顔ネットを使うと簡単にキメ細かい泡ができるのですが、衛生管理が不十分だと雑菌が繁殖しやすいのでおすすめしません。

清潔な手でしっかりと泡立てましょう。

4.Tゾーンから洗う

洗顔のポイントの一つに、Tゾーンから洗うということがあります。

鼻周りや額などの脂っぽいTゾーンに濃密な泡を置き、やさしく洗いましょう

角層がたまりやすいフェイスラインも、指先でらせんを描き、泡を転がすようにやさしくやさしく洗いましょう。

その際、なるべく自分の手が、顔の肌に触れないようにすることがポイントです。

5.Uゾーンを洗う

Tゾーンの洗顔が終わりましたら、Uゾーンの洗顔に移りましょう。

Uゾーンはさっと軽く洗うのみでいいでしょう。

Uゾーンは元々皮脂が少ない箇所です。

洗い過ぎに注意して下さい

また、乾燥しがちな目元や口元などは、泡をのせるだけで十分です。

6.丁寧にすすぐ

予洗いでぬるま湯を使用したように、すすぎにもぬるま湯(33〜35度くらい)を使用します。

ぬるま湯で洗顔に使用した泡をキレイに洗い流しましょう。

「フェイスライン」や「あご」あたりはすすぎ残しやすい部分なので、念入りにすすぐようにしましょう。

このすすぎもお肌に刺激を与えすぎないように丁寧にやさしくすすぎましょう。

7.タオルで抑えるように拭く

よくすすいだ後は、清潔なタオルで顔を押さえるように水分を拭き取りましょう。

決してゴシゴシと拭いてはいけません

もし、ゴシゴシとどうしても拭いてしまう方は、家庭用のティッシュで抑えるようにして水分をとりましょう。

正しい洗顔をすることでこんな生活を送れる

正しい洗顔の先にある輝かしい生活

正しい洗顔をすることでどんな生活が待っていると思いますか?

輝かしい毎日の生活についてお話しします。

うるおいキープ力が伸びる

肌に汚れが残った状態では、いくらスキンケアを頑張っても、うるおいや美容成分の浸透はうまくいきません。

正しく洗顔することで、美容成分のお肌への浸透は高まり、保湿力が十分に発揮されます

そうするとお肌のうるおいキープ力もアップします。

お肌に自信が出てくればハッピーな生活を送れるでしょう。

メイクのノリ・持ちが格段に良くなる

洗顔しっかりと行うことで、毛穴のつまりやザラつきなどが解消されます。

そうすると、スキンケア後の肌も“もっちり”なめらかに整うようになります。

そのため、その後のメイクで使用するファンデーション等も少量で十分対応できるようになります。

お肌への負担も少なくなり、ますますお肌の健康が保たれるようになります。

もちろん、メイクが少量で対応できるということで、化粧くずれの危険も断然少なくなります。

お肌の新陳代謝が良くなる

お肌に汚れや不要な角質が残っていると、新陳代謝のリズムは乱れがちになります。

正しい洗顔をすることで、肌の負担となる汚れを落とすことができます。

そうすると、お肌の新陳代謝が促され、お肌いつもピチピチとした状態をキープできるでしょう。

まとめ

何をおいてもスキンケアの基本は洗顔です。

洗顔がうまくいかないとどんなスキンケアをしてもうまくいかないでしょう。

むしろ、洗顔こそがスキンケアをといってもいいかもしれません。

正しい洗顔で、楽しい毎日を送りましょう。

キレナビ編集部美容ライター
  • この記事の監修者
  • キレナビ編集部 美容ライター
  • 日々、美容について研鑽し、女性の皆様が自分らしい美しさを手に入れられるように記事を書いています。この記事で少しでも新たな美容の世界が開かれればと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

TagKeywordこの記事のタグ