ヒト幹細胞を利用してしっかりとスキンケアを使用

キレイな人は使っている「ヒト幹細胞美容液」

再生医療の発展もあり、ヒト幹細胞の美容液が話題となっていますが、みなさんは使っていますでしょうか。 このヒト幹細胞美容液 … 続きを読む キレイな人は使っている「ヒト幹細胞美容液」

この記事は約6分で読み終わります。

再生医療の発展もあり、ヒト幹細胞の美容液が話題となっていますが、みなさんは使っていますでしょうか。
このヒト幹細胞美容液はキレイな人は使っています。
今回は、このヒト幹細胞についてお話していきます。

そもそも幹細胞とは何?

ヒト幹細胞の「幹細胞」というのはいったいどういうものなのでしょうか。まずはここから理解していきましょう。
幹細胞は、さまざまな細胞のもとになる細胞ことです。私たちの身体には、60兆個ともいわれる細胞があります。その細胞を作るのが幹細胞と言われるものです
肌、筋肉、骨、血液など、あらゆる組織・臓器は細胞でできていて、細胞には寿命があります。細胞は生まれ変わりを繰り返しているのです。その生まれ変わりに大きな役割を果たしているのが幹細胞なのです。
幹細胞があるから、細胞が常に新しい状態になっているのです。
つまり、この幹細胞の働きが弱くなってくると、お肌がたるんできたり、シワになってきたりしてしまうのです。
ヒト幹細胞のコスメの考え方は、この幹細胞が分泌する活性物質をお肌に塗ることで、最近では、肌の細胞を活性化させ、よりよい肌のコンディションにしていこうということなのです。
もっと言うと、美容成分をお肌に導入するだけではなく、自分の肌そのものの細胞を活性化させるという発想で作られたのが、ヒト幹細胞美容液なのです。
ちょっと難しい話ですが、なんとなく分かりましたでしょうか?

ヒト幹細胞を利用してしっかりとスキンケアを使用
ヒト幹細胞美容液を利用してしっかりとスキンケアを使用

美容液にはヒト幹細胞

一口に幹細胞といっても種類はいくつかあります。一つひとつ見ていきましょう。

ヒト幹細胞

医療や美容において頻繁に使われるのは、ヒトの皮下脂肪から採取した脂肪由来の幹細胞です。医療機関では、ヒトの脂肪組織から幹細胞を分離して培養して数千万個から1億個に増やして、体に戻す治療が行われています。
幹細胞を培養する際の“上澄み液”(培養液)には、多くの成長因子を含む百十種類の活性物質が含まれており、その培養液を化粧品の材料として使用します。
人間の細胞の表面にはその特定の機能をスタートさせる “レセプター”というカギ穴のようなものがあり、ヒト幹細胞培養液には、その穴に合致するカギになる成分(成長因子や活性物質)が豊富に含まれ、細胞が活性化し、最も効果が期待できると考えられています。

植物幹細胞

植物における幹細胞は、栄養成分が豊富で、細胞分裂が活性化している場所である、種子の中の胚や根の先端、茎の付け根といった植物の成長に重要な部位に存在し、様々な細胞に分化させる能力を持っています。
しかし、植物幹細胞にはヒト幹細胞のようにレセプターのような仕組みがないため、効果も限定的であると考えられています。ただ、抗酸化力・保湿力は期待できるでしょう。

動物幹細胞

ヒトの皮膚幹細胞と構造が似ているといわれる羊やブタ、馬といった動物の胎盤から採取された幹細胞が用いられることが多いのが、動物幹細胞です。ヒトの皮膚に塗布して細胞の活性化が期待できると言われていますが、アレルギーを発症するリスクも否定できず、安全性の面からも国内ではまだ流通していない状況です。
これからの研究成果に期待です。

ヒト幹細胞の効果

身体のあらゆる臓器に幹細胞がありますが、老化とともに幹細胞の機能が低下することで各臓器が衰え、病気になってしまうと考えられています。
しかし、 “再生医療”におけるヒト幹細胞の研究は進んでおり、ヒトの幹細胞そのものを移植することで病気になってしまった臓器を再生、修復できる技術が年々進歩しています
再生医療においては、骨髄由来や脂肪由来の幹細胞を自分の体から採取、培養して、数千万個から1億個まで増やし、注射や点滴で体に戻します。
特に脂肪由来の幹細胞は採取が簡単で安全性も高く、その効果は多岐に渡るために、再生医療の分野では注目されています。
これを利用した美容医療もおこなわれています。

美容医療にも使われるヒト幹細胞>>>

ヒト幹細胞美容液のスキンケア効果

若いうちはお肌つるつるでシミ一つないのに、年を重ねていくとどうしてもシミやシワができてしまいます。
これは、肌の幹細胞の数が減り、細胞を再生・修復・増殖させる働きが衰えてくるからと考えられます。
しかし、細胞を活性化させるヒト幹細胞由来の成分を与えることで、細胞の再生を促す幹細胞の働きを助け、ターンオーバーのスピードも回復できることが、最近の研究で分かってきたようです。
ヒト幹細胞培養液には、様々な種類のサイトカイン(細胞を活性化する物質)やグロースファクター(成長因子。細胞の増殖や分化を促進する物質)が溶け出し、豊富に含まれています。
このヒト幹細胞培養液をお肌に塗ることで、皮膚組織の主要構成成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの成長を促し、皮膚をハリとプルプル感をあげる効果が期待できます。また、角質細胞を活性化させることで、肌のターンオーバーを促し、肌の生まれ変わりを活性化させる期待されています。

どんなヒト幹細胞美容液がおすすめか

ヒト幹細胞美容液といってもどういったところに注意して選べばいいのでしょうか。ここでは、その選ぶべきポイントを見ていきましょう。

ポイント1 ヒト脂肪由来

スキンケア目的で幹細胞美容液を選ぶ際は、「ヒト脂肪由来の幹細胞」を選ぶようにしましょう。
この脂肪由来の幹細胞は、再生医療でも多く活用されます。

ポイント2 幹細胞美容液は、原液美容液

ヒト幹細胞美容液を含めて、原液美容液がおすすめです。
原液で使用することで、ヒト幹細胞培養液の性能をより直接に届けることができます。また、複数の成分を配合した美容液を使用したときに、肌の状態が良くなっても、悪くなっても、どの成分が影響を及ぼしたのかがわかりません。その成分のみの効果を期待して使う原液美容液であれば、その成分が自分の肌に合っているかを知ることができます。また、成分が絞られているので、肌の刺激リスクが小さく肌の弱い方にもおすすめできます。

国産ヒト幹細胞配合の美容液はこちら>>>

ヒト幹細胞美容液の使い方

ここでは使い方についてお話しします。

ヒト幹細胞は40代以上におすすめ

老化は、残念ながら20代から始まっています。20代だから大丈夫だと思って、スキンケアを怠ったり、紫外線対策もせず、そのままにしたりしていると、肌の老化がどんどん進んでしまいます。
因みに、肌の老化の8割は紫外線によるものとされています。20代から積極的に幹細胞のコスメを使う必要はありませんが、特に、紫外線を多く浴びる環境下で生活されている方は、20代からでも早すぎることはありません。
そして、30代半ば以降は、老化により細胞分裂の速度が落ち、ターンオーバーにも時間がかかり、古く、硬くなった角質が残ってしまいます。そうすると、ゴワついたお肌になったり、コラーゲンなどを生成しにくくなったりすることから、様々な肌トラブルが出てきてしまいます。
お肌の曲がり角を感じたら、ヒト幹細胞をすぐに取り入れましょう。

まとめ

ヒト幹細胞美容液は、次世代の注目される美容液です。なかなか肌トラブルの解消が見られない場合は、ヒト幹細胞美容液を取り入れてはいかがでしょうか。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ