乳酸菌サプリを上手に活用しよう

結局、どんな乳酸菌サプリがいいの?

便秘になると肌のハリやツヤがなくなったり、ニキビ、肌荒れ、くすみなどの肌トラブルに悩まされたりしますよね。便秘は体内に栄 … 続きを読む 結局、どんな乳酸菌サプリがいいの?

この記事は約8分で読み終わります。

便秘になると肌のハリやツヤがなくなったり、ニキビ、肌荒れ、くすみなどの肌トラブルに悩まされたりしますよね。便秘は体内に栄養を取り込む臓器である腸のトラブルです。栄養の吸収と栄養素の生成を行う腸のコンディションは、美肌に大きな影響力を持っています
そこで、今回は、腸のコンディションをよくする乳酸菌のお話をします。

腸内細菌とは

どんなに肌に良い食べ物を食べても、腸の状態が悪ければ栄養素がうまく吸収されません。そうすると体に不要な物質を排出できなくなってしまいます。この状態は、体に悪いものがどんどんたまっていく状態です。体の内部がおかしな状態ですから、当然体の外にも影響が出てしまいます。
ですから、腸の状態をよくすることは大切なことです。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌
善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが大事

腸内細菌について

腸にはたくさんの細菌が棲んでいて、この腸内細菌は、人の分泌する消化液や消化酵素では消化できない栄養分を分解したり、体内では作ることができないビタミンを合成したりと大切な役割を担っています。だから、この腸内細菌が棲んでいる腸内環境を整えることが重要なのです。
人の腸内細菌は、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分けられます。日和見菌というのは聞きなれないかもしれませんが、善玉菌にも悪玉菌にどちらにも属さず、どちらか優勢な方の働きをする菌のことです。
加齢にともない腸内の善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌の割合は減っていってしまいます。つまり、放っておくとどうしても腸内環境は悪玉菌が活躍してしまいます。だから、悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことを意識することで、腸内環境を整えてくことが大切になっていきます。
また、腸には多くの免疫細胞が大集結しています。どれくらいの多く免疫細胞が集まっているかというと全体の約7割です。ということは、腸を元気にすれば、免疫細胞が活性化し、免疫力もアップし、肌の免疫力にも非常良い影響を与えてくれると言えます。

腸内環境をよくする乳酸菌

腸内バランスをよくするためには普段の食事が大切となってきます。それではどのような食事をすればよいのでしょうか。
それはやはり、腸内の善玉菌を増やす乳酸菌たっぷりのヨーグルトを摂り入れることでしょう。その他、日本食でおなじみの納豆、キムチ、チーズなどの発酵食品にも乳酸菌は含まれていますので、これらの食材も積極的に摂り入れたいですよね。
また、善玉菌を増やすと同時に、悪玉菌を減らす働きを持つ食物繊維も積極的に摂り入れましょう。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あり、それぞれ働きが違います。
水溶性食物繊維は水分が含みやすいので、便をやわらかくする働きがあり、海藻類や果物、オクラ、モロヘイヤなどネバネバとした野菜に多く含まれています。一方、不溶性食物繊維は、腸の中で水分を含んで便の量をかさ増しし、腸を刺激して蠕動運動を活発にする働きがあり、ゴボウやサツマイモなど繊維質が多い野菜に含まれており、この2つの食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。

善玉菌のえさとなるオリゴ糖

腸内バランスを整えるのに必要な善玉菌。その善玉菌の力の源となるオリゴ糖も重要です。

ガラクトオリゴ糖:牛乳や乳製品など
フラクトオリゴ糖:にんにく、アスパラガス、ねぎ、たまねぎ、ゴボウ、大豆など
大豆オリゴ糖:大豆しょうゆ、みそなどの大豆製品など
乳果オリゴ糖:発酵ヨーグルトなど
キシロオリゴ糖:とうもろこし、たけのこなど
イソマルオリゴ糖:はちみつなど
ラフィノース:キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなど
ラクチュロース:牛乳や乳製品など
グルコン酸:はちみつ、ローヤルゼリー、大豆、米、シイタケ、発酵食品など

これを参考にして、オリゴ糖が含まれている食品をバランスよく食べていきましょう。

腸内の善玉菌の働きを知る

腸は美と健康に深くかかわる臓器です。免疫器官ともいえる腸の細胞は常に分裂、増殖を繰り返しています。
腸の上皮細胞は、数日で入れ替わっているので、その活性度や修復機能が必要な細胞です。そんな腸の細胞の修復や分裂を助けているのがポリアミンという物質です。このポリアミンという物質は、老化と深く関係していると言われているのです。

ポリアミンという物質

ポリアミンには、細胞の分裂や増殖の制御、RNAなど核酸やたんぱく質などを合成、安定化させる効果があると考えられています。ポリアミン濃度が低くなると、細胞の活性が落ちてしまいます。ポリアミンは加齢で減少するので、老化と深いかかわりがあると考えられています。逆に言えば、ポリアミンがたくさんあれば細胞も元気になり、若さにつながると考えられます。

ポリアミンはどんな食品に含まれているのか

食品には、白子、たらこなどの魚卵類、貝類、きのこ、豚肉、オレンジなどの果実類、大豆、チーズ、ぬか漬け、しょうゆ、みそなどの発酵食品に多く含まれます。
食品から摂り入れたポリアミンは、血液を通って、全身の細胞に届けられますが、ほとんどは小腸で吸収され、大腸には届かないとされていました。
しかし、このポリアミンは大腸からも検出され、大腸の腸内細菌がポリアミンを産出しているのではないかと考えられるようになりました。そして、近年の研究で、ビフィズス菌を摂り入れることで、大腸内のポリアミンが増えることも分かってきました。

腸内環境のバランスを改善するために

ここ数年、プロバイオティクスという言葉が聞かれるようになっています。プロバイオティクスとは、腸内環境のバランスを改善することによって、宿主の健康に有益に働く生きた微生物と定義されています。その代表的なものが乳酸菌です。
また、プレバイオティクスは有用な腸内細菌の餌となる食品成分を摂取することによって腸内環境を改善するというものです。
プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせて腸内環境をよくするという方法も最近では風木を集めています。

乳酸菌サプリを上手に活用しよう
乳酸菌サプリを上手に活用しよう

腸内環境をよくする乳酸菌サプリ

結局はバランスよく様々な食材を摂り入れることが、腸内環境にいいのですが、そうはいってもそれができないから、便秘になったり、それがもとでお肌があれたりしてしまうわけです。それを解消するために、乳酸菌サプリという方法もあります。

どんな乳酸菌サプリを選ぶのがいいのか

乳酸菌の種類は多種多様で、正式に認められている種類でも250種以上もあります。その他、まだよくわかっていないものも含めると数千種類あるといわれています。
また、ひと口に乳酸菌といっても、その性質もさまざまです。
腸内細菌のバランスを整えることにより、腸内を酸性側に傾け腸内の腐敗を抑えたり、腸のぜん動運動を助けて便秘を改善したりと様々です。
以下は、代表的な乳酸菌です。

●ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)
主に大腸にすみ、腸の動きをよくして便秘を防ぎ、他の病原菌を追い出して下痢を防ぎます。
●乳酸桿菌(ラクトバチルス)
腸管免疫力を高めたり、有害物質を減らしたりします。胃に棲みついてピロリ菌を退治するものもあります。
●乳酸球菌(ラクトコッカス)
名前の通り、丸い球状をしている乳酸菌です。コレステロールを下げたり、免疫力を高めたりします。
作り出された乳酸や酢酸には、悪玉菌の増殖を抑制したり、腸の運動を正常にして軟便や便秘などを改善したりします。

こういったものが含まれているサプリをまずは選んでみてはいかがでしょうか。

有胞子乳酸菌を含んだ乳酸菌サプリはこちらから>>>

乳酸菌サプリの形状から選んでみる

ひと口に乳酸菌サプリといっても、様々な形状があります。よくあるのが「粒タイプ」でしょうか。また、飲み物に混ぜたり、そのまま口に入れたりして摂取する「粉末タイプ」も飲みやすいということで人気です。他にも形状がありますので、そのなかから自分の好みに合ったタイプを選びましょう。

乳酸菌サプリを飲むタイミング

乳酸菌サプリに限らずですが、乳酸菌サプリは、できれば、毎日の食事やおやつなどのタイミングで継続的に摂取することをおすすめします。また、乳酸菌は胃酸や胆汁に弱いものなので、生きたまま菌をすべて腸まで届けることは難しいので、胃酸が薄まる食後に摂取するのが良いでしょう。
ただ、体内で死滅したからと言って、何の役にも立たないというわけではないです。乳酸菌は、腸内に住んでいる常在善玉菌のエサになるので、結果的には善玉菌を増やすのに貢献します。生き残った乳酸菌もまた、常在善玉菌として、数日間、腸内で生活していくことになりますが、やはり毎日乳酸菌を含んだ食品を摂取することで、絶えず新しい乳酸菌を腸内に届け続け、腸内環境を常にいい状態に保つことが大切です。
ただ、最近は有胞子乳酸菌と言って、生きたまま菌を腸まで届くけることのできる乳酸菌もあります。そういった乳酸菌サプリを摂るのもいいでしょう。

有胞子乳酸菌を含んだ乳酸菌サプリはこちらから>>>

まとめ

腸内環境がいかに大切かがよく分かったかと思います。その腸内環境を絶えず良い環境にするために、しっかり善玉菌を育て、悪玉菌を排出する、このサイクルが大切です。
そのためにも乳酸菌を摂り入れることを習慣としましょう。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ